フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2019年04月18日

【緊急告知】ノートルダム大聖堂再建のための寄付金受付先

この度のパリ・ノートルダム大聖堂の一部焼失に際し、
一般社団法人群馬日仏協会は多くの国内、
群馬県内のフランスを愛する方々へ、
再建に向けた寄付協力のお願いをさせて頂きたいと思います。

つきましては、在日フランス大使館が以下のように呼びかけていますので、
下記に従ってご寄付をお願いできればと思います。
どうぞよろしくお願い致します。





パリのノートルダム大聖堂の一部が火災で焼失したことを受けて、
再建に向けた寄付を募るため、
数多くの募金活動が始まりました。

フランスの4つの団体が国とともに、
だれもがこの至宝の復活に協力できるよう募金活動に乗り出しています。


パリのノートルダム大聖堂は4月15日夜、
激しい火災に遭いました。
大聖堂の構造体、ファサード(正面壁)、
2つの塔は被害を免れましたが、
身廊、内陣、翼廊の屋根および尖塔が火災で焼失しました。

大聖堂の再建のための寄付方法について
エマニュエル・マクロン大統領が約束したように、
大聖堂は完全に再建されます。
しかし再建には費用がかかります。
それゆえにわれわれは皆さまの寛大なご協力を必要としています。
大聖堂の再建に向けた寄付を募るイニシアティブが
フランス内外で数多く立ち上げられました。

フランス文化財センター、ノートルダム財団、
文化遺産財団、フランス財団の4つの団体が国とともに、
だれもが透明性とセキュリティが確保された方法で
協力できるよう募金活動を開始しました。

フランス文化財センター/ノートルダム財団/文化遺産財団/フランス財団

↓フランス大使館運営サイトへ

ノートルダム大聖堂再建のための寄付金受付先

又は、Google chrome から以下のアドレスをペーストして検索して
自動翻訳機能を使用すれば、
日本語で寄付の仕方が分かりますので、お試しください。
https://don.rebatirnotredamedeparis.fr/1/~mon-don?_cv=1

※尚、記載は漢字やひらがな、カタカナではなく、アフファベットで記入を
お願い致します。

どうぞご協力の程よろしくお願い致します。





一般社団法人群馬日仏協会




  




Posted by フランスさん at 11:21Comments(0)フランス情報その他の情報日仏事情

2019年04月17日

272-4 Restaurant WiLL (パリ12区)

Bonjour~~


パリ12区にあるレストラン、WiLLをご紹介しています。

今回はデザート編
WiLLのご紹介最終回です。





冒頭にも書きましたが、こちらのメニューのデザートは
奥様のAyakoさんがパティシエールで、すべて考えている・・・
ということなので基本的な仕込みは奥様がやっているのだろう~・・と。
っていうのは、レストランがオープンしている間は
ホールのサービスをやって、厨房には入っていないので。

というわけで最後のデザート。

最初はパッションフルーツとココナッツシャーベットのヴァシュラン・エキゾチック





周りのカクカクしているのは、軽い食感のメレンゲ板
中にはココナッツのアイスクリーム
そして食べる直前にかけてくれるパッションフルーツのソース





酸味とコクのあるココナッツアイスが南洋ハーモニー。
むちゃくちゃ美味しかったです。

そして次はお洒落なWiLL風のタルトタタン
タルトタタンの美味しさの構造を一度分解して
再構築して新しいタルトタタンを作った感じ。





こちらも絶妙な上手さ。
タルトタタンの新解釈ですね。





みんな美味しい美味しいと唱和しながら
食べていました(笑)

そして正確な内容は忘れてしまいましたが
WiLL風ティラミスだったような気がします。





真ん中に敷いてあるビスキュイ、その上の
マスルポーネソース、カフェが注がれ、
チョコレートのスライスとかが・・・。
こちらもティラミスの新しい解釈的なデザート
で、ちょっと味見をしましたが、これも旨い!





やぱりデザートの美味しいレストランは最高!
そのレストランの見識がとてもよく分かります。

そして甘いデザートではなく、フロマージュで絞めたい
という方にはそちらのも用意されています。





すいません!こちらは何だったかまったく記憶がありません。
ハード系と白カビ系のフロマージュであったことは
見た通りですが・・・


そして最後に、とっても美味しいカフェ。
こちらも不覚にも撮影なし。
でもとってもいい佇まいでした。

またパリに行った際には行って、他のお料理も食べてみたい
そんなレストランです。


一つ残念なのは、ちゃんとした絵がないことかな。
絵ってとっても重要なのです!


とにかく予約困難になる前にまた行かねば!






Restaurant WILL(ウィル)
住所:75 rue Crozatier 75012 Paris
電話;01 5317 0244
営業時間:12:00〜14h30/19:30〜22:30
定休日:火曜日

  




2019年04月15日

272-3 Restaurant WiLL (パリ12区)

Salut !


パリで大注目の日本人の若い夫婦が昨年オープンしたレストラン
WiLLをご紹介しています。





シェフの大草さんは、フランスのレストラン業界で働いて13年目。
パリの『ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション』や
アルザス地方の2つ星レストランなどで修行を積んだ実力派。
元々山梨のレストランで働いていた・・・というので
もしかしたら料理スタイルから、キュイエットなのかな??
と思いつつ、食べるのに夢中になって、
聞くのを忘れてしまいました。


で、前回の前菜に続いて、
いよいよ今回はメインです。

メインは選択できるのが3種類あったのですが
人気が二分して、2種類のみご紹介します。








先ずはシェフのスペシャリテだという
仔牛とフォオアグラのパイ包み焼き。

流石にスペシャリイテ(18番)というだけあって
かなり美味しい!
とってもクラシックなフランス料理の王道だけど
何か古臭くなく新鮮な料理に感じるのは
シェフのセンスだろうか・・・・?


そしてもう一つはラム肉のポワレ
アンティ―チョークとマッシュポテト添え






兎に角、肉の火入れが完璧。
ラムの独特の臭みがうま味に変化して
隠し味?のネギ油?がとても香りがいい。

当たり前のお料理にちょっと変化させて
ほんのり新鮮な味に換えるのは素晴らしい。





今回選んだワインは、サン・ニコラ
ちょっと軽めな爽やかな飲み口で、なかなか旨い!
お料理との相性もとっても良かったです。

次回はデザートをご紹介します。






Restaurant WILL(ウィル)
住所:75 rue Crozatier 75012 Paris
電話;01 5317 0244
営業時間:12:00〜14h30/19:30〜22:30
定休日:火曜日


  




2019年04月13日

272-2 Restaurant WiLL (パリ12区)

Bonjour a tous


先週まで滞在していたフランス・パリのフレンチレストラン
WiLLについてご紹介しています。

今日はいよいよ、頂いたメニューの前菜です。
当日私たちは7人でしたが
メニューがかぶり、3種類のメニューでした。

先ずは僕が選んだ
天使海老のカルパッチョ、カラマーシーヴィネガー風味。








赤かぶ、二十日大根、ざくろなど野菜や花が添えられていて
とっても美味しい~!

で、食べてひらめいたのが、海老のカルパッチョの代わりに
プルンプルンの透明なサラダこんにゃくを使ってもいいな~と。
ベジェタリン、ビーガンの方たちがかなり多いパリでは
かなりいいアイデアだと・・・?
(シェフこのブログ見てくれているかな??)


次は・・・ん~~まったくなんだか分からない。
メニューの写真を撮るのを忘れた・・・。
確か貝類の何かだったような??
ゴメンなさい!








でも食べていた人は何これ・・・美味しい~~~
といいながら食べていました。


次は、マグロの藁炙りにズッキーニやチーズ?
マンゴーソースをいくらの玉のようしてて閉じ込めたものが
ソースとなって、とても爽やかでフルーティーで
とっても手の込んだ一皿。








食べるのがもったいない・・・と言いながら
美味しく頂いていました。


ちなみに飲み物
今回食事をした中のお二人は、先ずは食前に
パリの地ビールを飲んでいました。





日本も地ビールブームだけど、
フランスも地ビールブームなんだそうです。

そして炭酸水・・なんと高級水の代名詞
シャテルドンがおいてありました。





一本何と1000円もする高級水ですが、
この水をレストランの水としておけるのも凄いことです。

水がレストランを選ぶ・・・といわれるほど
どこにでもある水ではないのです!


次はメインをご紹介します。





Restaurant WILL(ウィル)
住所:75 rue Crozatier 75012 Paris
電話;01 5317 0244
営業時間:12:00〜14h30/19:30〜22:30
定休日:火曜日



  




2019年04月11日

272-1 Restaurant WiLL (パリ12区)

Bonjour

久しぶりの投稿になってしまいました。

それにしてもびっくり・・・
もう4月半ばに差し掛かろうとしているのに、
なんと昨日、ここ前橋は雪です・・・・。びっくり~寒い~・・。
散りかけた桜の花びらが、この寒さでフリーズ・・・
散れなくなってしまった~なのか、散らずに済んだ~・・・
なのか。
冬に逆戻りですね。
いずれにしても今週中まではあまり暖かくはならないようです。

さて、先週までスペイン、フランスに行っていて
色々ここでもお知らせしなくてはならない
重要な出来事も多々あるのですが
まずは、それよりも先に今回とっても行きたかった
パリのフレンチレストランに行けたので、
そちらをちょっとご紹介したいと思います。

そのレストランは





Restaurant WILL(ウィル)
住所:75 rue Crozatier 75012 Paris
電話;01 5317 0244
営業時間:12:00〜14h30/19:30〜22:30
定休日:火曜日


まだ昨年の3月にオープンしたばかりの
日本人の若いご夫婦がお二人で始めたレストラン
OOKUSA Shin & Ayako さん



シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン
“パリマグ”から上記写真は借用


僕もパリのフランス人シェフからの情報もあって
一度出来るだけ早く行ってみたかったレストラン。

過去にはなかなか行けずにいたら
ミシュランの星を取ってしまって、なかなか予約が取れなく
食べに行けてないレストランもあるので
あまり人が殺到しないうちに食べに行きたいのです(笑)

今回は素晴らしいタイミングで予約がとれて
食べ行くことが出来た、今パリでもっとも期待される
若手日本人シェフのお店です。





ちなみに奥様はパティシエで、レストランのデザートは
奥さまのアイデアだそうです。

それでは次回は今回のお料理、まず前菜からご紹介しますね~!
お楽しみに。














  




2019年03月01日

271 2月例会フロマージュセミナー2019

Bonjour a tous et toutes

今年の冬もまた暖かい寒いを繰り返し
ここ前橋は、風が強い日が続いて、まるで台風が来ているようで
まあそれもまた、南フランスのミストラルのよう風で
懐かしいやら・・・。
ただ花粉症の人には本当につらい季節です・・・
おからだくれぐれもご自愛ください。

さて、昨日は群馬日仏協会の2月例会にて
もう何回目になるのでしょう・・・この時期恒例となった
フロマージュセミナーを開催しました。





じばらく会場として使用出来ていなかった
エフエム群馬があるビル、GNビルの2階に
ハンドレッドクラブという場所があるのですが
そこで久しぶりに会場をお借りして開催しました。





今回のフロマージュの提供と講師はもちろん
高崎のフロマージュリー・モンテドラーゴの山本夫妻
群馬日仏協会の会員でもあり。毎年秋に開催する
ぐんまフランス祭にも出展しています。
素晴らしいフロマージュを用意していただきました。

今回のフロマージュセミナーの先ずはメニュー







フロマージュの種類は、
ブロッシュ、ケソ・マホレ、そして今回のメイン
日本ではめったにお目にかかることのない3Kgのモンドール
そして、コンテ・ドゥ・モンターニュ18カ月、フルム・ダンベール





フロマージュにはそれぞれそのフロマージュに合わせて
ワインを選定。
こちらはやはり高崎の仲沢酒店の関さん。
仲沢さんも群馬日仏協会の会員です。



ワインは、嘉ロゼ・スパークリング、
フランスでも人気のクレマン・ドゥ・ブルゴーニュ
サン・リュス・ベルビュ、シャトー・フォンレオ、
僕も大好きな、シャトー・ヌフ・デュ・パップ
ノンアルコールの方もいらしたので
ベルギー産のロゼ。スパークリングも用意して頂きました。





今回の参加者は16人
毎回参加する常連のかたもいれば、今回初参加
という方もおられました。





フrマージュはそれぞれの皿の上に新鮮な野菜や
青オリーブなども添えて頂き、
モンドールは最初はそのまま、後半はオーブンで少々焼いて
白ワインを少々混ぜて美味しいバゲットと共に・・・





余りのうまさに、何度もおかわりしてしまいました(笑)







毎回毎回とっても美味しくて、フロマージュの認識が変わると
参加者の方には大評判のフロマージュセミナーでしたが
今回も大成功、大満足いただけたようでよかったです。
それにワインも・・・シャトー・ヌフ・デュ・パップは
やっぱりすごいです。旨さが僕好みで
ついつい飲んでしまいました。





まだ参加経験のない方は、次回は是非参加してください。
本当に素晴らしいです。


企画担当:(一社)群馬日仏協会・飲食部会・木暮小百合  




Posted by フランスさん at 11:55Comments(0)群馬日仏協会行事

2019年02月08日

270 日仏会館主催新年パーティー

Bonjour


暖かくなったり、急に寒くなったり、凄い風が吹いたり
雪が突然降ってきたり・・・・
インフルエンザは大流行で、沢山の人が体調を壊していますね~!
皆さんは体調崩されていませんか??

そんな私も何年かぶりに体調を壊して
寝込んでしまいました。





去る1月29日[火]は、毎年恒例の
恵比寿の公益財団法人日仏会館の「新年パーティー」が
東宮御所の隣、明治記念館で本年も開催されました。





が、僕はちょうど体調を崩し出席が出来ませんでした。
毎年とても楽しみにしているのですが、本当に残念でした。



左から松井群馬日仏協会副会長、ピック大使、植木会長、横山日仏会館副会長

そんなわけで、群馬日仏協会からは、植木会長、松井副会長
事務局等がこのパーティーに参加して、その様子を写してきてくれたので
詳しくはお伝えできませんが、ご紹介したいと思います。





今回も全国各地から、日仏協会関係者、各日仏学会および
日仏経済団体関係者、行政府関係者、そして勿論フランス大使館から
錚々たる方々がこの新年会に参加されていたようです。

そして今回、群馬日仏協会も少しお手伝いし設立された
軽井沢日仏協会の正副会長も初めて参加され
親交を深めたようです。




もちろん在日フランス大使館のローラン・ピック大使のご挨拶を含め
昨今の日仏事情についてお話があったことと思います。








それにしても今回の明治記念館のお料理も圧巻だったようです。
とてもとてもこれだけの料理の種類と量、
驚くほどの味覚のクオリティーはフランス大使館でのパーティー以外では
なかなかお目にかかることはありません。








流石明治記念館!という感じです。








来年は体調万全で、必ず行かなくては!(笑)
  




Posted by フランスさん at 11:00Comments(0)日仏事情

2019年02月02日

269 2019年2月2日はシャンドゥルー

Bonjour

今年初めてのブログが2月に入ってからになってしまいました。

で、今日はなんとしても書かなくては・・・と思ったのは
以前にもこのブログで紹介したことがありますが
フランスでは実は本日は「Chandeleur・シャンドゥルー」





ノエルの日から数えて40日目が・シャンドゥルーの日
そして通称「クレープを食べる日」という
キリスト教由来のお祭り日

フランス人は元々日常的に、家でもよくクレープを作って食べる人が多く、
特にフランスの北半分のエリアは多いんじゃないかな~・・・。





それに、いわゆる日本人が思う原宿発祥の
原宿クレープ! これ初めてフランス人に見せると
”これ何??”って聞かれますよ。”これはクレープじゃない!”とも言われる。

フランスではあまり生クリームや果物とか
いろいろなものをトッピングして食べないんです。

日本人が意外とおにぎりはシンプルなのが好きなのと同じ感覚かな~・・・。





フランス人は兎に角、クレープを最初に大量に焼いてお皿の上に盛って
それを一枚づつ、好きなジャムやペーストやバターにグラニュー糖
チョコレートペーストとか、シンプルに食べるのが好きですね~!





一般的にクレープを焼く専用のフライパンで焼くのですが
最近は、家庭で使える便利な卓上用クレープマシンも
色々あるみたいです。








関西人がたこ焼きマシンを持っているように
地域によってはフランス人もクレープマシンは必需品かもしれません。








みなさんはクレープは作って食べますか?



  




Posted by フランスさん at 02:02Comments(0)フランス情報

2019年01月01日

268 Bonne Année 2019


謹賀新年










Meilleurs vœux pour une excellente année 2019




  




Posted by フランスさん at 00:00Comments(0)その他の情報

2018年12月20日

267 Joyeux Noël 2018

Joyeux Noël








Priez pour la paix dans le monde
et pour le bonheur de tous !!



世界の平和とすべての方々の幸せを祈って



L'ASSCIATION FRANCO-JAPONAISE DE GUNMA






  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2018年12月17日

266-3 オーバカナル銀座

Bonjour


意外とフランス好きの方に知られているようで
知られていない銀座の大衆ブラッスリー、
オーバカナル銀座をご紹介しています。





前回は主菜をご紹介しました。
この日は元々はデザートはなしで軽く食事に行こう!
って感じで行ったのですが、
やっぱりデザートもそのものを見ていしまうと
やっぱり食べないわけにはいかなくなってしまいますね~・・・。

こちらのデザートはフランスのクラシックなデザートの王道。
圧倒的にタルト系が多いんです。

これまで何度もご紹介してきましたが
フランスのお菓子って、日本みたいに
生ホイップクリーム(シャンティーユ)が乗ってたり
スポンジ生地のお菓子ってほとんどないんです。
だから見た目はちょっと地味・・・。

でも素材の美味しさが際立って、本当に美味しいです。





デザートは入口あたりのショーケースの中にあって
観ることも出来るのですが、
先ず一通りデザートのサンプルを持ってきてくれて
そこから選択。

今回お願いしたのは
先ずは王道、タルト・オー・シトロン





タルト生地の上にしっかりとレモンが利いたカスタードクリム
その上に焼きメレンゲが乗っていて本当にシンプルで美味しいです。

次はタルト―・オ・ポワール





洋ナシのタルト
この洋梨のタルトはカスタードの中に埋没しているタイプ
これはこれで美味しい!

そしてタルト・オ・フロマージュ





チーズのタルト
チョコレートのタルト生地にカスタードとアーモンド生地が
層になっていて、その上にふわっとクリームチーズが乗っている
なんとも上品でコクのあるタルトでした。

最後にカフェ・エクスプレス





とってもトラディショナルな大衆的な食事を望む方には
お勧めですよ!





そして意外と知られていないのが
パン屋(ブランジェリー)とケーキ屋(パティスリー)が
隣に併設されているんです。





ケーキはちょっと高めですが、パンもケーキも
パリにあるお店で並んでいるような
銀座にいてパリを楽しめる、そんなパティスリー・ブランジェリーです。
味もパリにあるお店のように、
普通に美味しいです。





オー バカナル 銀座 (AUX BACCHANALES)
東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 1F
TEL: 03-3569-0202
営業時間:●Cafe
月~木:11:00~23:00(L.O.22:00)
金:~23:30(L.O.22:30)
日・祝:9:00~23:00(L.O.22:00)
土/Sat.:~23:30(L.O.22:30)
●Boulangerie
9:00~21:00
日曜営業
URL: http://www.auxbacchanales.com/



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン

2018年12月15日

266-2 オーバカナル銀座

Salut a tous


銀座のブラッスリー・・・オーバカナルの続きです。


今度はメインを3種類ご紹介





先ずはフランス東部、アルザス地方の名物ですが
フランス人がけっこうみんな大好き
シュークルート 発音的には シュックルットゥ





ドイツと国境添いにある地域なのでこの料理は
ドイツでも食されるお料理なんですが
やっぱりアルザスで食べるシュークルートの方が
美味しい気がします。
ちなみにドイツ語でザワークラフト。

やっぱりドイツはもっと味がこってり、繊細でないかな~・・・・。

色々な種類のシャキュットリーと言われるソーセージやハム
ベーコン類などを蒸したものを
この料理の名前の由来のキャベツの酢漬け蒸しである
シュークルートとジャガイモと一緒に食すお料理です。
勿論、アルザスの白ワイン、リスリングなどと食すのがお勧め。





そして次はクスクス アニョー、子羊のクスクス。
これは元々フランス料理ではなく、北アフリカのアラブ料理
チュニジア、アルジェリア、モロッコなどの料理ですが
日本人がカレーを食べるように、フランス人はもう
フランスの食生活の一部になっている
このクスクスをよく食べるのですが
オーバカナルのクスクスはちょっとここのオリジナリティーが
少々強めのクスクス アニョーですが、でもこれはこれで
とっても美味しいと言っていました。





そして次はステーキフリッツ 発音的には ステックフリッツ

塩、胡椒のみのサーロインステーキに
山もりのフレンチポテトにディジョンマスタード
もっとも典型的なフランス料理 と言ったら
スタンダードなフランス人は、このステックフリッツ というほど
典型的な食事。
日本で言う、焼き魚定食 みたいなもんでしょうね~!

ちょっと焼きすぎくらいの大きく薄いこんがり焼いた肉にかぶりつく
これがいいんですね~!
そして普通の赤ワインと共に!





次回はデザートと





併設されている
ブランジェリーパティスリーをご紹介します。






オー バカナル 銀座 (AUX BACCHANALES)
東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 1F
TEL: 03-3569-0202
営業時間:●Cafe
月~木:11:00~23:00(L.O.22:00)
金:~23:30(L.O.22:30)
日・祝:9:00~23:00(L.O.22:00)
土/Sat.:~23:30(L.O.22:30)
●Boulangerie
9:00~21:00
日曜営業
URL: http://www.auxbacchanales.com/

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン

2018年12月13日

266-1 オーバカナル銀座

Bonjour a tous


もうすっかり冬ですね~!
ここ前橋も昨日初雪だそうです・・・。

最近前橋市も合併で広くなったので、市街はまったく雪は降っていないので
へ~・・・雪が降ったの??って感じですが
今は赤城山も前橋市になってので
山の方はけっこう雪が降っているみたい・・・。


さてさて、もう少し前になってしまいましたが
東京銀座にある、まるでパリにあるブラッスリーと
見まがうほどに、その雰囲気、内容ともに
まんまのブラッスリー”オーバカナル銀座”に行ったので
ちょっとご紹介。





かなりポピュラーに有名なところだと思っていたのですが
意外と知らない人も多いので・・・。

ブラッスリー とは カフェとバーと大衆食堂が一緒になったようなお店のこと。





一般的に大衆食堂をビストロ って言って
日本では大衆食堂っていうと ビストロを指したりするけど
どうだろう~・・・フランス人は ブラッスリーで食事も
けっこう一般的じゃないかな~と。

フランスに行くと、ランチなんか、けっこうカフェで食事をする人が
多いと思うけど、
日本人はちょっと勝手がわからず、頼みずらいのか
あまりブラスリーでは食事はしないですよね!?





で、ここ ちょっと日本人には笑いが出てしまうような名前の
オーバカナル銀座はそんなフランスの大衆のカフェレストランバーの典型

一時公立小学校なのになんでアルマーニの制服なのかで
話題になった、泰明小学校の目の前にあります!





今回は家族3人で行って
それぞれ好きな本当にベタな創作料理ではない
大衆料理を頂きましたのでご紹介。

いつもはぞれぞれぞれぞれ好きな前菜を頼んで食すのですが
このときは、あまりお腹が空いていなかったのか
前菜のサラダを一皿頼んで、三人で分けて頂きました。

先ずはその、季節のキノコのサラダから





フランスから直輸入のこの季節ならではの
セップやジロール茸なども入っていて、
最近よく使われる世になった赤い野菜、ベトラーブ
日本ではビーツって言うことの方が多いかも・・・。





いや~美味しかった!

次回はメインとデザートをご紹介します。



オー バカナル 銀座 (AUX BACCHANALES)
東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 1F
TEL: 03-3569-0202
営業時間:●Cafe
月~木:11:00~23:00(L.O.22:00)
金:~23:30(L.O.22:30)
日・祝:9:00~23:00(L.O.22:00)
土/Sat.:~23:30(L.O.22:30)
●Boulangerie
9:00~21:00
日曜営業
URL: http://www.auxbacchanales.com/

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン

2018年12月08日

265 在フランス日本国大使館領事部より

在フランス日本国大使館領事部から

●フランス国内各地で行われている燃料価格の高騰に対するデモに引き続き注意してください。
●12月4日付にてスポット情報「フランス:燃料価格高騰等に対するデモ「黄色いベスト運動」に関する注意喚起」を発出していますので、ご参照ください。https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C169.html

1.報道によれば,フランス全土で行われている燃料価格の高騰に対するデモ「黄色いベスト運動(mouvement ‘Gillets jaunes')」の対応について,フランス政府は,来年1月に予定していたガソリン・軽油等の増税を中止する方針であると報じていますが,12月8日に呼びかけられているデモが更に過激化する可能性や,それに対する治安部隊の大規模な増強や装甲車の投入などがされるとの報道もあります。

2.特にパリのシャンゼリゼ通りや凱旋門付近では3週連続でデモ隊と治安部隊が衝突しています。デモ隊の一部が暴徒化し,放火や投石などの暴力行為が発生したため,治安部隊が放水や催涙弾を使用するなどして鎮圧に当たった結果,多数の負傷者が発生するとともに,周辺のレストランや商店等の窓ガラスが破壊されるなどの物的被害が出ています。

3.つきましては,12月8日(土)は先週同様にデモ参加者と治安部隊が衝突する可能性がありますので,不要不急の外出は控えるとともに,やむを得ず外出する際には周りの状況に十分注意して行動し,衝突等が発生している場所に遭遇した際には早急にその場を離れるなど,自身の安全対策に万全を期すよう願いいたします。また,車両で移動する場合,交通規制やデモにより身動きが取れない状況になる可能性も否定できないため,可能な限り車両移動は控えることをお勧めします。公共交通機関についても地下鉄の一部駅の閉鎖や,バス路線が変更になるなどデモの影響が出ると報じられていますので,下記関連サイト等を参考にしつつ,十分時間に余裕を持って行動してください。
パリ交通公団(RATP):https://www.ratp.fr/ (英語、日本語あり)
同サイト内交通規則情報:https://www.ratp.fr/travaux-manifestations/manifestations
BFMTV:https://www.bfmtv.com/ (動画ライブあり)

4.なお,12月1日以降閉鎖している凱旋門に加え,12月8日はエッフェル塔,ルーブル美術館,オルセー美術館,市内2箇所のオペラ劇場,グラン・パレなど一部の観光地や施設,シャンゼリゼ通り付近を中心としたレストランや商店等が閉鎖・閉館される見込みです。
また,フランス政府の発表として,14箇所(エトワール広場,シャンゼリゼ通り(国民議会周辺),コンコルド広場,バンドーム広場,レピュブリック広場,オペラ座(ガルニエ宮),バスティーユ広場,モンパルナス,イタリア広場,マティニョン(首相官邸付近),セナ(上院:サンジェルマン・デ・プレ)、ダンフェール・ロシュロー,ベルシー)を重点的に警備するとのことであり,12月8日は周辺地域の交通規制が行われる予定です。

このメールは、在留届けにて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在フランス日本国大使館領事部
電話:01-4888-6200(海外からは +33-1-4888-6200)
メール:consul@ps.mofa.go.jp

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2018C169.html  




Posted by フランスさん at 07:27Comments(0)

2018年12月07日

264 ノエル例会2018

Bonjour

冬がなかなかやってきませんね~・・・。
群馬のゲレンデも雪がなくて、例年ならもうスキーやスノボを
楽しんでいる人が沢山いるはずなのに
今年は雪がまだないスキー場も多々あるそうです。


さて、過日毎年恒例の「ノエル例会」を開催しました。




今年も沢山の会員の皆様に楽しみにしていただき
申し込み開始と共に、あっという間に定員に達してしまい
またまた参加が出来ない方もいらしたようで・・・・。
参加が出来なかった方には大変申し訳なく思っています。

是非次回はお早めにお申し込みください。





今年も例年通り、ヴィラ・デ・マリアージュ高崎で開催させて頂きました。
毎年のことながら、とっても美しいイルミネーションと共に
素敵な気分にさせてくれる会場です。








今回のミュージシャンは
前回、総会のミニコンサートの際に
武藤祐生氏と演奏頂いたピアニスト
金子 泉さんと、彼女が普段共に活動をする
ゴスペル歌手のヴィンセントさんによる
ゴスペルコンサートを開催しましたが、
ヴィンセントさんのあまりにも美しい、天使の歌声と
金子さんの優しくかつ力強い伴奏に
本当に心の底から癒される思いで、
とっても素晴らしいミニコンサートになりました。





流石にお二人とも、テレビ出演や
様々なテレビ番組への楽曲提供をしているだけあって
素晴らしい一流の演奏に、鳥肌が立ちっぱなしでした。





そしてミニコンサートの後は
プリオのフレンチコース料理。
乾杯のシャンパーニュと共に、素晴らしい銘柄のワインに
ノンアルコールシードルやその他の飲み物もフリードリンクで
皆さん、ご満悦。


前菜はサーモンマリネと青りんごのタルタル





青リンゴがとっても爽やかで、
食感と共に、さわやかで新鮮な味。

そして、群馬県産の人参のポタージュ





普段人参が嫌いで食べないという歌手のヴィンセントも
これは美味しい・・・と食べていました。

次はアンディーヴとベーコンのグラチネ、ビーツのピュレと共に





ビーツのピュレと食べたことは初めてでしたが
みんなこれは美味しいと、絶賛していました。


そしてメインは牛ヒレ肉のパイ包み焼きにキノコと季節の野菜
トリュフ入りのソース、ジュ・ドゥ・ブッフ





そしてフランス産のフロマージュ





コンテやミモレット、シェーブルが美味しかった~!


そしてデザートはクレープの王道
クレープ・ジュゼット、バニラアイスクリームと共に。





クレープ・ジュゼットは
本当に美味しかったです!





最後はフランス祭の際に、出展者から提供頂いた商品(景品)を
くじ引きで全員にカドードゥノエル(クリスマスプレゼント)にして・・・。

そして参加者からの要望で、金子さんの伴奏でヴィンセントと共に
きよしこの夜 を英語と日本語で大合唱!





みんな大大大満足のノエル会になりました。





次回もまた、お楽しみに~!!
  




Posted by フランスさん at 16:00Comments(0)群馬日仏協会行事

2018年12月03日

263-2 パリのNoel

Salut~~~~!


パリのノエル、パリ名物のパリのデパートの
きくちゃんからのウィンドウ報告の続きです。





=================================


何と、最近では フランスでも大人気の、
掃除機のダイソン。





そんなダイソンも掃除機をモチーフにして
ウィンドウで出店しているのを発見!!
びっくり!

それに流石、ノエルにはなくてはならない
シャンパーニュのウィンドウもあります・・・。





その他にもたくさんのウィンドウがあるので、
もしこの時期にパリに来られる方がいらっしゃれば
パリのデパートのウィンドウ巡りなんて
実は、とてもおすすめのスポットです。






皆さん、よいノエルをお過ごしください。





Joyeux Noël!
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)フランス情報

2018年12月01日

263-1 パリのNoel

Bonjour


第8回ぐんまフランス祭2018に
沢山の皆様に足を運んで頂き、大盛況のうちに終了致しました。

3日間の来場者数は、何と33,000人!!
2015年のパリテロ以降、このフランス祭の来場者数も
30000人を切っていましたので、
また再び沢山の皆様にお越しいただき、本当にうれしいです!
また来年もさらにパワーアップして
また再び11月のボジョレーヌーボの解禁日の翌日
予定ですと、11月22日・23日・24日の金土日の三日間
開催する予定です。

さて、毎年この時期に、群馬日仏協会の季刊広報紙「セ・ラヴィ」の
きくちゃんカフェに投稿してもらっている
パリ在住のきくちゃんこと
岩岡菊久乃さんから、パリのノエルの様子が届いたので
みなさんにも、ちょっとご紹介します。

以下、きくちゃんの文章です!

===============================

皆さんこんにちは。
パリのキクちゃんです。

早いもので、もうノエル。
デパートのノエルのウィンドウがはじまりました。
今年は11月9日から公開されました。
12月25日のノエルが終わっても、少しの間は公開されています。
来年のはじめくらいまでは、ノエルのウィンドウが見られます。





今年も、プランタンのエントランスは華やかなツリーです。
ちょっとトロピカルな植物のモチーフ飾りが入って、
なかなか個性的で素敵です。

子供向けには、今年はクマが多い感じですね。








クマが踊ったり、シロクマがエッフェル塔と並んでいたり、
巨大なクマと記念撮影できるようになっていたり、
何か、クマが多いです~。

そして一番人気は、
ハーゲンダッツの牛が
アイスクリームを作っているウィンドウだと思います。
子供たちが嬉しそうに見ていました。





やっぱり、アイスクリームは人気ですよね。

フランスは、生クリームやチーズなど上質な食品で
酪農がとても盛んですから、
牛は非常に身近な動物なのですね。

つづく

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)フランス情報

2018年11月18日

フランス祭3日目!

大好評のフランス祭


いよいよ最終日です!


群馬フランス祭では、
会場限定・ここでしか買えないものばかりです。ぜひ探し出してください。
例えば

スイーツバッカスの サクサクパイの中にベーコン、オニオン、パプリカ、チーズ、ポテトを入れて焼いた食事や軽食にぴったりのタルト・サレ。
その他にもたくさん!!


今年も群馬県と前橋市のご協力により
駐車場もスムーズに入れると思います。

群馬県庁前の
前橋市役所駐車場もぐんまフランス祭の為に
優先的に無料開場頂きますので、そちらもご利用ください。

本日のイベントです。
・ミュージカル劇団 A-ile(エイル)による
ミニミュージカルショー



・「フレンチ・カフェ」によるストリートライブ


・古楽器によるフランスのバロック音楽の演奏会


・似顔絵描き



詳しくはこちらから

http://franco.gunmablog.net/c10366.html

フランスに来たかのようなフランス祭
ぜひお越しください!!





随時更新!
フェイスブック
https://www.facebook.com/fj.de.gunma/
インスタはじめました!ライブもあるかも?
https://www.instagram.com/fj.de.gunma/
youtubeで雰囲気を
https://www.youtube.com/channel/UCTqjjvFyDAFYHFUgoyml4CA



ブログ
群馬日仏協会・フランス祭カテゴリー
http://franco.gunmablog.net/c10366.html
公式HP
http://fj-de-gunma.com/










  




Posted by フランスさん at 09:41Comments(0)

2018年11月15日

262-15 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)







いよいよ明日から「第8回ぐんまフランス祭2018」が始まります。
初日16日[金]は午前10時からオープニングレセモニーが開催されますが、
今回、初めて日本ミシュランタイヤの会長で
群馬日仏協会副会長のベルナール・デルマス氏も
テープカットに参列します。

既に、あのミシュランガイドの発表の際、テレビや報道で
よくビバンダム君と共に登場した人です。


第1回、2回は、群馬県庁舎の駐車場使用に制限があったため
駐車場に入るだけで、かなり時間が必要でしたが
その後、群馬県や前橋市の協力を十分頂けるようになり
比較的スムーズに群馬県庁駐車場に駐車していただけるようになりました。

土曜、日曜日は、群馬県庁前の
前橋市役所駐車場もぐんまフランス祭の為に
優先的に無料開場頂きますので、そちらもご利用ください。


▼第8回ぐんまフランス祭2018会場図






会場図PDF

181107_%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E7%A5%AD%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E6%A1%88%E5%86%85.pdf (PDF: 162.36KB)


■第8回ぐんまフランス祭:群馬県庁舎1F:北エリア・飲食ブース



第8回ぐんまフランス祭:群馬県庁舎1F:南エリア・物販ブース



ステキな楽しく、幸せな一日をお過ごしください!

Amusez-vous bien, belle et heureuse journée!!
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(1)ぐんまフランス祭り

2018年11月14日

262-14 第8回ぐんまフランス祭2018 出展紹介

8ème Fête française de Gunma 2018

2018年11月16日[金]・17日[土]・18日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)



Bonjour


第8回ぐんまフランス祭に開催する無料、有料イベントをご紹介てます。
フレンチ・カフェによるストリートミュージック
古楽による”フランスバロック音楽の魅力を求めて”
に引き続き

先ずは、ミュージカル劇団 A-ile(エイル)による
ミニミュージカルショー です。





こちらも観覧無料です。

2016年に初めて、ぐんまフランス祭にて公演を行い
大変好評を頂いて以来、フランス祭では、2度目になります。





エイルは、群馬県を中心に活動している
”社会人女性のみ”のミュージカル劇団です。

ミュージカルの素晴らしさを多くの人に伝えたるため
日々研鑽し、活動しています。





今回は、フランスを舞台にしたミュージカルを中心に
MY FAIR LADY(MA BELLE DAME)をはじめ、
選りすぐりのミュージカルを行って頂く予定です。

公演は18日[日] に2回開催予定です。

1回目:13:00~13:30ごろまで
2階目:15:00~15:50ごろまで

※公演時間の変更や突然公演中止になる場合もありますので
  ご了解くださおい。



====================================


次は大道芸です。

フランスに行くと、普通の広場や道端で、大道芸をする人たちをよく見かけます。
そんな大道芸の魅力を知ってもらいたいと思い開催を企画していたのですが、
沢入サーカス学校は現在、生徒数の減少で、
閉校中なんですが、
何とか卒業生による公演をお願いしていましたが、
都合で残念ながら、公演を行って頂く事が出来なくなりました。



写真はイメージで出演者ではありません。


大変楽しみにしていた方には大変申し訳ありませんが、以下の日程は中止とさせて頂きます。

17日[土]、18日[日] 両日開催中止。


====================================

似顔絵描き


フランスにいくと、マルシェの隅や様々な場所で
似顔絵描きが、似顔絵を描いていていて、
文化や芸術が、本当に身近に沢山あると
肌で感じることが出来ます。





「ぐんまフランス祭」でも、
まるで フランスにいるかのように
また旅行で フランスを旅していて
マルシェの横に陣取っている 似顔絵描きのアーティストに
素敵な記念の1枚を 
気軽に描いてもらえるような、そんな機会を
このフランス祭でも演出したいと思い
開催しています。









似顔絵描きは、有料ですが
手軽に安価に描いて頂けるような単価にしてもらってますので
是非、描いてもらう そんな体験をしてみてください。





  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り