フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2018年11月18日

フランス祭3日目!

大好評のフランス祭


いよいよ最終日です!


群馬フランス祭では、
会場限定・ここでしか買えないものばかりです。ぜひ探し出してください。
例えば

スイーツバッカスの サクサクパイの中にベーコン、オニオン、パプリカ、チーズ、ポテトを入れて焼いた食事や軽食にぴったりのタルト・サレ。
その他にもたくさん!!


今年も群馬県と前橋市のご協力により
駐車場もスムーズに入れると思います。

群馬県庁前の
前橋市役所駐車場もぐんまフランス祭の為に
優先的に無料開場頂きますので、そちらもご利用ください。

本日のイベントです。
・ミュージカル劇団 A-ile(エイル)による
ミニミュージカルショー



・「フレンチ・カフェ」によるストリートライブ


・古楽器によるフランスのバロック音楽の演奏会


・似顔絵描き



詳しくはこちらから

http://franco.gunmablog.net/c10366.html

フランスに来たかのようなフランス祭
ぜひお越しください!!





随時更新!
フェイスブック
https://www.facebook.com/fj.de.gunma/
インスタはじめました!ライブもあるかも?
https://www.instagram.com/fj.de.gunma/
youtubeで雰囲気を
https://www.youtube.com/channel/UCTqjjvFyDAFYHFUgoyml4CA



ブログ
群馬日仏協会・フランス祭カテゴリー
http://franco.gunmablog.net/c10366.html
公式HP
http://fj-de-gunma.com/










  




Posted by フランスさん at 09:41Comments(0)

2018年11月15日

262-15 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)







いよいよ明日から「第8回ぐんまフランス祭2018」が始まります。
初日16日[金]は午前10時からオープニングレセモニーが開催されますが、
今回、初めて日本ミシュランタイヤの会長で
群馬日仏協会副会長のベルナール・デルマス氏も
テープカットに参列します。

既に、あのミシュランガイドの発表の際、テレビや報道で
よくビバンダム君と共に登場した人です。


第1回、2回は、群馬県庁舎の駐車場使用に制限があったため
駐車場に入るだけで、かなり時間が必要でしたが
その後、群馬県や前橋市の協力を十分頂けるようになり
比較的スムーズに群馬県庁駐車場に駐車していただけるようになりました。

土曜、日曜日は、群馬県庁前の
前橋市役所駐車場もぐんまフランス祭の為に
優先的に無料開場頂きますので、そちらもご利用ください。


▼第8回ぐんまフランス祭2018会場図






会場図PDF

181107_%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%A5%AD%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E6%A1%88%E5%86%85.pdf (PDF: 162.36KB)


■第8回ぐんまフランス祭:群馬県庁舎1F:北エリア・飲食ブース



第8回ぐんまフランス祭:群馬県庁舎1F:南エリア・物販ブース



ステキな楽しく、幸せな一日をお過ごしください!

Amusez-vous bien, belle et heureuse journée!!
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(1)ぐんまフランス祭り

2018年11月14日

262-14 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)



Bonjour


第8回ぐんまフランス祭に開催する無料、有料イベントをご紹介てます。
フレンチ・カフェによるストリートミュージック
古楽による”フランスバロック音楽の魅力を求めて”
に引き続き

先ずは、ミュージカル劇団 A-ile(エイル)による
ミニミュージカルショー です。





こちらも観覧無料です。

2016年に初めて、ぐんまフランス祭にて公演を行い
大変好評を頂いて以来、フランス祭では、2度目になります。





エイルは、群馬県を中心に活動している
”社会人女性のみ”のミュージカル劇団です。

ミュージカルの素晴らしさを多くの人に伝えたるため
日々研鑽し、活動しています。





今回は、フランスを舞台にしたミュージカルを中心に
MY FAIR LADY(MA BELLE DAME)をはじめ、
選りすぐりのミュージカルを行って頂く予定です。

公演は18日[日] に2回開催予定です。

1回目:13:00~13:30ごろまで
2階目:15:00~15:50ごろまで

※公演時間の変更や突然公演中止になる場合もありますので
  ご了解くださおい。



====================================


次は大道芸です。

フランスに行くと、普通の広場や道端で、大道芸をする人たちをよく見かけます。
そんな大道芸の魅力を知ってもらいたいと思い開催を企画していたのですが、
沢入サーカス学校は現在、生徒数の減少で、
閉校中なんですが、
何とか卒業生による公演をお願いしていましたが、
都合で残念ながら、公演を行って頂く事が出来なくなりました。



写真はイメージで出演者ではありません。


大変楽しみにしていた方には大変申し訳ありませんが、以下の日程は中止とさせて頂きます。

17日[土]、18日[日] 両日開催中止。


====================================

似顔絵描き


フランスにいくと、マルシェの隅や様々な場所で
似顔絵描きが、似顔絵を描いていていて、
文化や芸術が、本当に身近に沢山あると
肌で感じることが出来ます。





「ぐんまフランス祭」でも、
まるで フランスにいるかのように
また旅行で フランスを旅していて
マルシェの横に陣取っている 似顔絵描きのアーティストに
素敵な記念の1枚を 
気軽に描いてもらえるような、そんな機会を
このフランス祭でも演出したいと思い
開催しています。









似顔絵描きは、有料ですが
手軽に安価に描いて頂けるような単価にしてもらってますので
是非、描いてもらう そんな体験をしてみてください。





  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月13日

262-13 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)



Salut a tous !


今日は「ぐんまフランス祭」開催の際、来場頂く多くの皆さんに
食べ物やものの販売だけではなく、
楽しく、その時を楽しんで フランスの空気や楽しさを
感じてもらいたいと始めた、関連イベントについて
ご案内したいと思います。


まず、もう毎年恒例の
男女二人によるグループ「フレンチ・カフェ」による
ストリートライブをご紹介します。





もうフランス祭といったら、フレンチ・カフェの音楽なしには
フランス祭じゃない・・・と思えるほど
フランス祭にぴったりの音楽を演奏してくれます。

お洒落で懐かしいアコーディオンの響きと
ピッフェロ(縦笛)の軽快な音色を聴いてるだけで
心が弾んでくるようです。





そして時には、ギター片手に、フランスの
古き良き時代の演歌的なシャンソンを
しっとりと聞かせてくれます。

毎年、すでにファンになって頂いた皆さんも
楽しみにフレンチ・カフェの演奏を聴きに来て頂いています。

既に作成したチラシには、
17日[土]と18日[日]の二日のみですが、
フレンチ・カフェのお二人が都合をつけて
16日[金]も来場頂けることになりました。

16日[金]は、
午前10時から午後5時ごろまで、フランス祭の会場
1階県民ホールの中を練り歩きながらの
ストリート演奏を数回行います。

17日[土]は、午前中、午後と合計3回ほど
1階県民ホール南エリアの特設会場で
シャンソなどを含む、ミニコンサートと
時折、練り歩きによるストリート演奏を行います。

18日[日]も17日ど同様
1階県民ホール南エリアの特設会場で
シャンソなどを含む、ミニコンサートと
時折、練り歩きによるストリート演奏を行います。

正確な開催時間は、当日会場でご確認下さい。

====================================

そして、今回初めての公演を行うことになった
古楽器によるフランスのバロック音楽の演奏会を開催します。





会場は、2階のビジターセンターになります。

チェンバロやリコーダーによる演奏会です。

チェンバロ奏者は、近藤丈仁氏





そして、リコーダーグループ: ら まらすからっど の
手島由香里さん、黒澤博子さん





ひまわり古楽アンサンブルの皆さん です。






『古楽器によるフランスのバロック音楽の魅力を求めて』

演奏時間は、

17日[土]   14:00 ~16:00 (午後のみ)
18日[日]   10:00~12:00 (午前公演)
          14:00~16:00 (午後公演)

尚、入場無料ですが、入場には 1F県民ホール南エリアの
群馬日仏協会事務局ブースで、入場チケットを入手してください。
チケットのない方は入場できませんので、ご面倒でも
必ず事務局まで行ってチケットを受け取ってください。
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月12日

262-12 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)



Salut ~~~! 

第8回ぐんまフランス祭2018に物販で出展するお店をご紹介しています。
今回は物販コーナーの最後になります。

先ずは、ぐんまフランス祭では常連中の常連の
フランス雑貨やフラワーアレンジメントの高崎と軽井沢にある
ステキなお店をご紹介します。

■ Aile (エイル)

このお店のオーナーは、長らくパリで暮らしていた
豊田さんという女性が経営するお店
ギャザリングスクールも運営していて、
地元新聞社のコラム連載も担当していました。





今ではトップフルーリストとなった、若き頃のエリック・ショヴァン氏のお店で働き
一流を磨いたフルリストです。








そんな彼女のフランスで磨いた腕と目で選んだ
様々なフランスの商品、
アクセサリーやコスメ、サボンドマルセイユ
エッセンシャルオイルやフラワーアレンジメントされたものを
販売します。








毎回とってもおしゃれな空間に、
沢山のおしゃれな女性たちがごったがえしている姿を目にします。

きっとお目当ての商品や珍しい商品があるのでしょう。

売れ切れる前に、
少し早めに宝さがしに行った方がいいかもしれません。


Aile (エイル)
住所:〒370-0861 群馬県高崎市八千代町2-2-15
TEL:080-6817-0692
Blog:https://aile13.exblog.jp/



===================================


そして今回、南仏プロヴァンス発祥の世界的なコスメブランドが
特別に、土曜日と日曜日限定で協賛してくれることになりました。

■ L'OCCITANE (ロクシタン)







南フランス、プロヴァンス発祥の
ナチュラルコスメティックブランド、ロクシタンが 
社会貢献活動のPRコーナーを設置します。
ブースではロクシタンのサンプルサシェ(ヘアケア&スキンケア試供品)を
一日限定500人に 無料配布してくれることになりました。





さらに但し、指定ハッシュタグをつけてインスタ投稿すると、
一日限定50名にトラベルサイズのボディケア製品も貰えちゃいます。

詳細については、ぐんまフランス祭の南エリアの
ロクシタンブースで直接聞いて下さい。





ちなみにこの写真は、僕が一昨年南仏ヴァランソルに行った時に
撮影した写真ですが、なんかいいでしょ~?


ロクシタンジャポン


==================================


そして最後ですが、こちらは物販ではなく
世界遺産となった、富岡製糸場を含む産業遺産群を
広く広報する活動に努める団体がブース展示します。

■ NPO産業観光学習館




平成26年に富岡製糸場と絹産業遺産群が
ユネスコ世界遺産に登録されました。





江戸末期から明治にかけて発展し、
ひいては現在の産業基盤構築に絶大なる貢献を果たした
「絹産業」の歴史と文化そして人物を、 次世代の子供達や広く世界中の人々に
知ってもらうことで、この地域の価値を高めると同時に、
産業観光の振興を通して、地域の活性化を促進することを目的としております。
 




また、明治の絹産業と併せて、
地元企業の協力により現在の産業の視察研修や体験型学習を取り入れ、
その研究開発や工場での生産方式、
また海外とのコミュニケーションシステムの体験、
環境問題への取り組みまで幅広く学ぶことで、
国際感覚や環境マインド、ものづくりに対する 真摯な人材を育成したいと考えております。





このシステムを、学校教育や青少年育成の手段として、
また産業観光のメニューとして 発信することで 地域の活性化に貢献することを
狙いとして 活動致します。



特定非営利活動法人NPO産業観光学習館
住所:〒367-0072 埼玉県本庄市沼和田961 
    サンデンコミュニケーションプラザ内
TEL : 0495-24-1721
URL: http://www.npo-sangakukan.jp/CorporationOverview.html




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月11日

262-11 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour tout le monde !!


第8回ぐんまフランス祭2018に出展する、
県庁ホールの南エリアのブースの物販のお店をご紹介しています。




■ 株式会社すいらん

さて今回は、普段はギャラりーや美術系のアトリエ
画材教材店を運営する前橋市にある会社が、
フランス祭の3日間だけフランス直輸入の籠屋になって販売する
仮想店舗をご紹介します。





南フランスに行くと、必ずと言ってマルシェやお店で販売している
とってもカラフルな籠バックや無垢でシンプルなマルシェ籠
すごく素敵なのに、なぜか日本ではあまり見かけず
ネットにはわずかに載ってはいるけど
注文しようとすると売り切れだったり、
とっても高かったり、地味だったり・・・

そんなわけで、南仏を象徴するようなマルシェの籠バックを
日本で唯一、大量輸入で現地価格と
ほとんど変わらない価格で販売しはじめました。

毎年大人気の籠バックを、今年も提供頂きます。





今回は例年、なかなか輸入出来なかった
マルシェ籠を 多種多色調達して、販売できるようです。









人気の籠バックだけに、毎回かなりの勢いでなくなっていくので
早めに行って、好みの籠バックをゲットしたほうがいいみたいですよ~!

その他、フランスから直輸入の、フランス人作家の
水彩画などもお手頃価格で販売しています!


株式会社 すいらん
住所:〒371-0801 群馬県前橋市文京町1-47-1
TEL: 027-223-6311㈹
URL: http//suiran.com/
Blog: https://ameblo.jp/suirancom/



====================================


つぎは会社は東京にあるのですが、縁あって
在日フランス大使館の紹介もあって
ぐんまフランス祭に出展を始めて
3年目の、フランスの輸入雑貨を取り扱うお店です。

■株式会社ビヤンネートル





フランスの家族経営や個人で
ジュエリーやファッション雑貨を製造しているアルチザン的なアトリエから
少量多品種の商品を直輸入して販売する会社です。








特に小さなメゾンや個人レベルの「モノ作り」においても
フランスのエスプリや価値観の面白さが多く潜在している
そんな、まだまだ知られていない小さな作り手を見つけ出しています。








フランス流の、センスあふれる商品や
クリエイティブな商品を積極的に紹介するよう努めている
そんなお店です。

すてきな商品が沢山あるので、毎回ブースの前には
長い時間じっくり見て選んでいる人を見ますよ~。


株式会社ビヤンネートル
〒155-0033 東京都世田谷区代田4-2-22
TEL: 080-9436-7755
URL: http://jaimeplus.jp/



====================================


次は桐生にあるフラワーアレンジメントや花や、
その苗、雑貨など扱うお店のご紹介です。


■ M's Palettes(エムズ パレット)


結婚式場のフラワーアレンジメントやフラワースクールを運営する
フラワーデザイナーが経営するお店&フラワーデザインスクールです。





フランス祭は昨年に続いて2回目。
群馬県庁開催のフランス祭は初参加です。

どんな感じで展示をするのか、分かりませんが
ブライダルのフラワーデザインではかなり定評のあるお店です。







今回は、パリにあるお花屋さんのように
お花や商品を並べるだけではなく
芸術性のある おしゃれな展示にしたいと張り切っています。








さあ、どんなお店をオープンするのか
とっても楽しみです!


M's Palettes(エムズ パレット)
〒376-0045 群馬県桐生市末広町1-12 末広ビル
TEL:0277-22-0850
URL:https://www.mspalette.com/

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月10日

262-10 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour~~!


第8回ぐんまフランス祭に出展するお店のご紹介の続きです!

今日はまず、フランスの古いものばかり、
ブロカントを扱うお店をご紹介します。

■ Huit(ユイット)

8という意味のお店です。

先ずHuitの岩崎さんの愛車 2CVからして既にブロカント





そんなHuitの商品は本当にパリの蚤の市で売られているような
本当にコアな魅力的な中古品。








ボタンやカップ、地図や看板、バッチやペンダント
ポスターや絵本にポットなどなど
小さいものから大きいものまで沢山そろっています。





定期的にフランス・パリに行って、
じっくり探しながら買い付けてくる貴重な品々ばかり。





一つ一つ見ていると本当に魅力的なものばかり
少し時間をかけてじっくり、自分だけのお宝を見つけてください!
きっととってもいいものが見つかりますよ!


Huit (ユイット)
住所:群馬県高崎市下室田町
TEL:090-4374-7911


====================================


次は、県庁舎の外、県民広場と1階ホール南エリアのブースで出展の
フランスの新車ディーラーをご紹介します。

■ ルノーKit-R 高前(GNグループ)





群馬日仏協会の副会長の会社でもある
GNグループが手掛ける、フランス・ルノーの新車ディーラーです。

日産車のディーラーですが、日産は今はルノー・日産・三菱グループ
そのルノー販売を以前から手掛けています。





普段なかなかフランス車を身近に見たり乗ったりすることは
ほとんどの人はないかと思うので、
こんな機会に、日本車やドイツ車にはない独特な魅力を
感じられる、絶好の機会です。





毎年、意外とたくさんの方々が興味を持って見てくれています。
ぐんまフランス祭でフランス車を初めて見たのをきっかけに
フランス車に乗り始めた・・・という方が
とっても増えてきたみたいです。








以前のように、フランス車は壊れやすいとか
メンテナンスにお金がかかるとか言われてきましたが
やっぱり日産と同じグループに「なったことで
日本に適合した車が開発され、日本車と変わらないくらい
とても信頼性の高い車になってきています。

ぜひこの機会にフランス車に接してみてください!


ルノーKit-R 高前
住所:〒370-0001 群馬県高崎市中尾町467
TEL:027-361-8882
営業時間:9:30-19:00  日・祝日 9:30-18:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
URL:https://www.renault.jp/dealer/renault_kitrtakamae/



===================================


そしてもう二つ、フランス車の新車ディーラーのご紹介です。


■ ハンユウオート





ハンユウオートは実はあのヤナセ自動車より
外車の取り扱いの歴史が長い、とっても老舗の外車専門の
新車ディーラーなんです。

こちらが扱うフランス車は、シトロエンとプジョー





シトロエンはもちろん知る人ぞしる歴史的名車である
DSや2CVやCX,BXで有名で、
歴代フランス大統領の多くがシトロエンを大統領専用車として
徴用していたことでも知られる、ちょっと特殊なメーカーです。





そんな個性やデザインに特徴のある自動車メーカーですが
車のメンテナンスや故障が多く、維持費がかかるので
敬遠されがちな車と言われる時期が続きましたが
シトロエンもルノーと同じように、日本車とほとんど変わらないほど
信頼性が高く、メンテナンスも容易な時代になりました。

最近では群馬でもシトロエンを多く見かけるようになりました。
日本車にはない、個性的な魅力を確認してください。





そしてもう一つのメーカーが、プジョー
プジョーはフランス車の中では、日本国内では
最もポピュラーになったフランス車だと思います。





長らく釣り目のアグレッシブな特徴的なデザインの車でしたが
最近はちょっと落ち着いた、フォーマルなデザインになってきて
これもまた、今までと違う魅力があります。





こちらもぜひご覧ください。


ハンユウオート
住所:〒379-2147 群馬県前橋市亀里町378
TEL:027-289-0921
URL:http://www.hanyuu.co.jp/index.html



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月09日

262-9 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Comment ca vas? tout le mende!

今日も、今月16日から開催する「第8回ぐんまフランス祭2018 」に出展する
お店の紹介です。
群馬県庁舎1階、県民ホールの南エリアのブースのご案内です。


今回はまず、前橋にある老舗のおもちゃ屋さん。
色々なメディアにも登場する有名なおもちゃ屋さんです。
ここのところ 火曜日の夜に日テレで放映している
ドラマ ”今日から俺は!!” の商店街のシーンでも
度々背景で登場しているおもちゃ屋さんです。


■ 黒田人形店






おもちゃと人形の専門店でおもちゃコンサルタントがいて
その本人、店主が黒田さん。





ヨーロッパの木製玩具から、日本の伝統玩具まで
今時,大きなチェーン店でもないのに、珍しいほど豊富な品ぞろえで
ベビーからシニアの方まで訪れるおもちゃさんです。








特に子供の成長期にとっても効果的なおもちゃや
高齢になってからも、様々な衰えをサポートできるおもちゃなど
おもちゃは決して、子供の為だけのものではないことを
様々なイベントやスクールを通して 
おもちゃの魅力を伝えているおもちゃ屋さんです。





特にフランスの玩具に特化しているわけではありませんが、
それでも、通常のお店より随分たくさんのフランス製のおもちゃや
人形などを取り扱っていて、
なかなか普通のおもちゃ屋さんでは
お目にかかれないような商品も毎回多数、出展されています。


黒田人形店
住 所: 群馬県前橋市千代田町2-7-17
T E L : 027-231-2451
営業時間:10:00 – 19:00
定休日: 水曜日
URL:http://kuroda-toys.com/



====================================


次はこのフランス祭のために、わざわざこの時期にパリからやってくる
フランスの布を使った、様々な縫製製品を制作販売するアトリエを
ご紹介します。

■ ジャドー・モンサック(J'adore mon sac)





フランス祭りに出展するようになって3年目。





南仏やパリに、トータル十数年住む、きくちゃんのアトリエ
パリ9区のモンマルトルには、有名な布問屋さんが沢山あって
古い貴重な布や昔、ある有名ブランド用に作られた古い布の余りや
様々な布が大量に売られている布問屋さんがあるんです。





そこで、一日ずっと貴重な布を探して探して
それを、布バックやエプロンや様々な布製品にする
そんな、とってもフレンチで、この世に一点しかない
そんな製品を、ぐんまフランス祭の時に
特別に販売してくれます。





なかなか日本にはないような柄や生地なので
フランス祭の時は、お客さんでいっぱい。





黒山の人だかりになるお店です。
興味のある方は、早めのご購入をお勧めします。


ジャドー・モンサック(J'adore mon sac)
13 rue Boursault 75017 Paris France


===================================


次はみどり市で店舗は持たずに、架空店舗で少量生産する
オリジナルブランド店をご紹介します。

■ 山猫白シャツ店





オーナークチュリエの青木りつ子さんが作るオーダーメイドの品々。
青木さん曰く「心に描いたシャツを型にして行くことを
誠実に考えて作り続けている」
というこだわりの品々は、沢山のコアなファンがいる
とっても魅力的なクチュリエ店です。





フレンチリネンや多くのフランス製のリボン
ボタンや材料を使用し作り込んだシャツや
ワンピースなど、工芸アートに匹敵する
品々ばかりです。








今回は、そんな普段はオーダーメイドの商品を
フランス祭用に制作して展示
販売とオーダー注文も受けながら
出展します。
ネットとかはありませんのであしからず!



山猫白シャツ店
住所:群馬県みどり市大間々町大間々2030-6
TEL:090-8859-8073




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月08日

262-8 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Salut a tous


第8回ぐんまフランス祭2018へ出展するお店の紹介をしていますが、
今回からは、1階・県民ホールの南エリア、
物販のブースの出店者をご紹介します。


まずは、桐生で知らない人はいないくらい有名な衣料品店を
ご紹介します。

■ 桐生さくらや





元々桐生は、その昔 西の西陣、東の桐生 と言われるほど
機織りが盛んで、またその技術や芸術性に優れていた地域です。

あのイッセー ミヤケをフランスで一躍
世界的なファッションデザイナーにした布
とも言われる プリーツの布や 立体織りで有名なテキスタイルデザイナー
故新井淳一も ここ桐生で制作研究をした人ですが
そんな素晴らしい機織り文化を広めているお店の一つが
桐生さくらやの金子さん。








特に、やはり桐生のニットの世界的メーカー
フランスでも大人気の松井ニットの商品を、
今回も沢山 フランス祭で販売します。

例えば、松井ニットのマフラーの中でも 
桐生さくらやでしか手に入らないものや
特別な商品があったりするので、こっそり聞いてみてください。
掘り出し物を教えてくれますよ!








その他、他店ではなかなか手に入りにくい フランス人作家による製品も
出展されると思いますので是非どうぞ。


桐生さくらや
住所: 376-0031 群馬県 桐生市本町5丁目58
TEL: 0277-43-5111
URL: https://www.kiryu-sakuraya.com/home


====================================


次はフランスからカジュアルアクセサリーを輸入し
全国の百貨店やショップへの卸しをしている高崎の事業者さんのご紹介です。

■ 輸入アクセサリー ミルハウス







こちらもすっかり ぐんまフランス祭の常連になった事業者さんです。





アクセサリーというと、高級ブランドのアクセサリーのイメージがありますが
実はフランスって、朝市や定期的に行われるフォアという
工芸市なんかには、手作りの工芸作家によるアクセサリーがよく出展されるんですが
そんな手作りのアクセサリーが厳選され展示されます。





蝶やミツバチなど昆虫をモチーフにしたものから
ちょっとアラビア模様のような幾何学模様のようなものなど
色々な種類があります!
その他、フランス製のスカーフなどもあるので、
アクセサリーと合わせて選んでみてください。





輸入アクセサリー ミルハウス
住所:370-0074 群馬県高崎市下小鳥町298-4
TEL:027-363-7579
URL:http://www.acc-millhouse.jp/


====================================


次はフラワーアレンジメントのお店をご紹介します。

■ フラワースタジオ JUIN(ジュアン)

多くの女性が魅了されるフラワーアレンジメント。





フラワーアレンジメントは世界各地で行われていて
フランスのフラワーアレンジメントはこう!
という確固たる定義はないそうですが
フラワースタジオ JUINの独自のフラワーアレンジメントを
手軽に購入できるアレンジキットの販売や
カットリボン、Noel商品を展示販売します。





丁度ノエルの季節、フレンチな
フラワーアレンジメントで季節を演出してみませんか?





色々な場所で、フラワーアレンジメント教室なども行ってるスタジオなので
そんなお話も、フランス祭で出来るかもしれません。
是非 話しかけてみてください!


フラワースタジオ JUIN(ジュアン)
住所:370-0045 群馬県高崎市東町9-5-1507
TEL:027-324-8873




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月07日

262-7 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour~~~!!


第8回ぐんまフランス祭2018に出展する飲食関係のお店をご紹介してきましたが
飲食関係は、今回が最後になります。


飲食関係は、群馬県庁舎の正面玄関から入るとホールの右手のエリア
立体駐車場から入場されると、ホールの左手が飲食店エリアになります。


で、今回はまずは群馬日仏協会の副会長が運営する
結婚式場などを展開するお店から

■ プリオホールディングス株式会社


結婚式場のヴィラ・デ・マリアージュやプリオパレス
東京の日比谷パレスやメゾン・プルミエール、エネコ東京などを運営する会社ですが








そちらが今回、フランスでかなり流行っている・・・というか
ポピュラーになりつつある「BENTO」方式で
2~3種類の典型的なフランスの伝統料理をお弁当にして
リーズナブルな価格で、当日販売する予定です。

まだ試作段階だそうですが、
以下のような料理が候補に挙がっているのでご紹介します。





まずは、フリカッセ・ド・プレ、、、鶏肉のクリーム煮
日本のホワイトシチューの原型だと言われていかすが
もっと日本のそれよりさらりとコクがあります。
こちらに、長米の白米の2段BENTOです。





そして、コック・オ・ヴァン、、、鶏肉の赤ワイン煮
こちらも濃厚でとっても美味しいです。
これにマッシュポテト、バゲット付





更に、南仏の野菜煮込み、タラトウイユと鶏肉のコンフィー
それにバゲット付
こちらも伝統的な料理で文句なく美味しいです。

どんな弁当が販売されるかとても楽しみです。
いつも大人気のプリオの2段BENTOなので、購入を考えている方は
お早めに!!

プリオホールディングス株式会社
住所:プリオ・コーポレーション東京本社
    東京都中央区八重洲1丁目5-17八重洲ビルディング6F
    プリオ・コーポレーション経営本部
    群馬県太田市東新町354-3
電話:03-6202-4122 又は 0276-20-5200
URL:http://www.prior.co.jp/



====================================


次は、群馬日仏協会の常務理事で
ぐんまフランス祭の飲食全体を統括している桐生のパティスリーをご紹介します。

■ パティスリー ミヤケ


知る人ぞ知る、群馬のみならず遠方からもわざわざやってくる
群馬を代表するフランス菓子店です。







つい何か月か前も、NHKの番組に
ミヤケのかぼちゃのプリンが取り上げられ
NHKのレシピ本にも載ったせいか、県外からのお客が絶えない
大人気店です。







それだけではなく、ムッシューとよばれる三宅氏だけではなく
あのアラン・デュカスのかつてのパリの名店
スプーンでシェフ・パティシエールをしていたKさんがいるので
本当に一流のフランス菓子を堪能できるお店なのです。
彼女が作るチョコレートのギモーブは最高!







フランス菓子MIYAKE
〒376-0014 桐生市広沢町間ノ島393-6 
TEL.0277-52-5852
URL; http://www.miyakenet.com/
営業時間:AM10:00-PM9:00
定休日:火曜日


===================================

先ずは県庁舎1Fの県民ホール北エリアの
飲食ブースに出展するお店をご紹介しましたが、
このブログでご紹介した商品は、当日販売されるものもあるし
紹介されていない商品や、商品が変更になったりすることもあるので
どうぞご了解下さい。

ブログで紹介されているのに、その商品がない!と
おしかりを頂いたこともあるのですが、
大きなお店の大量生産品ではないものが多いので
急きょ商品が変更になったり、売り切れてしまったりするので
その辺は寛大な心で、よろしくお願い致します。

また、出展する県内のお店なので、
別にフランス祭に行かなくても、
いつでもそのお店に行って買えるから・・・という話も聞きますが
比較的多くの出展のお店が、フランス祭専用の商品を作って
販売するようなので、
やっぱり、是非会場まで足を運んで、確かめてください!


明日からは、県民ホール南エリアの
物販ブースに出展するお店をご紹介します。

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月06日

262-6 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Salut tout le monde !


さあ、今日はまず昨年の太田で開催した
本店は埼玉ですが、群馬の館林にも支店がある
酒屋さんをご紹介します。


■ 酒のぎょうだ・館林店


ちょっとチャーミングな女性社長が切り盛りする
お酒全般、かなりのストックを所蔵する酒屋さんです。
全国の名酒を取り扱う専門店で、
「無名であっても安くてうまい酒は全国に沢山あります」がお店のモットーだそうです。








特に日本酒が強い酒屋さんですが
ワインも最近かなり力が入ってきているようで
ストックケースにはワインがびっしり!
女性店主の行田さんは兎に角情熱的で、様々なお酒の研究にとても熱心で、
近年では、王道のフランスワインや近年その評価がうなぎ登りの国産ワイン、
世界各国のワインにも力を入れて、販売普及に努めているようです








で、今回はフランス直輸入、なんとワイン樽からの量り売りも
行うそうです。
ワインの香りで今から会場がいい雰囲気に・・・。


(株)行田力松商店:酒のぎょうだ
374-0016 群馬県館林市松原2丁目10-22
Tel:0276-74-8250 
http://www.gyo-da.co.jp/



===================================


次はやはり今回初出店の桐生のお店をご紹介します。

■ スイーツ・バッカス

桐生の、明治時代は織物蔵だった場所に
アトリエと呼ぶ、ちょっとかわいらしいお店があります。





店主は元某有名美大出、というもう一人の異色のパティシエール





デザイナー出身の店主が様々なスイーツを作りだしていますが
いわゆる、ケーク・シュークレがメインのお店ですが
今回のフランス祭では、特にケーク・シュクレにはこだわらず
フランス北西部のブルターニュ地方の伝統菓子
ファーブルトンや








フランス北東部ロレーヌ地方の名物キシュ・ロレーヌや
タルト・サレ(しょっぱいタルト:お菓子ではない)を提供してくれるそうです。





当日のお楽しみです!

スイーツ・バッカス
住所:376-0006 群馬県桐生市新宿3-13-26
TEL:070-5010-7755
URL:https://www.facebook.com/sweetbacchus/



===================================


そしてフランス型のパン窯の製造に乗り出したレンガ屋が
白煉瓦のフランスのメーカー、ファイヨルと提携して設立した
ファイヨル・ジャポンの白煉瓦窯で焼き上げる本格的な窯焼きパン屋として
改めてオープンするパン屋を紹介します。


■ グラン・ボア&ファイヨル・ジャポン


この10年で、日本中のピザがナポリピザになり
飛躍的に美味しくなったのは、増田煉瓦が本格的な煉瓦のピザ窯を開発
安価に普及させたこと・・・というのは業界では有名な話です。





そして その技術で、次は圧倒的なフランスパンの美味しさの秘密は
フランスの白煉瓦であるらしいく、
フランスのパン窯を日本で普及させるため、
メーカーのファイヨル社と増田煉瓦が提携してパン窯を開発





その基幹店として、これまでも定評のあったブランジェリー・グランボアが
煉瓦窯のパン屋としてリニューアルオープン。

そんな煉瓦窯の美味しさを今回、フランス祭の会場で
来場者に味わってもらおうと出展。





まだ僕も食べていないので分かりませんが
ピザでの実績がある会社が、万全を期して開発したそうなので
かなり期待が出来るかな~・・・・と。





楽しみです!


グラン・ボア&ファイヨル・ジャポン(増田煉瓦株式会社)
住所:群馬県石倉町4-18-11
TEL:027-251-4185
URL:http://www.masudarenga.co.jp/
    https://grand-bois.net/


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月05日

262-5 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour~~~~Ca vas ?


第8回ぐんまフランス祭2018に出展するお店のご紹介Vol.5です。

今日はまず、お宿ながら若きオーナーがワインのソムリエだったり
スタッフにフランス料理店での経験がある人がいたりと
旅館ながらフランス通の水上の温泉宿から。

■ゆの宿 上越館・甘いものや 梅の蜜

水上温泉の地域とはちょっと外れた場所ですが
一軒宿としてお部屋も離れを入れて6部屋しかない
隠れ家的高級旅館なんです。





ちょっと歩いて貸し切り露天風呂に行くのも最高です。
以前フランス大使もこの宿に泊まってもらいましたが
大満足でした。
でもこちら、宿泊だけではなくtて
旨いものやワインを飲む会など、季節に合わせた
色とりどりの催しも積極的に行うお宿なんです。

で、フランス祭もこれで4回目の参加でしょうか??








今回も色々なタルトやパイ包み
フレンチなお惣菜やお弁当など
評判のお料理を提供してくれる予定です。
是非お試しください!










ゆの宿 上越館・甘いものや 梅の蜜
住所:〒379-1727 群馬県 利根郡みなかみ町大穴794
TEL:0278-72-2216
URL:http://www.joetsukan.com/index.html



=====================================


次はフレンチ菓子店
以前はお店を構えて営業していましたが、
現在はオーダー注文を受けて作る
プライベートスウィーツ店をご紹介します。


■パティスリー・ラルジュール


若きオーナーパティシエは、フランスでの修行も経験した
本格的なパティシエ。





お客様のご要望に応じて、そのお客様の為だけの
フレンチなスイーツを限定で受注制作するお店に
形態を変えて営業しています。





特に焼き菓子には定評があり、本場フランスの
素朴な焼き菓子は一度食べるとまた食べたくなる美味しさです。








この他、オーナーパティシエこだわりのコンフィチュールなど
毎日食べても飽きの来ない
そんな当たり前の美味しさを追求するこだわりの品々です。





是非お試しください。

パティスリー・ラルジュール(PATISSRIE RAREJOUR)
住所:〒371-0012 群馬県前橋市東片貝町
TEL:027-290-2121
FAX:027-290-2100



====================================


次は今回ぐんまフランス祭に初出店となる、
現在は、伊勢崎市のアピタ伊勢崎東店で営業している
パティスリー


■ パリ・ドートンヌ(PARIS D'AUTOMNE)





日本やフランスの各有名店で、短期間ながら腕を磨き
テレビ朝日の「地球号食堂」という番組にも紹介されて
ちょっとイケメンなパティシエが作る色々なスシーツを味わってみてください。








お店はちょっとフランス菓子というより洋菓子って感じに近いですが
フランス祭では、フランスでの研修が生かされた
そんな商品が出品されるはずです!





まだオープン間もないお店ですが
様々なメディアで取り上げられ、期待されるお店ですので
お試しあれ!!





洋菓子店 パリ・ドートンヌ (PARIS D'AUTOMNE)
住所:群馬県伊勢崎市三室町5330 アピタ伊勢崎東店1F
TEL:0270-27-4902
営業時間: 10:00-21:00
定休日: 無休
URL: http://paris-dautomne.com/
Instagram:http ://instagram.com/paris_dautomne

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月04日

262-4 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Coucouuuuu tout le monde !


第8回ぐんまフランス祭2018に出展するお店のご紹介Vol.4です。

今日はまず、高崎のフロマージュ屋さん(チーズ屋さん)をご紹介します。

■ フロマージュリー・モンテ・ドラーゴ (Fromagerie Monte Dorago)


知る人ぞ知る、高崎のチーズ屋さんです。








一般のチーズ好きの方はもちろんのこと
チーズをお店の看板にしているレストランなんかは
このモンテ・ドラーゴを知らなければ、ホント モグリ・・・・(笑)
そのくらい有名なお店です。





東京の麻布十番に超有名なチーズ屋さん、フェルミエ
というお店がありますが、元々はそのフェルミエのオーナーと
一緒にやっていたのが、モンテ・ドラーゴのオーナー、山本さんで
まあ兄弟のようなお店・・・ということでしょうか。








フロマージュは単にそのチーズの種類やブランドだけじゃなくて
そのチーズの熟成のさせ方が、そのお店の力量で
まさにモンテ・ドラーゴの腕の見せ所!
そんな最高のフロマージュを、再びフランス祭で
お手頃な量で提供してくれます。





是非、この機会にどうぞ。
チーズに対する認識が変わりますよ!!


フロマージェリー・モンテ・ドラーゴ Fromagerie Monte DORAGO
群馬県高崎市江木町1471-2
TEL 027-327-8665
営業:8:00~19:00 日曜営業
休業日:月曜日
URL http://monte-dorago.com/



===================================

次は桐生にあるパン屋さんをご紹介します。

■ THE BAKERY (ザ・ベーカリー)






フランス祭では常連のパン屋さん。
パン屋さんはフランス祭に出展して繁盛店になると
出展してくれなくなるのですが、
THE BAKERYの阿久津さんは、義理人情に厚くて





繁盛店の今でもなんとかやりくりして、
このフランス祭には出展してくれる、パン屋さんです。








その性格そのままに、とっても誠実で
本物志向のパンを作っていますが、
ここのバゲットや素朴な食事パンは本当に美味しいですよ!

添加物が沢山は入っている柔らかいパン=美味しいパン
と思っている方、
添加物の入っていない、自然酵母で作られた
ちょっと硬く、パリッと香ばしいパン=美味しいパン
を体験してください。





勿論その他のパン、例えばリンゴの入った、ショッソン・オ・ポムも
本当に美味しいです!


ザ ベーカリー (THE BAKERY)
群馬県桐生市相生町3-591-2
TEL 0277-46-9030
営業時間:火~土 07:00~18:00  日 07:00~14:00
定休日:月曜
Facebook: https://www.facebook.com/pages/The-Bakery/417912811627698



=====================================


次は今回初出店で、新前橋にある とっても魅力的な
シードルとカルバドス専門店です。

■ル・コアン・バール&メゾン・ド・ノルマンディー

パリの裏通りにある地元の人々が使っているカフェをイメージして作った
というお店の雰囲気はとってもお洒落。
シードルとカルヴァドスを柱に、フランス産ワイン、ウィスキー、リキュールなど
洋酒を揃えているビストロバーです。





お料理もとっても魅力的!





フランス祭ではシードルとカルバドスがメイン。





シードルはリンゴから出来た発砲酒
フランスの北西部のノルマンディーやブルターニュ地方でよく飲まれる
ちょっと甘くておいしいお酒です。




最近ちょっとポピュラーになってきた、ガレット・ブルトンヌや
フランスのクレープ(日本のクレープはちょっと違う)を食べるときに
一緒に飲んだりします。
日本のメーカーもノンアルコールシードルを作って
何か子供用みたいに販売していますが
本場のシードルはちょっと違うのです!
是非お試しあれ!




そして、そのリンゴ酒シードルの蒸留酒で
カルバドスは 言わば、リンゴ酒のブランディーと言ったところでしょうか。
だいたい40~45度くらいかな~。

そのまま飲んでも、ガレットやクレープを焼いて
カルバドスに火をつけてフランベしてかけても
アイスクリームにかけても、タルトタタンの隠し味にしても
最高に美味しいお酒です。

なかなか手に入りにくいカルバドスも沢山用意されているようなので
今回のフランス祭でゲットしましょう!!


ル コアンバール
住   所 :〒371-0844 群馬県前橋市古市町1-14-15 リヨンビル3F
T  E  L : 090-8859-1723
営業時間: 月曜日~土曜日 16:00~23:30
定 休 日: 日曜日・祭日
U R L : https://www.le-coinbar.site/index.html


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月03日

262-3 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Salut tout le monde !

第8回ぐんまフランス祭2018の出展社のご紹介Vol.3です。


今日はまず、世界遺産・富岡製糸場の前の通りにあるカフェから


■カフェ・ドローム(CAFÉ DRÔME)





店名は富岡製糸場のフランス人技術指導者ポール・ブリュナの出身地
「ドローム県」から命名
建物は、富岡製糸場操業から3年後の
明治8年に建築された古民家を改装したカフェです。





フランス祭には富岡でかつて開催したフランス祭も合わせると
今回で5回目。
だんだん慣れてきて、いい感じになってきました。
えっ、あなたがオーナーなの?と思わず言いそうになる
若き美人オーナーですが、やる気満々の女性です。





今回は、フランスでは定番のタルチーヌがメイン。





フランスパン、バゲットの上に色々なものを乗せて
トーストするお手軽だけど、なかなか奥深い
とっても美味しいフレンチなファーストフードです。




それと、柿とはちみつ、サワークリームと生ハムの絶品タルチーヌも早い者勝ち。

南仏の定番野菜の煮込み料理、ラタトイユも販売予定!
皆さんが食べているラタトイユとは一味違いますよ。


カフェ・ドローム(CAFÉ DRÔME)
住   所: 〒370-2316 群馬県富岡市富岡51-4
Tel&Fax : 0274-67-1123
営業時間: 9:30 〜 17:00(L.O.)
定 休 日: 年末
U R L :http://www.cafe-drome.com/


===================================


そして今回初出店になる、南仏料理専門のフレンチレストラン
としてオープンしたばかりのお店

■レストラン・オリヴィエ

初代から2代目に引き継いで
フレンチレストランとしてオープンしてまで間もないレストランですが、





トータルで8年間フランスで様々な料理を手掛け
最後の3年間は、南仏のフランス人が日常に通う、
食堂的な地元密着の地元に愛される庶民のフレンチレストランで修業。

昨年帰国して高崎にオープンした
南フランスで出される料理をメインにしたレストランです。





今回は南仏と言ったら、スープ ドゥ ポワソン というくらい
ポピュラーな濃厚なスープ。
それだけに奥深いスープなので僕も興味深々です。





そして、カイエット。
ラングドック、オーヴェルニュ、ローヌ=アルプなど
フランスの南部の郷土料理です。
ほうれん草とか野菜ががたっぷり入っている、フランスのハンバーグ。
こちらもフランス祭初登場の料理です。







是非お試しあれ!

南フランス料理 RestaurantOlivier
住   所:群馬県高崎市福島町726−7
T E L :027−388−0227
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:00)
       18:30〜22:00(L.O.21:00)
定 休 日:水曜日
U R L:https://www.facebook.com/restaurantolivier.takasaki.gumma.jp/



===================================


そして高崎の有名な酒店をご紹介

■仲沢酒店

ワインのみならず豊富に世界中から色々なお酒を仕入れ
揃えているお店として有名なお店です。





オーナーの仲沢さんは、(社)日本ソムリエ協会認定の
シニアワインアドバイザーで、
高崎ワインアカデミーを主宰するワインの先生でもあります。








だからフランス祭では特に、フランスワインを。
前日の11月15日[木]がボジョレー・ヌーボーの解禁日
ということもあって、ボジョレー・ヌーボーは勿論のこと
フランス全土の様々なワインが並びます。








その他、ワインに合う色々な美味しいものも一緒に販売予定だそうです。
好みのワインを探してみてください!


仲沢酒店
住   所:群馬県高崎市八千代町1-12-4 
T E L :027-323-1621 (9:00~18:00)
営業時間: 9:00~20:00(水曜定休)
U R L :https://www.nakasake.com/





  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月02日

262-2 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour !

第8回ぐんまフランス祭2018に出展する
お店のご紹介Vol.2です。


今日ご紹介するのはまずは桐生と高崎で大人気の珈琲店です。

■伊東屋珈琲

伊東屋珈琲はただのコーヒー屋ではありません。





独自に生産地から直接コーヒー豆を買い付け
独自の大型焙煎器で、産地や豆ごとに
それぞれ焙煎した豆を、様々な入れ方で
コーヒーを提供してくれるこだわりの珈琲店です。







1号店は古民家再生で出来たちょっと落ちついたカフェ
落ち着いた何とも言えないお洒落な店内で
時間をわすれてしまいそうです。





2号店は、元ネクタイ工場をリノベしたこちらはもう少し明るく
ナチュラルなお店。
2階には展示スペースがあって、アーティストや工芸作家
様々な人たちが何かをしているミニ展示会場もあります。





3号店は昨年オープン。
小さなお店ですが、2階は会員制のコアスペースだったり
夏には美味しい珈琲アイスが大人気のお店です。





今回も本格的なエスプレッソマシンを持ち込んで
美味しいフレンチカフェを提供してくれます。


伊東屋珈琲 本店
〒376-0011 群馬県桐生市相生町2-588-75
TEL:0277-53-5053
月曜定休
営業時間:11:00~18:00

Itoya coffee factory
〒376-0035 群馬県桐生市仲町3-15-20
TEL:0277-46-7878
木曜定休
営業時間:10:00~19:00

伊東屋珈琲 高崎店
〒370-0813 群馬県高崎市本町120
TEL:027-329-6247
水曜定休
営業時間:10:00~18:00



==================================


次はまだ今年の2月にオープンしたての
でも既に人気店の仲間入りをしつつある若きパン職人のパン屋さん





Comme’N (コム・ン) フランス語だと”Nのよう”?という意味?





高崎市緑町の珈琲哲学さんの駐車場内にオープンしました。
コンテナハウスを改装した小さな建物の中でパンを焼いています。

でもそのパン、驚くなかれ!!
パンの世界大会にも積極的に参加し地域優勝もしている
すごいパンです。





今回、その世界大会のアジア予選で勝ち抜き、
地区優勝したため
フランス祭では、17日、18日のみ、通常のパンの販売で
16日はラスクなどのみになってしまいますが
大会優勝の勢いで、きっと17,18日には
美味しいパンを提供してくれると思うので是非いらしてください。






パン焼き場 Comme’N (コム・ン)
住  所:群馬県高崎市緑町1-29-10
営業時間:9:00~(なくなり次第終了)
定 休 日:不定休(イベント等出店の場合にお休みとか)
U R L : https://www.facebook.com/CommeN-174989703231680/



==================================


次は桐生のレストラン。建物が国の無形登録文化財に認定されている
なかなか風情のあるお店





■ショコラ・ノア(Chocola Noix)





様々な雑誌やテレビにもしばしば取り上げられる人気レストランです。
やっぱり建物が国の無形文化財登録を受けているとあって
和と洋が混在した独特の雰囲気が人気のようです。





フランス祭も今回で4回目の出展ということもあって
そろそろ常連の仲間入りでしょうか・・・?

オーナーシェフの鶴巻氏は、もちろんフランス料理のシェフなわけですが
レストラン名からしてもショコラ=チョコレートということだけあって
実はチョコレートを使ったスイーツが得意!
毎回フランス祭にも、このバリエーション豊かな、
手作りチョコレートを多数販売していて、大人気です。





今回もそんな手作りチョコレートやデザート類を中心に
出展する予定です。


〒376-0021 群馬県桐生市巴町1-1117-1
連 絡 先:0277-44-5553
営業日時:火~日 11:30~14:00,18:00~20:30
定 休 日:毎週月曜日
U R L :http://www006.upp.so-net.ne.jp/chocolatnoix/


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年11月01日

262-1 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour a tous


皆さんこんにちは~!
さあいよいよ、「第8回ぐんまフランス祭2018」開催まで
残すところ あと約2週間になりました。

昨年は、会場である群馬県庁の1Fホールが
補修工事の為 使用できなくて、
群馬日仏協会の会員企業の大泉町にある
結婚式場で開催しましたが、
今年はまた会場を群馬県庁舎の1F県民ホール&広場と
2Fビジターセンターで開催します。

で、そんなわけで今年はどんなお店が出展するのか
順番にご紹介したいと思います。
今回は、毎年出展しているお店と 新しく出展するお店
合わせて、34社あります。

そして、関連イベントについてもご案内していきます。

=================================

それではまず、群馬県庁舎北エリアの
飲食ブースからご紹介します。

まず、毎年出展するぐんまフランス祭では常連で
大人気のカフェから。

オーナーは、フランス留学の経験もある
元々は某有名美大のデザイン科出身の美人オーナーシェフが経営する
伊勢崎市にある、とってもお洒落で人気のお店。








最近こそ有名になったけど、昔は誰も知らなかった
そば粉のガレットを、ずっと昔の創業時から
看板メニューとして、大人気のカフェです。





そんな看板メニューの、とっても美味しいそば粉のガレットを
目の前で焼いて、焼きたてを楽しんで頂けます。





そして、フランス伝統のレシピで作られるキッシュや
タルトサレ(一昨年まではとなりで販売していたあのキッシュ)と
かぼちゃのポタージュを中心に
今回も例年と同じ場所で提供します。





人気店なので、混雑が予想されるので
早めにいらしてください。


カフェ スアーブ café suave
〒 372-0034群馬県伊勢崎市茂呂町2-2890-1
tel. 0270-40-5226 E-mail. info@cafesuave.com
URL. http://www.cafesuave.com/
OPEN 11:00 CLOSE 23:00
last order:food 21:30 drink 22:00
lunch:11:00~15:00
[ランチタイム全席禁煙(テラス席喫煙可)]
定休日:月・火曜
テラス席のみペットご入店可
駐車場:あり


================================

次は今回、3回目の出展になるフレンチ菓子店

■モンシェリー(Mon chéri)

桐生市で30数年前から本格的な洋菓子を提供してきた
有名店。





2代目のイケメンパティシエ・卓也氏は、あのフランス菓子界の巨匠
ピエール・エルメ・パリ で腕を磨き、
同じくパリ5区の人気店「ラ パティスリー デ レーヴ」にて、
巨匠フィリップ・コンティチーニに師事した
若きオーナーシェフ パティシエなんです。





今回も腕を磨いた、ピエール・エルメの代名詞である
マカロンをメインに、本物のマカロンを提供するそうです。







マカロンで何が美味しいのか分からない・・・という話を聞きますが
本当のマカロンを是非食べてみてください。

世界中でなぜマカロンが人気なのかがわかりますよ!


■相生店〈本店〉

〒376-0011 群馬県桐生市相生町5-634
TEL:0277-52-2244
Mail:info@yogashi-moncheri.com

■堤店

〒376-0011 群馬県桐生市堤町2-245
TEL:0277-43-8308
Mail:info@yogashi-moncheri.com


URL. http://moncheri-kiryu.com/


============================


次はワインバー&レストランの名店をご紹介

■ ル・ヴァン(Le Vin)

第2回からこのフランス祭に出展する、常連の人気店です。





ソムリエのオーナーが集めた、ちょっと珍しいワインや
小さなワインの作り手さんが製造する、あまり日本に入ってきていない
少量生産のワイン。





アルコール類が苦手な人でも楽しめる
フランス製のノンアルコールワインや
フランスのビールなど、なかなか本格的なフランスを楽しめるワインバーと
フランス帰りのシェフが作る、本場のビストロ料理
(食堂料理)も最高です。
フランス祭の会場ではアルコール類の提供(その場で飲む)は出来ないので
ル・ヴァンワインなのお酒の販売は行いませんが・・・。









でも今回も、毎回大人気のクロック・ムッシューと
オニオンスープを提供するそうですが
売り切れゴメンなので、早めに並んでください!





フランスの高級塩・ゲランドの塩を提供されます。


ル・ヴァン(Le Vin)
371-0805 群馬県 前橋市 (0.93 km)
南町4-32-17 テラサワビル1F
TEL.027-223-3311
営業時間:[火~木] 18:00~翌1:00(L.O.24:30)
       [金・土・祝前日] 18:00~翌2:00
       [日曜] 18:00~24:00(L.O.23:30)
       ※電話予約は15:30より承ります0
定 休 日 :月曜,第3火曜日
https://www.facebook.com/le.vin20030314/





  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2018年10月22日

261 第8回ぐんまフランス祭2018

Bonjour a tous

すっかり秋ですね~!
それもそのはず、来月には
第8回ぐんまフランス祭2018が開催されます。





ぐんまフランス祭は、毎年11月の第3金曜日から3日間開催します。
なんでこの時期かというと、
元々はボジョレーヌーボーが11月の第3木曜日が
解禁日ということで、その翌日から
というのがちょうど分かりやすくていいよね~・・・
ということで。





で今年は、2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日]
の3日間
詳細はまたいつものように、このブログでお知らせしますが
ことしも群馬日仏協会の専属デザイナーが
素敵なポスターとチラシを制作してくれたので
こちらをアップ致します。





是非、このブログをご覧頂いている皆さんには
このことを沢山のお友達やお知り合いなどに
お伝えください!
勿論、SNSでの拡散希望です!!

よろしくお願いします。
  




Posted by フランスさん at 15:00Comments(1)ぐんまフランス祭り

2018年10月01日

260 第10期通常総会及び記念コンサート&懇親会

Bonjour a tous


すっかり久しぶりの投稿になってしまいました。

信じられないくらい暑い夏がやっと過ぎたとおもったら
台風や地震や本当に次から次へと災害が起きて
そう昨日も台風24号が猛威を振るい、我が家の大木2本が倒木
びっくりすることだらけですが、さてそれでも、今日から10月です。



そう、一昨日29日[土]は、
一般社団法人群馬日仏協会の第10期通常総会及び記念コンサート&懇親会でした。
今回も沢山の会員の方にご参集頂き、盛大に開催することが出来ました。



今回はお忙しい中 伊勢崎まで、前橋市長、山本龍氏にも
わざわざ来賓としてお越しいただき挨拶もいただきました。



2009年12月5日に、前橋の臨紅閣で設立総会を開催し、
最初はわずかな有志と共に始めた会ですが、
今では法人個人合わせて220の会員が集う、立派な会に成長し
今期は設立から、ちょうど10年目に入ります。



そして設立以来、先頭を切って会長として日仏協会をけん引されてきた
サンデンの元会長、牛久保雅美氏が協会会長を退任され
名誉会長として更に、ご指導頂き
今期から設立以来、副会長として務めていただいてきた
フレッセイの相談役、植木康夫氏が会長になりました。

交代式も開催し、お二人ともいい笑顔です!



ともなって、これまで評議員として協会をサポートしていただいてきた
群馬日産ホールディングスの社長である
天野洋一氏が副会長となりました。




勿論相変わらず、日本ミシュランタイヤの会長である
ベルナール・デルマス氏やプリオホールディングスの会長社長の
松井研三氏、ダノンジャパンの社長ルイス・ファリア・エ・マイア氏も
引き続き副会長です。

そして、理事であり観光商工部部会長には
今期からまったく新規で、ホテル・ルカの野口社長に入って頂き
協力をしてもらうことになりました。





その後、記念コンサートを開催
今回は私、ヴァンソンの20年来の友人で
今や日本を代表するエレクトリック・バイオリンの第一人者
武藤祐生氏とジュラ・キシュ国際ピアノコンクールで第2位(一位なし)
の金子 泉さんの伴奏で、約1時間の
ミニコンサートを開催していただきました。

今年は日仏交流160周年ということもあり
フランスにちなんだコンサートということで
フランスを代表する20世紀の音楽家、エリック・サティの曲から始まり
サティに影響され武藤さん自身が作曲し演奏する曲まで
独特なエレクトリック・バイオリンの広域の深い音色と
驚くほど澄み渡る、しかし暑い音色を奏でる
金子さんのピアノが、実に心地よく素晴らしい演奏会になりました。



そして、そのあとの懇親会では
久しぶりに参加できた、ミシュランのデルマス氏の挨拶から始まり
フランス祭実行委員会実行委員長のサンデン特別顧問の天田氏の乾杯で
毎回ながら、プリオ用意してくれる、本物のシャンパーニュ地方でつくられる
シャンパーニュで乾杯。





飲み物も白、赤ワイン。ノンアルコールシードルなどと共に
とっても充実したフレンチのコース料理に
皆さん、舌鼓を打っていました。
ミシュランの会長も思わず、今回の女性シェフ、小林さんを呼んで
賛辞を送ったほど、とっても充実したお料理でした。







フロマージュは勿論、フェルミエの素晴らしい熟成状態のフロマージュを頂き
本当に素敵な懇親会でした。







群馬日仏協会も皆さんのご協力のおかげで、ますます素敵な会になることと思います。



このブログを読んでいただく方で、群馬日仏協会に参加してみたい
という方はぜひ日仏協会の仲間になってみませんか?

お待ちしています。
  




Posted by フランスさん at 10:00Comments(0)群馬日仏協会行事

2018年07月09日

259 日仏交流160周年記念事業

Bonjour a tous


実は今年は、日仏交流160周年の年で
全国の日仏関係の団体は、各地でこ160周年に関連した
様々な事業が開催、計画されていると思います。

で、群馬日仏協会も同様に160周年事業を開催することとなりました。


事あるごとに触れてはいるのですが
まだまだ知られていないのが
群馬日仏協会の設立にあたって、
皆さんが食のレッドガイドや



観光のグリーンガイドで有名な



ミシュランガイドでその名を知っていると思いますが
でも本当はタイヤメーカー
そのミシュランの日本法人の会長
ベルナール・デルマス氏は、群馬日仏協会の副会長でもあるんです。

なぜなら、以前は日本ミシュランのタイヤ工場は
群馬県の太田市にあって、今も研究開発センターがあって
そんな縁もあって、デルマス氏はとっても群馬が好き。

そして本社ミシュランがあるフランスの町、クレルモン=フェランは
フランスの真ん中あたりに位置していて
山に囲まれた、フランスではとっても珍しい軟水が湧く地域。

そんな立地も含め、以前から前橋の雰囲気が
クレルモンフェランにとても似ていて、前橋が大好きなんだ~・・・
と言っていたくらいです。

で、なんだかんだいろいろな縁が重なって
前橋にとて興味をもってくれているので
そえじぇ~今まで特に、前橋とミシュランは
特に特別な縁はなかったけど、その縁を創る第1歩として
デルマス氏を招いて、前橋市長やいろいろな関係者と共に
前橋の町やクレルモンフェラン市とミシュランが国際的行おうとしている
グローバルな街づくりについて話し合う機会を創ろう
っていうことになり

以下の会期でコンファレンスを開催することになりました。

どなたでも参加することができるので
興味があるかたは参加してみてください。
会場はちょっと狭いのですが、いいコンファレンスになると思います!

==================================





日仏交流160周年記念事業

「明日の国際都市前橋を考える」
日本ミシュランタイヤ会長 ベルナール・デルマス氏を迎えて

日時◎2018 年7月30 日[ 月] 15:00-17:00 受付14:30~
場所◎前橋文学館3F ホール 無料
     371-0022 群馬県前橋市千代田町 3-12-10
     TEL. 027-235-8011





◎1 部 ミシュランという会社とミシュランシティーの未来
    ベルナール・デルマス氏による講演
◎2 部 国際都市前橋への行方
    ベルナール・デルマス氏、山本龍氏、植木康夫氏による座談会

◎後援団体代表挨拶
    前橋商工会議所会頭 曽我孝之氏


ベルナール・デルマス 氏



日本ミシュランタイヤ(株)会長・ミシュラングループ顧問
元在日フランス商工会議所会頭・(一社)群馬日仏協会副会長


山本 龍 氏 



前橋市長


植木康夫 氏



株)フレッセイ相談役・前橋商工会議所副会頭・(一社)群馬日仏協会副会長



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

「デルマス氏に直接相談してみよう!」

限定5店舗

開催日:2018 年7 月30 日[ 月]
13:30 ~14:30 受付開始:13:00
場 所:前橋文学館内(詳細は申し込み後お知らせします)



ベルナール・デルマス氏は日本ミシュランタイヤ社長時代、
あの日本版ミシュランガイドを創刊した人。
そのデルマス氏による店づくり相談会を、
講演会開催前に限定5店舗、マンツーマンで1店舗あたり
持ち時間10分程度で開催します。

但し群馬県内に既にお店を開店しているか、開店が確定している
方に限ります。ご希望の方は、
1)店舗名、2)代表者名、3)代表者年齢、4)お店の種類(詳細に)、
5 ) 営業年数、6)営業場所、7)連絡先(店舗住所、TEL及びメールアドレス)、
8)簡単な質問事項を記載の上、
(一社)群馬日仏協会事務局 info@fj-de-gunma.com までご応募下さい。
応募者多数の場合は抽選とさせていただきますのでご了解下さい。



後援:前橋市/前橋商工会議所/(公財)前橋観光コンベンション協会/前橋市国際交流協会

主催:一般社団法人群馬日仏協会

E-mail : info@fj-de-gunma.com
  




Posted by フランスさん at 13:00Comments(0)群馬日仏協会行事

2018年06月27日

258-3 アートとフランス料理を楽しむ初夏のバスツアー2018(箱根)

Salut~~


「アートとフランス料理を楽しむ初夏のバスツアー2018」のご報告の
最終回です。


ポーラ美術館内「アレイ」での素晴らしいランチの後に
美術館のまわりにある森の小道を散策。







以前来た時はけっこうスケジュールが忙しかったので
この森の小道も散策出なかったのですが
今回はちょっと時間にも余裕があったので
ゆっくりと歩いてみました。




いや~~なかなかいいです。
木漏れ日の中の初夏の森林浴という贅沢!
ところどころにアート作品もあるし
小さな沢もあって、小川が流れ
心地よい水の音も聞こえてきて素晴らしい!





是非ポーラ美術館に来られた際は
森の小道の散策をお勧めです!





そしてこのポーラ美術館に来る途中にある
サンク=チュアリの星の王子さま美術館へ
こちらは本当は薔薇の庭園が満開であることを前提に
来館をしようと思っていたのですが、
あいにくまったくバラは咲いていなくて





今年は日本国内どこも2週間くらい早く、薔薇だけじゃなくて
色々な花が早く咲いているらしかったので
例年、6月初めてバラ祭を星の王子さま美術館でやっているので
今年はちょうどいい感じでバラが咲いているかな~・・・
と思っていたのですが・・・。
やっぱり箱根は寒いのかな~・・・・。







ま、でも日仏協会なのでフランスにご縁のあるところだから・・・と。





この星の王子さま美術館の関係会社が
関越自動車道の寄居、上のSAで星の王子さまのテーマパーク的な
サービスエリアをやっていて、そこもけっこうフランスっぽい建物にして
営業しているのだけど、
流石、ここ本家の星の王子さま美術館の方が
さらにフランスっぽい・・・。
写真だけ観たらきっと南仏にいるんじゃないかと
思うだろうな~ってくらい雰囲気をよくコピーしています。







ちょっとあまり観るものはない感じだけど
この雰囲気を楽しむにはいいのかな~・・・。
もう少し入館料が安いといいな~!








でもとってもいいバスツアーになりました。

このあとは又ひたすら高速道路を走って群馬へ・・・。
参加した方々からは ”すっごく楽しかった~!”
とお世辞かもしれませんが言ってもらったので
励みになります!





ご参加頂いた皆様、是非来年もお楽しみに!
今回参加できなかった方は、是非次回参加してください!


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)群馬日仏協会行事