フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

「ぐんまフランス祭2020」

2020年11月18日

293-5 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介

Bonjour

第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介をしていますが
前回までは飲食関係でしたが、
今回からは、物販関係のお店をご紹介します。
こちらもけっこういいお店や商品が準備されているので
必見ですよ!

※購入方法、決済方法など、それぞれの店舗でウェブ対応の方法や手段が異なります。
 また商品へのご質問お問い合わせは、出展各店舗に直接お問い合わせください。


先ずは
13)エイル(Aile)


ぐんまフランス祭では常連中の常連の
フランス雑貨やフラワーアレンジメントの高崎と軽井沢にある
ステキなお店をご紹介します。

このお店のオーナーは、長らくパリで暮らしていた
豊田さんという美しい女性が経営するお店
ギャザリングスクールも運営していて、
地元新聞社のコラム連載も担当していました。
最近は軽井沢の別荘のガーデニングなども手掛け大人気で
とっても忙しそうです。





それもそのはず、
今ではトップフルーリストとなった、若き頃のエリック・ショヴァン氏のパリのお店で働き
一流を磨いたフルリストです。







そんな彼女のフランスで磨いた腕と目で選んだ
様々なフランスの商品、
アクセサリーやコスメ、サボンドマルセイユ
エッセンシャルオイルやフラワーアレンジメントされたものを
通常販売しているのですが








今回は特にルルドのお守りアクセサリーと
根つきの植物で作るギャザリングリースをメインに
提供してくれるそうです。








以前から人々に健康をもたらすといわれる、
ルルドのマリア様。

ルルド は、フランスとスペインの国境になっているピレネー山脈のふもとで
フランスの南西部のオート=ピレネー県の小さな町です。
聖母マリアが出現した、どんな病気も治すと信じられている
「ルルドの泉」があることで有名なんですが
カトリック教会の巡礼地ともなっており、
世界中から病気を治すために沢山の人が訪れていますが、





そのルルドのアクセサリーをフランス祭の為に特別に
現地から直接運んできたので
こちらもやっぱり数に限りがあるので、興味を持たれたら
早目に連絡した方がよさそうです。


Aile (エイル)
住所:〒370-0861 群馬県高崎市八千代町2-2-15
TEL:080-6817-0692



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

==================================

次は
14) 株式会社すいらん

普段はギャラりーや美術系のアトリエ
画材教材店を運営する前橋市にある会社で
このフランス祭の企画運営もしているのですが
オーナーが若いころ、フランスへ長期留学経験者ということもあり
リモートフランス祭を機会にフランスを楽しんでもらおうと
フランス直輸入の籠屋になって販売します。





南フランスに行くと、必ずと言ってマルシェやお店で販売している
とってもカラフルなパニエ(籠バック)や無垢でシンプルなマルシェ籠

マルシェでお買いものをするする人たちが
このパニエに入れているのを見ると
日本でもこんなパニエで買いものできたら
日々のスパ―への買いものも楽しくなるだろうな~・・・なんて。








でもこのパニエ、すっごく素敵なのに、なぜか日本ではあまり見かけず
ネットにはわずかに載ってはいるけど
注文しようとすると売り切れだったり、
とっても高かったり、地味だったり・・・







そんなわけで、南仏のリゾート的日常を象徴するような
マルシェのパニエを 日本で唯一、大量輸入で
現地価格とほぼ変わらない価格で販売しているそうです。





輸送の関係で、ちょっと重量のあるパニエ(籠バック)は
現地よりちょっと割高になってしまうようですが・・・
でもほんのちょっとみたい。

毎年大人気の籠バックを、今年も提供頂きます。





今回は例年、アッという間に売り切れになってしまう
小さいサイズの籠バックもこのコロナ禍の中緊急輸入し 
多種多色調達して、販売できるようですよ~。





毎年沢山の人が販売を待っている人気のパニエだけに、
毎回かなりの勢いでなくなっていくので
早めに好みの籠バックをゲットしたほうがいいみたいですよ~!





株式会社 すいらん
住所:〒371-0801 群馬県前橋市文京町1-47-1
TEL: 027-223-6311㈹
 


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/


====================================


次は
15) バケーション をご紹介します。


世界からおしゃれでかわいいベビー&子供服、雑貨をご紹介する
セレクトショップなんですが、
フランス、オーガニックコットンおくるみ「Atelier Choux」の輸入販売元なんです。








なかなかフランス製の子供服、幼児服に特化したお店は
たぶんなかなかないと思うので
ちょっと覗いてみたくなる、とってもかわいいらしい服や
雑貨、おもちゃなんかもあるそうですの必見です!





日本未発売のフランス国内で生産された
オーガニックコットン100%のおくるみ・・・だって。





GOTS認証の厳しい検査を合格したオーガニックコットンだそうで、
新生児にも幼児にもとっても安心ですね。

その他素敵でかわいいものいっぱいです!








VACATION (バケーション)
住所:〒371-0804 群馬県前橋市 六供町1107
TEL:027-212-5711


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年11月17日

293-4 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介

Saluuuuut !

さあ今日も、リモートぐんまフランス祭の出展者のご紹介の続きです。


※購入方法、決済方法など、それぞれの店舗でウェブ対応の方法や手段が異なります。
 また商品へのご質問お問い合わせは、出展各店舗に直接お問い合わせください。



まず最初は
9) レストラン オリヴィエから

2年前にフランス祭に初出店して、
そのお料理のあまりの美味しさとこれまであまり食べたことのない
本格的なフランスのカジュアルな料理の手軽さに
その後大人気店となった 南仏料理専門のフレンチレストランです。

フレンチレストランとして高崎でオープンしては
まだ2年半弱のレストランですが、
トータルで8年間 本場フランスで様々な料理を手掛け腕を磨き
最後の3年間は、南仏のフランス人が日常に通う、
食堂的な地元密着の 地元にとっても愛される
庶民のフレンチレストランで腕をふるった 若きオーナーシェフです。





今回はリモート開催ということで
テイクアウトが出来るお客様専用になってしまいますが
初日からの1週間、リモートフランス祭専用の
毎日違う本格カジュアルのフレンチな料理を提供してくれるそうです。

とにかく一度食してみてください。
普段食べている、いわゆるフランス料理と言っているフランス料理との差を
びっくりしますよ!あまりの違いと美味しさに!





今回もフレンチの定番惣菜、パテ・ドゥ・カンパーニュもあります。
フランスといえば、この田舎パテは典型的な代表的な惣菜ですが
それだけに、なかなか本当の田舎パテに群馬では巡りあえないのですが
オリビエのパテは本当に美味しいですよ!





リモート日替わりメニューの一部をご紹介すると
例えば牛肉の赤ワイン煮。 ビーフシチューじゃないですよ。
本当に美味しい。




他は鴨のコンフィー 鴨肉をゆっくりじっくり油で煮る感じの料理
フランス人も大好きな、わざわざこれを食べにレストランに行くような
家で作るのはなかなか大変な料理です。








他にもステーキとかソーセージとか
普段皆さんがしっているものとはちょっと違う
本格カジュアルフレンチです。

日替わりで、テイクアウトして 自宅で本格フレンチ
食べ方やマナーなど気にせず
美味しいものを食べたいですよね~!

是非お試しあれ!

南フランス料理 RestaurantOlivier
住  所:群馬県高崎市福島町726−7
T E L:027−388−0227
営業時間:要確認
定 休 日:水曜日


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

==================================

次は
10) メゾン・ド・ノルマンディー

一昨年、新前橋にある群馬に日仏協会の会員のお店
コアンバールさんと共同で初出店したのが切っ掛けですが
シードルとカルバドス専門の元々ネット販売専門お店です。

最近 いろいろな雑誌などで ちょっとお洒落な感じで
シードルが特集されていていますよね~。
流行に敏感な人はいち早くこの美味しさをキャッチしているのかも・・・。

シードルはリンゴから出来た発砲酒
フランスの北西部のノルマンディーやブルターニュ地方でよく飲まれる
ちょっと甘くておいしいお酒です。>





最近すっかりポピュラーになった、ガレット・ブルトンヌや
フランスのクレープ(日本のクレープはちょっと違う)を食べるときに
一緒に飲んだりします。





日本のメーカーもノンアルコールシードルを作って
何か子供用みたいに販売していますが
本場のシードルはちょっと違うのです!
是非お試しあれ!





そして、そのリンゴ酒シードルの蒸留酒で
カルバドスは 言わば、リンゴ酒のブランディーと言ったところでしょうか。
だいたい40~45度くらいかな~。

そのまま飲んでも、ガレットやクレープを焼いて
カルバドスに火をつけてフランベしてかけても
アイスクリームにかけても、タルトタタンの隠し味にしても
最高に美味しいお酒です。





一般的な酒屋さんでは なかなか手に入りにくいカルバドスですが
その中でもまた更に特別なフレンチコネクションで直輸入された
カルバドスも沢山用意されているようなので
今回のフランス祭でゲットしましょう!!





その他ちょっとかわいいシードル専用の
ボールカップなども販売するそうですが、数に限りがあるので
いいな~と思ったら、なるべく早くゲットすることをおすすめします!








とにかくメゾンドノルマンディーの商品は、少量限定輸入なので
数に限りがあります。
また後で~の時はもうなくなっていることもあるのでご了承ください。



メゾン・ド・ノルマンディー


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

==================================

そして
11) 増田煉瓦(株)

フランス型のパン窯の製造に乗り出したレンガ屋が
白煉瓦のフランスのメーカー、ファイヨルと提携して設立した
ファイヨル・ジャポンの白煉瓦窯で焼いたフランスパン

たかが窯と思ってはいけません。

増田煉瓦はこの10年で、日本中のピザがナポリピザになり
飛躍的に美味しくなったのは、増田煉瓦が本格的な煉瓦のピザ窯を開発
安価に普及させたこと・・・というのは業界では有名な話です。

そして今、パンも同じ現象がおこりつつあるのです。



フランスではパンの製造に対する法律があって
フランスパンには、日本のパンでは普通に入っている
油脂や砂糖、添加物などを入れてはいけないんです。
だからヨーロッパでは日本のパンはパンに分類できないと言うほど。





純粋に麦粉と塩、酵母と水だけで作らなくてはいけないので
この時、窯の力が大きく左右するわけです。





群馬日仏協会では例会としてパンを作る会を企画し
大人気だったので
そんな煉瓦窯の美味しさを多くの方に味わってもらえると思います。










増田煉瓦株式会社
住所:群馬県石倉町4-18-11
TEL:027-251-4185


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

===================================

次は高崎のロマージュ屋さん(チーズ屋さん)のご紹介です。

12) フロマージュリー・モンテ・ドラーゴ(Fromagerie Monte Dorago)





一般のフロマージュ好きの方はもちろんのこと
チーズをお店の看板にしているレストランなんかは
このモンテ・ドラーゴを知らないと勿体ない・・・・(笑)
色々なメニュー開発にも一役買ってくれるような店主ですから!





東京の港区愛宕に超有名なチーズ屋さん、フェルミエ
というお店があるんですが、元々はそのフェルミエのオーナーと
一緒にやっていたのが、モンテ・ドラーゴのオーナー、山本さんで
まあ兄弟のようなお店・・・ということでしょうか.




このクロタン(シェーブル)だって
なかなかこの辺ではいいものは手に入りません。





フロマージュは単にそのチーズの種類やブランドだけじゃなくて
そのチーズの熟成のさせ方が、そのお店の力量で
まさにモンテ・ドラーゴの腕の見せ所!
そんな最高のフロマージュを、再びリモートフランス祭で提供してくれます。





是非、この機会にどうぞ。
フロマージュはあまり得意じゃない、好きじゃないって方も
食べてみるとホント、フロマージュに対する認識が変わりますよ!!





このモンドール、購入するときっと食べ方も教えてくれると思いますが
私はこれをオーブンに入れてちょっと焼いて
トロトロになったモンドールをバゲットにまとわせて
ワインと一緒に食べたり、
ちょっと贅沢に、ハンバーグなどの肉料理にかけて食べるのも大好きです!
今からが食べ時のモンドールです!

フロマージェリー・モンテ・ドラーゴ Fromagerie Monte DORAGO
群馬県高崎市江木町1471-2
TEL 027-327-8665
営業:要確認 日曜営業
休業日:月曜日


➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年11月16日

293-3 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介

Bonjour~~!!


第9.5回リモートぐんまフランス祭2020の出展者Vol.2のご紹介です。

※購入方法、決済方法など、それぞれの店舗でウェブ対応の方法や手段が異なります。
 また商品へのご質問お問い合わせは、出展各店舗に直接お問い合わせください。


まず最初は
5) プリオホールディングス株式会社


そして、群馬日仏協会の副会長が運営する
結婚式場などを展開するお店から


結婚式場のヴィラ・デ・マリアージュやプリオパレス
東京の日比谷パレスやメゾン・プルミエール、エネコ東京などを運営する会社ですが








プリオは独自に菓子製造部門を持っていて、
フランスで活躍するフランス人パティシエの本格レシピで作られる
それぞれのお菓子は本当に美味しいです。

今回はイチジクや上質なショコラが練り込まれた焼き菓子や
小型のカヌレ








ほんのりとリキュールが利いた木の実がたっぷり入ったケーキ
上質のカカオが本当に美味しいかわいいショコラなど
是非お試しください。







プリオホールディングス株式会社
住所:プリオ・ホールディングス東京本社
    東京都中央区八重洲1丁目5-17八重洲ビルディング6F
    プリオ・ホールディングス経営本部
    群馬県太田市東新町354-3
電話:03-6202-4122 又は 0276-20-5200



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/


==================================


次は高崎の酒店をご紹介
6) (有)仲沢酒店です


ワインのみならず豊富に世界中から色々なお酒を仕入れ
揃えているお店として有名なお店です。





オーナーの仲沢さんは、(社)日本ソムリエ協会認定の
シニアワインアドバイザーで、
高崎ワインアカデミーを主宰するワインの先生でもあります。





だからフランス祭では特に、フランスワインを。
前日の11月19日[木]がボジョレー・ヌーヴォの解禁日
ということもあって、ボジョレー・ヌーヴォは勿論のこと
フランス全土の様々なワインやその他の国のワインも揃うお店です。





今回はちょっとオシャレに

先ずは:ラブレ・ロワ社のヌーボ。
ヴィーガン対応商品です。




近年、健康や環境問題への意識の高まりから、
世界的にヴィーガンの需要が増え、
日本でもとても広がりをみせているようです。

「青山フラワーマーケット」とのコラボレーションで
「花が滲み込むボージョレ・ヌーボー」をテーマに、
ちょっと華やかなデザインです。

その他、人気のドミニク・ローランのヌーヴォや、





パリの名門レストラン「タイユヴァン」がセレクトした
最上級のヌーヴォなど、コダワリの品々を揃えたそうです。




仲沢酒店
住   所:群馬県高崎市八千代町1-12-4 
T E L :027-323-1621 (9:00~18:00)
営業時間: 9:00~20:00(水曜定休)
U R L :https://www.nakasake.com/



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

===================================

次は
桐生のフレンチ菓子店

7) モンシェリー(Mon chéri)

桐生市で30数年前から本格的な洋菓子を提供してきた
有名店です。





2代目のパティシエ・卓也氏は、あのフランス菓子界の巨匠
ピエール・エルメ・パリ で腕を磨き、
同じくパリ5区の人気店「ラ パティスリー デ レーヴ」にて、
巨匠フィリップ・コンティチーニに師事した
若きオーナーシェフ パティシエなんです。





今回も腕を磨いた、ピエール・エルメの代名詞である
マカロンをメインに、フランス祭仕様の特別なマカロンも
販売するそうです。
昨年好評だったドリュフ入りのマカロンやバルサミコにはオリーブを加えたり、
ドンペリを使ったりと
今回はどんな特別なマカロンが提供されるか、本当に楽しみです。





いつも色々な人にいうのですが
”マカロン、食べたけどあんまり好きじゃない!”って話もよく聞きますが
でも本当のマカロンを是非食べてみてください。

世界中でなぜマカロンが人気なのかがわかりますよ!





勿論、マカロンばかりではなく
その他の本格的なフランス菓子も是非ご賞味くださいね!






■相生店〈本店〉

〒376-0011 群馬県桐生市相生町5-634
TEL:0277-52-2244
Mail:info@yogashi-moncheri.com

■堤店

〒376-0011 群馬県桐生市堤町2-245
TEL:0277-43-8308
Mail:info@yogashi-moncheri.com



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/


============================


次はワインバー&レストランの名店をご紹介

8) ル・ヴァン(Le Vin)


昨秋に前橋市内、広瀬川畔に建つマンションの1階に引っ越しをし
人気店のワインバー&ビストロとして再オープンしました。





3年前のフランス祭から、オリジナル商品として販売しはじめた
フランス・リヨン地方の郷土料理で、多くのフランス人が好きな
アンドウイエットを真空パックにして販売するそうです。








とってもおいしいホルモンの腸詰ですが
シンプルにフライパンで焼いて、
焼いた後のフライパンにマスタードとサワークリームか
生クリームを入れてソースをつくり
フライドポテトやジャガイモのグラタンと一緒に食べたり








シンプルにジャガイモとアンドウイエットの輪切りを
オーブン皿に並べて、牛乳を注いでオーブンで焼くだけで
本当に美味しいです。





アンドウイエットは数量限定のようですから
早目に購入してくださいね!


その他サラミなどのシャッキュトリーなども販売するようです。


ル・ヴァン(Le Vin)
371-0016 群馬県前橋市城東町1-1-1 シティテラス前橋広瀬川 1F
TEL.027-888-6600
営業時間:お問い合わせ
定休日:月曜日・第3火曜日



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/



  




Posted by フランスさん at 15:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年11月16日

293-2 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介

Bonjour~!


毎年必ずぐんまフランス祭に参加していたお店も
コロナ禍の影響で、大打撃を受けて
今回は参加したくても出来なかったり
様々な理由がありますがとても残念ですが
今回は毎年必ず出展するお店に加えて
今回のリモートから参加。というところもあるので
是非覗いてみてください。

群馬県庁で開催する時は、各お店の
ほんの一部しか紹介出来ないけど
リモートだと、色々な商品をゆっくり選べると思います。

ここでは、20日から始まるウェブマルシェ内の
商品の一部しか紹介出来ませんが
各店舗 今回のリモートの為に作った商品も
数多くあると思うので、じっくり選択するための
参考になればと思います。

さあ、お宝を順次ご紹介します。

※購入方法、決済方法など、それぞれの店舗でウェブ対応の方法や手段が異なります。
 また商品へのご質問お問い合わせは、出展各店舗に直接お問い合わせください。

 
==================================

まずは伊東屋珈琲合同会社

桐生2店舗と高崎で大人気の珈琲店です。
最近は高崎のイオンとかでも特設コーナーがあるそうですが
昨年創業20周年を迎え、
ますますカフェの魅力に磨きがかかっています。

某芸能人の方のブログでも群馬の名店カフェだと紹介されていたり
何かと話題となっているますが
昨年も書きましたが、伊東屋珈琲はただのコーヒー屋ではありません。

独自に生産地から直接コーヒー豆を買い付け
独自の大型焙煎器で、産地や豆ごとに
それぞれ焙煎した豆を、様々な入れ方で
コーヒーを提供してくれるこだわりの珈琲店です。





2号店は古いネクタイ工場をリノベーションして出来たちょっとおしゃれなカフェ
何とも言えないお洒落な店内で、意味もなくちょっとドキドキします。





今回はリモートぐんまフランス祭オリジナルフレンチブレンドや
ドリップバック、コーヒーバックで手軽に、
本格的なコーヒーが楽しめるそうです。





ドリップを楽しめる「カップオンタイプ」と、マグカップにつけるだけの
「カップインタイプ」があるそうです。
これギフトとかにもめっちゃいいです!





そしてこれいいな~・・・クラッシュドコーヒーゼリー
甜菜糖が入ってやさしい甘さが特徴だそうで 
そのまま食べるだけじゃなくて、
牛乳や豆乳と混ぜて飲むコーヒーゼリーにすると無茶苦茶美味し~!





またカフェ・オ・レのもと なるものも。
4倍またはお好みの濃さで牛乳と割るだけで
本格的なカフェ・オ・レができるそうですよ。





あとはコーヒーキャニスター
ちょっといい感じのコーヒー豆の保存に適したキャニスターって
意外と難し~い。
これならいいかも・・・ってところです。





伊東屋珈琲 本店
〒376-0011 群馬県桐生市相生町2-588-75
TEL:0277-53-5053
月曜定休
営業時間:11:00~18:00

Itoya coffee factory
〒376-0035 群馬県桐生市仲町3-15-20
TEL:0277-46-7878
木曜定休
営業時間:10:00~19:00

伊東屋珈琲 高崎店
〒370-0813 群馬県高崎市本町120
TEL:027-329-6247
水曜定休
営業時間:10:00~18:00



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/


==================================


次は
カフェ・ドローム(CAFÉ DRÔME)

世界遺産・富岡製糸場の前の通りにある雰囲気漂う落ち着いたカフェです。





それもそのはず
店名は富岡製糸場のフランス人技術指導者ポール・ブリュナの出身地
「ドローム県」から命名
建物は、富岡製糸場操業から3年後の
明治8年に建築された古民家を改装し、色々な調度品は
わざわざフランスから持ってきたカフェです。





若き美人オーナーが腕をふるう知る人ぞ知るカフェです。

今回はリモート出展になるので
お店自慢の2種類のハーブティー(アンフュージョン)を

一つ目はオリジナル和ハーブブレンドティー

世界遺産、富岡製糸場のある町で育った桑の葉をベースに
バランスよくブレンドしたハーブティーです。
ブレンドは桑の葉(富岡産)・シソの葉・ハイビスカス・ペパーミント・ステビア







もう一つは、オリジナルブレンドハーブティー(アンフュージョン)

ブレンドはルイボス・桑の葉(富岡産)・シナモン・ジンジャー・ネトル・カルダモン
糖吸収を和らげ、腸内環境を整える桑の葉(富岡産)が入っていて
健康と美には最適だそうですよ!

とにかく!美味しいし 飲んでるとホント 幸せな気分になるんです
飲み物を飲んで 幸せな気分になるって
経験ありますか~~?











カフェ・ドローム(CAFÉ DRÔME)
住   所: 〒370-2316 群馬県富岡市富岡51-4
Tel&Fax : 0274-67-1123
営業時間: 9:30 〜 17:00(L.O.)
定 休 日: 年末



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

==================================


次は本店は埼玉ですが、群馬の館林にも支店がある
酒屋さんをご紹介します。


酒のぎょうだ・館林店


ちょっとチャーミングな女性社長が切り盛りする
お酒全般、かなりのストックを所蔵する埼玉と群馬に2店舗構える酒屋さんです。

全国の名酒を取り扱う専門店で、
「無名であっても安くてうまい酒は全国に沢山あります」がお店のモットーだそうです。








もともとは日本酒が強い酒屋さんでしたが
フランス祭に参加する切っ掛けになったのも
フランス産のワインも最近かなり力を入れていて
ストックケースにはワインがびっしり!

女性店主の行田さんは兎に角情熱的で、様々なお酒の研究にとても熱心で、
近年では、王道のフランスワインや近年その評価がうなぎ登りの国産ワイン、
世界各国のワインにも力を入れて、販売普及に努めているようです

そして、毎回フランス直輸入の他ではなかなかお目にかからない
ボジョレー・ヌーヴォを提供してくれますが
今回は2種類
まずはボジョレーコンクールで3年連続金賞を獲得した
LOUIS TETE ルイ・テットの「Le Pot」

ワインをよくわかる専門家からの評価も
とても高いボジョレ・ヌーヴォだそうです。

ボジョレ・ヌーヴォ、あんまり美味しいと思ったことがない
って話も聞くけど、このヌーヴォはけっこういけますよ!



もう一つは、SO2(酸化防止剤)無添加の
「En Vie  アン・ヴィ」
自然本来の味を閉じ込めたヴァンナチュレルだそうです。





この二本の飲み比べセットも
リモートぐんまフランス祭 特別価格で提供して頂けますので
この機会に是非お試しあれ!

ボジョレ・ヌーヴォは生ワインなので
一般的には赤は室温で飲むのが美味しいんだけど
これはちょっと冷やして飲むと美味しいですよ。





(株)行田力松商店:酒のぎょうだ
374-0016 群馬県館林市松原2丁目10-22
Tel:0276-74-8250 
http://www.gyo-da.co.jp/



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/

===================================

次は桐生のお店をご紹介します。

■ スイーツ・バッカス

桐生の、明治時代は織物蔵だった場所に
アトリエと呼ぶ、ちょっとかわいらしいお店があります。





店主は元某有名美大卒、というもう異色のパティシエール





デザイナー出身の店主が様々なスイーツを作りだしていますが
いわゆる、ケーク・シュークレがメインのお店ですが
今回のフランス祭でも、特に典型的なフランス菓子というわけではなく
スイーツバッカス的フランス菓子を販売するようです。









そしてこの時期フランス東部のアルザス地方でよく食べられる
冬の保存的な有名なお菓子、シュトーレンや
フランスの素朴な焼き菓子なども








またフランス北東部ロレーヌ地方の名物キシュ・ロレーヌもお試し下さいね。





スイーツ・バッカス
住所:376-0006 群馬県桐生市新宿3-13-26
TEL:070-5010-7755
URL:https://www.facebook.com/sweetbacchus/



➡➡➡➡➡群馬日仏協会Websiteへ:http://www.fj-de-gunma.com/


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年11月15日

293-1 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020出展者のご紹介

Bonjour


さあいよいよこの季節!
今年のぐんまフランス祭は・・・リモート!!




つまりインターネット上でのウェブ開催です!
間違えて、群馬県庁に行く人がいるのではないかと
とっても心配です!

まあこのブログを見ているような人は
たぶん・・きっと・・そんなことはないのかとは思いますが
是非 お友達とか 知り合いの人とかで
”今ごろ 確か県庁で「フランス祭」ってやるころだよね~・・・”





なんて声が聞こえて来たら・
・・聞こえそうだったら・・・・
是非、今年は県庁じゃなくて 群馬日仏協会の
ウェブサイト(ホームページ)上で開催! って伝えてくださいね。

群馬日仏協会のWebsiteは:http://fj-de-gunma.com/

クリックしてページが出て来たら、
第9.5回リモートぐんまフランス祭2020 のバナーをクリックして
今回のフランス祭の専用ウェブサイトから、
各参加店舗のホームページに入って、それぞれのお買いものをして下さい。


群馬日仏協会Websaite をクリック

      ⇩

第9.5回リモートぐんまフランス祭2020 のバナーをクリック

      ⇩

参加店のWebsaite をクリック

      ⇩

各店舗でお買いもの&お会計(決済方法、商品配送方法は各店舗ごと異なります)

      ⇩

各店舗から配送または直接店舗での受け渡しとなります。
配送代金は各店舗によって異なります


商品それぞれのお問い合わせ等は、各店舗へ直接お願いします。
群馬日仏協会事務局は、今回は対応することが出来ません。






今回のリーモトぐんまフランス祭の出展店舗は以下の通りです。

飲食系: ●伊東屋珈琲合同会社
     ●カフェ・ドローム
     ●酒のぎょうだ・館林店
     ●スイーツ・バッカス
     ●(有)仲沢酒店
     ●プリオホールディングス(株)
     ●増田煉瓦(株)
     ●メゾン・ド・ノルマンディ
     ●(有)モンシェリー
     ●モンテ・ドラーゴ
     ●ル・ヴァン
     ●レストラン・オリヴィエ

物販系: ●Aile(エイル)
     ●(株)すいらん
     ●(株)バケーション
     ●ビヤンネートル
     ●フルール・アンジェリーナ
     ●ミルハウス
     ●ユノカ・ソープ




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年11月05日

292 第9.5回リーモトぐんまフランス祭2020

Bonjour a tous !


さあ、いよいよ毎年恒例の ぐんまフランス祭の時期ですが
やはり今年はコロナ禍 ということで
例年の会場である 群馬県庁での通常開催は難しいということで
今回はオンラインによる”ウェブマルシェ”
「リモートぐんまフランス祭」を開催します。









そして今回のこの試みが、朝日デジタルでも
取り上げられたので
ちょっとご紹介したいと思います。

有料記事なので全てアップすることは出来ませんが、
一部画像でご紹介。
完全記事にご興味のある方は、下記サイトからご購読下さい。





朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASNC23DN6NBXUTFK039.html


リモートぐんまフランス祭については
後日各出展店舗についても詳しくご紹介しますので
もうしばらくお持ちください。


  




Posted by フランスさん at 16:35Comments(0)ぐんまフランス祭り

2020年10月04日

291 「第12期通常総会及び昼食会」を開催しました

Bonjour a tous


久しぶりのブログ投稿になってしまいました。
11月には、今年はぐんまフランス祭は通常の県庁でのイベントは中止
でも、リモートぐんまフランス祭でオンライン祭を
11月20日[金]ー26日[木]まで一週間開催するので
是非その時は絶対訪ねて下さいね~!!

で今日は、先日開催した「第12期通常総会及び昼食会」について
ちょっとご紹介したいと思います。





今年も、群馬日仏協会の法人会員で、
群馬日仏協会副会長でもある松井研三氏の会社が運営する
伊勢崎プリオパレスで「第12期通常総会及び昼食会」を開催しました。

勿論このようなコロナ禍の時代なので、徹底した除菌に参加者の検温
手の除菌、マスクやソーシャルディスタンスを徹底して開催しました。








まずは通常総会。
事前に総会資料は会員の皆様にメールにてPDFデータを送信し
目を通して頂き、質問がある場合は事前に質問をいただき
当時は極力最小限の進行で開催しました。





そして最初は会長の植木康夫氏の挨拶で始まりましたが
フェースカード&マスク着用だったので
ちょっと誰なのか分かりづらかったかもしれません。

その後は準じ理事&評議員の新任、再任や議事の進行もスムーズで
通常の時間の半分以下で終了しました。






梅津専務の報告事項のあとは昼食で会場を換えて行いました。






そして昼食会の前に
副会長のデルマス氏(元日本ミシュランタイヤ会長&社長等)
にコロナ禍における最近の日本とフランスの動きや
10月末に赴任する新しい駐日フランス大使のこと
ミシュランシティ-ズネットワークにおける前橋市&群馬県と
フランスとの未来についてなど話をしていただきました。








その後は松井副会長の挨拶、顧問でありフランス祭実行委員長の天田氏の乾杯で
アルコールなしの昼食会








勿論フランス料理のコースですが、今回はノンアルコールなので
最初はノンアルコールのシャンパーニュ
そして白ワイン、赤ワインに見立てた、クスミティーのアイスティーが用意され
これはまたこれでちょっと素晴らしい~と、皆さんに評判でした。














今回のお料理もどれも本当にシンプルですが
とってもおいしい料理で、流石 プリオ というところです。











締めの挨拶には、協会副会長で、抜群の御話し上手の天野氏の
本当に素敵なお話で終了し、実に充実した総会&ランチ会になりました。








最後には出席頂いた会員の皆様には
特別にお土産として用意してもらった
特製のガトーをお持ち帰り頂きました。

今回は8人掛けのテーブルに4人で十分に間隔を空けて
贅沢にランチをしていただきましたが、十分な距離を取りながら
それでも静かな会話が飛び交い、とてもいいランチ会になったと思います。

開催に際し、色々な皆さんのご理解とご協力で開催できたこと
本当にありがたあいことです。


  




Posted by フランスさん at 18:50Comments(0)群馬日仏協会行事

2020年08月05日

290 8月例会:フランス刺繍を楽しむ会

Bonjour a toute, a tous

本当に久しぶりの投稿になります。

年初から始まった新型コロナウィルスの影響で
群馬日仏協会の例会他、様々な事業が中止になり
特に、毎年多くの会員の皆様に楽しみにして頂き
積極的に参加頂いているバスツアーも中止となりました。

感染予防対策から、飲食関係の例会開催が難しいということで
今回、久しぶりに8月例会として
「フランス刺繍を楽しむ会」を企画したところ
人数制限はあったものの、アッという間に定員を超えた応募があり
参加頂けなかった方には大変申し訳なかったのですが
大好評にて終了しました。





今回の講師は、群馬日仏協会の会員で
昨年のフランス祭にも出展頂いた
アトリエ リュバンの金古紀子さんです。

金古さんは、銀座アトリエブルーで刺繍の基礎を習得し
後、パリにある刺繍学校の名門、エコール・ルザージュにて学びました。

一昨年、本格的な活動を機に、アトリエ・リュバン:L'Atelier Ruban を設立
積極的に作品のオートクチュール刺繍を開始しています。





今回は、参加者が初めての経験ということもあり
オートクチュール刺繍のリュネビル刺繍、リボン刺繍、ニードル刺繍などの
さわりを学びながら
講師の金古さんが事前に用意して頂いたパーツを使って
ブローチを作ったようですが、
思った以上に繊細で、高度な技術が必要だったようで
時間内にすべてが終了せず、
未完成の作品は、金古さんが全て完成させて
受講者に提供してくれることになったようです。







それにしても見るからに繊細で
マドレーヌヴィオネ、スキアパレッリ、イヴ・サンローラン、
クリスチャン・ラクロワ、ルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、シャネルなど
多くの有名な国際クチュールがこの刺繍技術なくしては存在しないほどです。





あまり一般的に接することのないこのフランス・オートクチュール刺繍ですが
皆さん、色々な意味でため息交じりの
とってもステキな講習会になったようです。





ありがとうございました。

更にこのオートクチュール刺繍に興味を持って
習いたいという方や、バックなどの商品を購入したいなどの方は
直接、以下までお問い合わせ下さい。

アトリエ・リュバン:L’Atelier Ruban 金古紀子
E-mail: n.mei-mei111@nifty.com
  




Posted by フランスさん at 11:30Comments(0)群馬日仏協会行事

2020年05月05日

289 事務局休業延長のご案内~5/31迄

Bonjour a toutes, a tous


■休業期間:2020年5月7日[木]―5月31日[日]




既にご案内させて頂いた通り、

5/6日まで事務局休業のご案内をさせて頂いておりましたが

過日、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として
政府、及び群馬県知事からの緊急事態宣言の延長が示され
群馬日仏協会のイベントや会議等の自粛
及び、協会事務局も延長して休業することに致しました。


休業期日は、当面 
小中学校休校期間に準じて下記の日程で休業致しますので、
ご理解、ご協力をお願い致します。

尚、情勢によってこの休業期間に変更がでる場合もありますので
合わせてご了承ください。


(一社)群馬日仏協会 事務局
E-mail : info@fj-de-gunma.com  




Posted by フランスさん at 17:00Comments(0)その他の情報

2020年04月15日

288 【告知】事務局休業のご連絡

Bonjour


久しぶりの投稿ですが、

既にご承知の通り、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として
政府、及び群馬県知事からの要請もあり、
群馬日仏協会のイベントや会議等を自粛しておりましたが、
当面の間、事務局も休業することに致しました。

休業期日は、当面県から示された 小中学校休校期間に準じて
下記の日程で休業致しますので、ご理解、ご了承をお願い致します。
尚、情勢によってこの休業期間に変更がでる場合もありますので
合わせてご了承ください。





■休業期間:2020年4月16日[木]―5月6日[水]


(一社)群馬日仏協会 事務局



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2020年03月13日

287 子供の学校が閉鎖された場合の対処方法(フランス)

(フランスの場合)
コロナウイルス:子供の学校が閉鎖された場合の対処方法

コロナウイルスの危機により、420,000人のフランス人の子供が
すでに学校閉鎖の影響を受けています。
保護者は、仕事を休んでそれらを維持することができます。
True False Cellは、その仕組みを説明しています。





フランスでは、420,000人の子供が
学校閉鎖の影響をすでに受けていると、
3月12日木曜日にfranceinfoで国民教育大臣の
ジャン=ミッシェル ブランク氏が発表しました。

政府がすべての学校の「完全な閉鎖を検討したことはない」
と大臣が言った場合、
彼は閉鎖された学校のリストが「必然的に成長する」ことを認めました。
それでは、コロナウイルスのために
明日あなたの子供の学校が閉鎖されたらどうなるでしょうか?

雇用主に通知する

ウイルスのために子供の学校が閉鎖されることがわかった場合、
最初の重要なステップは雇用主に連絡することです。
彼はまずあなたとテレワークできるかどうかを調べます。
リモートワーキングソリューションが不可能な場合は、
健康保険による毎日の手当の例外的な補償で
仕事の中断から利益を得ることができます。

雇用主は社会保障に宣言書を送る

仕事の中断を選択した場合、
措置を講じるのはあなた次第ではなく、雇用主次第です。
必要な休職を伝えた後、
上司は社会保障ウェブサイト(https://declare.ameli.fr/)で
申告書に記入します。
その後、社会保障基金は、
補償の支払いを開始する前に必要な検証を実行します。

従来の病気休暇とは異なり、待機期間は課せられず、
停止は初日から補償されます。


尊重される条件

支払いを行う前に、社会保障は
あなたが特定の条件を満たすことを確認します。
あなたの子供は16歳未満でなければならず、
コロナウイルスのため閉鎖された施設のいずれかに
明らかに登録しなければなりません。
あなたが同時に仕事を休まない限り、
あなたは2人の親の間でこの仕事の中断を共有する権利があります。
たとえば、子供の学校が2週間休業している場合、
両親の1人が最初の週に仕事の停止を要求し、
もう1人の親が2週間目に要求を出すことがあります。

いずれの場合も、学校の閉鎖期間中は休業が認められます。

  




Posted by フランスさん at 17:35Comments(0)フランス情報

2020年03月13日

286 フランス全国の幼稚園、小中高大学を休校に

以下、Webmagazin:OVNIより引用


フランス全国の幼稚園、小中高大学を休校に。日曜の選挙は実施





フランスで確認されている新型コロナウイルスの感染者数は2876人、
死者61人(12日15時)。

マクロン大統領は3月12日夜のスピーチで、
来週月曜日3月16日から全国の幼稚園、保育園、小中高校、大学を、
状況の改善が見られるまで休校にすることを明らかにした。

障害者、高齢者、持病のある人、呼吸器系の疾患を持つ人など
感染しやすいと思われる人には外出しないよう、
そうでない人に対しても移動を控えることを促し、
企業は可能な限り社員を在宅勤務させ、
政府はコロナの影響で経営が困難になっている会社に対しては
例外的に部分的失業制度を設置。
自宅待機を余儀なくされる会社員にも措置をとるとした。





いっぽう、今週日曜日に全国で予定されている
市町村議会の議員選挙が実施されるにあたって、
イダルゴ・パリ市長は感染予防対策を発表。

パリ市内には900に近い投票所が設けられるが、
投票開始までに全投票所を消毒し、投票後も消毒を行う。

投票日は各所に消毒ジェルを置き、
内部の机は間隔をあけて設置、
IDや選挙登録証を係員が触らなくても確認できるように指示を出す、
投票用紙記入に使うペンは持参を呼びかけるが、
共用するものは使うごとに消毒する、など細かい具体案を示した。


OVNI
フランスをもっと楽しむ
le media franco-japonais

  




Posted by フランスさん at 15:00Comments(0)フランス情報

2020年03月12日

285 フロマージュを楽しむ会

Bonjour

久しぶりの投稿になります。

それにしても新型コロナウィルスの猛威は
世界中にあれよあれよと広まり、
フランスでも、リエステール文化相が感染したり
既に日本の感染者より多くなってしまいました。

日本はもちろんのこと、世界中で新型コロナの問題で
経済は かなり深刻な状況になってきましたが
皆さんの周りの状況はいかがでしょうか??

群馬日仏協会も3月例会がキャンセル他
様々な関係関連行事も軒並みキャンセルになっています。

いつになったら収束するのでしょうか・・・・??





さて、もう先月になってしまいましたが
まだ今のように様々なイベント中止になる前だったので
開催することが出来ましたが、
毎年この時期恒例の「フロマージュを楽しむ会」
第10回フロマージュセミナーを開催しましたので
少しだけご紹介したいとおもいます。

企画担当は今回も飲食部会副部会長の木暮小百合さんに御願いし
今回も講師は、群馬日仏協会の法人会員で
高崎・モンテドラーゴのオーナーの山本ご夫妻です。





場所はいつもの様に、群馬日産ビル内の
ハンドレッドクラブ内で開催しました。





そしてまずは協会会長の植木氏から一言





今回もそのフロマージュに合わせて
やはり群馬日仏協会会員の仲沢酒店さんに
フロマージュとのペアリングを考えて頂き
ヴァンムースーとワイン、ノンアルコール飲料を提供頂きました。

乾杯は、ブリュエット・プレステージ・ブリュット
ボルドーのヴァン・ムースーから。

今回のフロマージュはまずは、山本氏お勧めの
北海道紋別郡興部(おっこべ)の
知る人ぞ知る「チーズ工房 アドナイ」の絶品フロマージュから
頂きました。





ワインは、ラングドックの白、セリカ・ヴィオニエから
オーベルニュの赤、ピュイ・ド・ドーム
ボルドーの赤、ドメーヌ・ド・グランド・クーライを合わせました。

1)ミモレット・アドナイ
 セミハードタイプの柔らかくやさしい味わい。





2)TSUBASA
 ウォッシュタイプのフランスのマンステールをお手本にした
 アドナイのオリジナルです。マンステールよりだいぶ優しく
 食べやすい感じでした。
 TUBASAは娘さんの名前だそうです。





3)SAYURI
 白カビタイプのカマンベール系のフロマージュ。
 かなり食べやすくて、なめらかでミルクの味がしっかりする
 フロマージュでした。
 SAYURIもやはり次女の娘さんの名前だそうです。
 






4)カチョカバロ
 パスタフィラタイプの南イタリア産の
 人気定番フロマージュだそうです。
 その形は、洋梨型とひょうたん型があるそうです。
 くびれに紐をかけぶら下げて熟成するタイプだそうです。
 コクもありこちらもとても食べやすいフロマージュでした。





5)ラクレット
 そしていよいよ、今回もメインとなった、フランス産
 フランシュ・コンテ圏(北東フランス)のラクレット




 スイスで生まれたフロマージュということもあり
 一般的にスイス産のラクレットをよく観ますが
 今回はフランス産にこだわって・・・。








 今回はモンテドラーゴが特注で作ってもらったという
 ラクレットッマシーンも持ち込んでもらい
 マシーンで切り口を温め、焼き色をつけて
 じゃがいもやバゲットにトロ~リのせて食べる
 王道スタイルでいただきました。

 あまりの美味しさにたまらず何度もおかわりをしてしまいました。

6)ブルー・ド・ジェックス
 こちらもフランシュ・コンテ圏のブルーチーズです。
 コンテ産地のジュラ山脈で作られる約8Kgの大型サイズです。
 






 ロックフォールやゴルゴンゾーラなどよりずっと塩辛くなく
 食べやすい・・・。今回は貴重な巣蜜と一緒に
 デザート代わりに、甘口のソーテルヌワイン:シャトー・ヴィオレ・ラモット
 と共にいただきました。
 
ちなみにパンは、やはり日仏協会法人会員のクロフト・ベカリーの
バゲットを合わせました。





毎回けっこう人気のフロマージュを楽しむ会ですが
今回は新型コロナの影響もあり、
参加者もどうかと思いましたが、
直前の体調不良を考慮してキャンセルした1名を除き
全員が万全の体調で参加頂きました。





皆さん、大満足で帰宅されたことと思います。
 
また来年も予定ではこの時期に開催の予定ですので
お楽しみに!







  




Posted by フランスさん at 18:00Comments(0)群馬日仏協会行事

2020年02月02日

284 シャンデレール

Bonjour a tous

今年の冬は本当に暖かいですね~!

群馬の北部にはスキー場も多数あるのですが
先日沢山の雪も降ったようですが
それでも積雪が十分でなく、スキー場も本当に困っているようです。
この暖冬やコロナウイルスによる観光客不足で
経済的にもかなりの打撃のようです・・・。
いや~困ったものです。





ところで本日2月2日は、フランスは聖燭祭。
シャンデレールと言われる 日です。

Chandleur(ろうそく祭りは)ある宗教的な祭りで
キリスト系の協会のお祭り(儀式)の一つで
ろうそくはキリストに由来する光を象徴するらしいのですが

フランスではこの日にクレープを食べる習わしがあります。





また、シャンデレールの日は、
その日一年の運試しの日でもあるのだそうです。
左手に金貨を握り、右手にフライパンを持って、
もしクレープを見事うまくひっくり返せたら、
その年は幸運に恵まれる・・・と言われているのだそうですよ✨。





この日のクレープは、ちょうど日本で言う 節分の恵方巻 のような存在??
なのかも…
だそうです。
(在日フランス大使館SNSから)

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)フランス情報

2020年01月01日

283 Bonne Année 2020

謹賀新年









Meilleurs vœux pour une excellente année 2020




  




Posted by フランスさん at 00:00Comments(0)その他の情報

2019年12月24日

282 Joyeux Noël 2019

Joyeux Noël 2019








Priez pour la paix dans le monde
et pour le bonheur de tous !!



世界の平和とすべての方々の幸せを祈って



L'ASSCIATION FRANCO-JAPONAISE DE GUNMA




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2019年12月20日

281 12月ノエル例会

Bonjour a tous


もう2週間ほど前になってしまいましたが
とっても大好評だった、この時期恒例の12月例会
ノエル会について少しご紹介したいと思います。








ノエル、つまりクリスマスなのですが
この時期は普段、群馬日仏協会の会員として
参加、協力頂いている会員の方々への
感謝と慰労を兼ねた例会でもあります。

そして新規に群馬日仏協会の仲間になって頂ける方々に
入会して頂ける切っ掛けにして頂きたい
と思っている例会でもあります。






だからちょっと大盤振る舞い。
とってもリーズナブルな会費で
素敵な会場を提供頂き、ノエルならではの
フレンチのコースにシャンパーニュに厳選された
フランスワインの赤、白。





そして食事の前にはミニコンサート。
それもかなり実力があり活躍する若手から
著名なミュージシャンまで、これまで毎年お招きして
開催していますが、
今年も若きピアニスト、黒岩悠氏をお招きし
素晴らしい演奏に、大喝采でした。








ちなみに黒岩さんは、東京都三鷹市出身で
東京音楽大学附属高校では在学中特待奨学生。
その後渡欧しイタリアのイモラ国際ピアノアカデミーで研鑽をつみ
大垣音楽祭室内楽演奏会に出演し最優秀新人賞を受賞。
マルサラ国際コンクール、パドヴァ国際コンクールをはじめ、
優勝、入賞多数だそうです。
今では世界中で演奏活動を行っているそうで、
まさに特別なミニコンサートでおもてなしをいたしました!





そして、食事はプリオの群馬の総シェフ、小林さんがフランスの
比較的伝統的なお料理を考え、提供いただきました。

白レバーのムース・コルニッションとサラダを添えて





季節のかぼちゃのポタージュ、ヘーゼルナッツのアクセント





茄子とタレッジョのグラチネ





牛肉とフォアグラのパイ包み焼き、ポートワインのソース





ミニ・ブッシュ・ド・ノエル





シャンパーニュは ラ・ベル のエクストラブリュット
白ワインは、シャプティエ コート・デュ・ローヌ ブラン
赤ワインは     同         ルージュ
他様々なカクテル、Vitamont Bio オーガニックレモネード
その他ノンアルコール飲料など提供されました・





後半では、
ノエルといえば、カドー(プレゼント)
今年も、ぐんまフランス祭に出展した群馬日仏協会会員の
各店舗から様々な商品を提供頂き(感謝、感謝です!)
抽選でこのノエル会参加全員の方に
その商品をプレゼントさせて頂きました。





そのプレゼントのない内容も多岐にわたり
高級温泉旅館のペア宿泊券や食事券、焼きたてのパンにお菓子
ワインや様々な雑貨など、とっても素敵なものばかりでした。

皆さん是非、群馬日仏協会に入会さて
こんな素敵な例会に参加してみませんか?





会場:ヴィラ・デ・マリアージュ高崎
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)群馬日仏協会行事

2019年12月15日

280 パリのノエル2019

Bonjour

第9回ぐんまフランス祭2019が終わって、
その直後に開催した、群馬日仏協会の12月例会
ノエル会の様子の報告もまだしないうちに
アッという間に、12月も半ばになってしまいましたが
ノエル会の報告も、追ってアップするのでお楽しみに。

それにしても冬なのに、なんか冬にならないですね~・・・。

群馬はスキー大国でもあるのですが
なかなかまとまった雪が降らなくて
スキー場は困っているようですが・・・。

さて、今年もパリのキクちゃんから
随分前に、パリのノエルの様子を送ってきてくれたのですが
こちらもなかなかご紹介出来ずに・・・・。







というわけで、この先は
パリのキクちゃんからのパリのノエルリポートです。

========================

皆さんこんにちは。
パリのキクちゃんです。

パリはすっかり冬になりました。
楽しいノエルの季節です。




年に一度の大イベントですから、
パリの街もとても賑わっています。

クリスマスのイルミネーションもウィンドウもとても美しいです。

今年もまた、プランタンデパートのクリスマスウィンドウがはじまりました。
写真を撮ってきましたので、ご覧ください。






今年は、プランタンデパートのゆるきゃら、
「ローズちゃん」も登場して、ノエルを盛り上げます。

ゆるきゃらは、フランスでは非常にめずらしいです。








日本はどこでもゆるきゃらですが、
フランスでは、ゆるきゃらってあまり見かけませんから・・・。


毎年のことですが、
ウィンドウの前は観光客や
フランス人の子供を連れた家族でいっぱいです。








スリには十分に気を付けましょう。

パリの日本大使館からも、
このところ日本人のスリ被害者が増えているとメールをもらいました。

楽しい旅行も台無しになってしまいますからね。









では皆さん、楽しいノエルを!!

JOYEUX NOEL ET BONNE ANNEE!!!
  




Posted by フランスさん at 17:00Comments(0)フランス情報

2019年11月21日

279-8 第9回ぐんまフランス祭2019 出展紹介

9ème Fête française de Gunma 2018

2019年11月22日[金]・23日[土]・24日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Salut tout le monde !!


第9回ぐんまフランス祭2019に出展する、
県庁ホールの南エリアのブースの物販のお店をご紹介してきましたが
今日は、会場で開催する様々なイベントについてご紹介します。


■フレンチカフェ

によるストリートライブ&ミニLIVE





先ずはもう既にお馴染
フランス祭 といえばもう絶対欠かせないフレンチデュオのお二人
フレンチカフェ が会場にやってきます。

今回は22日[金]~24日[日]まで、毎日会場のどこかで演奏する音が
唄が聞こえます。
予定では、3日間それれぞれ一日3回ほど
ストリートライブを予定していますが、
会場の様子やその日の盛り上がりによって変わります。

それがフランス式の臨機応変なマルシェスタイルですので
お見知りおきくださいね。




フレンチカフェさんは、
古き良き名曲からフランスの演歌「シャンソン」などを演奏する
ご夫婦ではない、二人組ですが
お洒落で懐かしいアコーディオンの響きと
ギターの弾き語り、Piffero(ピッフェロ)と呼ばれる
縦笛の音色を交え、
ちょっぴりレトロ優しい、そして心が弾んでくる
フェレンチカフェの音楽をお楽しみください!

会場での演奏は全て無料でお届けします。





フレンチカフェの無料ミニコンサートスケジュール(予定)

22日[金] 午後公演 13:00~ 、 15:00~

23日[土] 午前公演 11:30~ 午後公演 13:30~


※ 座席の予約は承りません。また事前の場所取りはご遠慮ください。


===============================


そして次は、昨年からフランス祭に参加して頂く
古楽器による演奏会を行ってくれる


■ 近藤丈仁&ラマスカラッド 

です。

古楽器といってもあまりなじみがないかもしれませんが
チェンバロやリコーダーによる本格的な演奏会です。




チェンバロは群馬を代表するチェンバロ奏者、近藤丈仁さん
そして、リコーダーの演奏デュオ、ラマスカラッドの手島由香利さんと黒澤博子さんが
フランスバロック音楽の演奏をします。





昨年は群馬県庁2階のビジターセンターで開催しましたが、
今年は群馬県庁32階の展望ホールで開催なので
お間違えのないようにお願いします。

演奏会は、23日[土]と24日[日]の両日開催です。


演奏会入場は無料ですが、入場に際し
県民ホール1Fの群馬日仏協会事務局窓口で
入場チケットを入手してください。





バロック音楽の魅力をご堪能ください。





================================


次はフランス祭では今回で4回目の公演となる
ミュージカルショーをお届けする

■ ミュージカル劇団 A-ile

です。





フランスを舞台にしたミュージカル作品を中心に、
選りすぐりのミュージカルナンバーをお届けします!
A-ileは、群馬県を中心に活動している”社会人女性のみ”のミュージカル劇団。

“ミュージカルの素晴らしさを
多くの人に伝える”ための活動を行っているそうです。

A-ileだからこそできる、大人の魅力溢れる舞台、
洗練されたパフォーマンスをお届けしたいそうです。





今回の公演時間は無料ですが
24日[日]に2公演のみです。

第1回目:11:00~、 第2回目:13:00~ 
各講演約30分程度の講演になります。

場所は1階県民ホール南エリア特設会場で公演無料です。





ただ、公演時間の変更や都合で突然中止にになる場合もありますので
あらかじめご了解くださいね。





================================

続いては「似顔絵描き」

フランスのマルシェやフォアと言われるクラフト市に行くと
その片隅でよく見かけるのが似顔絵描きです。







日本では最近、デフォルメした
ちょっとグラフィック的な似顔絵が一般的ですが
フランスの似顔絵描きは、結構本格的な
写実の似顔絵描きです。

今年で9回目のフランス祭になりますが
これまで、例えば子供の成長の記録に
と、何年か毎に似顔絵を描いてもらいに来る
と言っていたお母さんがいたり





遠方から来たので、群馬の思い出の記念に
と描いてもらっていたり

いろいろな理由で似顔絵描きを体験されています。

ちょっとしばらくじっとしていなくてはいけないですが
なかなか出来ない体験なので
けっこう皆さん楽しんでいるようです。

今年も似顔絵を描いてくれるのは
某有名美大出身者と現役の美大生が
似顔絵描きを行いますので
是非体験してみてください。





ちなみに似顔絵描きは有料になりますので
ご了承ください。






===================================


そして今回は残念なお知らせ





いつも大道芸をおこなってくれる方々が
どうしてもスケジュールが合わない・・・ということで
今回は大道芸は中止になります。

大道芸を楽しみにしていた方々には残念なお知らせですが
次回はきっとスケジュールを早めに取っていただき
楽しい大道芸を見せていただけることを期待し
本当にゴメンナサイ!!


====================================






  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り

2019年11月20日

279-7 第9回ぐんまフランス祭2019 出展紹介

9ème Fête française de Gunma 2019

2019年11月22日[金]・23日[土]・24日[日] 
am10:00-pm6:00(最終日はpm5:00 迄)


Bonjour a tous


第9回ぐんまフランス祭2019へ出展するお店の紹介をしていますが、
今回は、1階・県民ホールの南エリア、物販のブースと
県民広場、県庁エントランス入口付近に展示する
フランス車ディーラーをご紹介します。

日本ではなかなかフランス車が普及しない珍しい国で
フランスに対するイメージは
どうしてもかつてのフランス車の
壊れやすい、メンテナンスが大変
日本車より高い
ディーラーがどこにあるのか分からない
日本車のように至れりつくせりじゃない
内装が豪華じゃない
などなど、一部のフランス車好きの方は
ちょっと変人??なんて言われたものですが

最近のフランス車は、随分と実際は違います。

とってもリーズナブルでお洒落で
日本車にはない独特な雰囲気と乗り心地を持っています。

そして何より すっごく価格を頑張っていて
とってもコスパがよくなりました。

車両価格も日本車とあまりかわらないかも・・・。

そんなわけか 随分と最近では群馬でも
フランス車を多く見かけるようになりました。


さて、それでは
まずは群馬日仏協会の副会長でもある群馬日産がディーラー


■ルノーKit-R高前

からご紹介です。





最近、ゴーンさんの一件である意味とってもルノーは有名になりましたが
それとは別に ルノーが人気なのは
おそらくルノーで一番売れているカングーという車だったりしましたが





最近はトゥインゴという小さな車がとっても売れているそうです。
本当におしゃれでかわいい!





日本車のかわいさとは ちょっと別次元のような気がします。
こんな車に乗っている女性はセンスいいんだろうな~・・・と思ってしまいます。


でもルノーはそんな可愛い、おしゃれ という車だけではないのです。

ルノーは数々のラリーやF1でも活躍するメーカーなので
走りには定評があるんです。





今回、どんな車が展示されるのかは分かりませんが
きっときびきび走るメガーヌとか???


そしてもしかしたら、最近発売された かつてのルノーの伝説の名車
アルピーヌの新型が展示されるかもしれません。





なかなかアルピーヌは間近で見れることはないので
もし展示されることになったら楽しみですね~・・!


そして県民ホール内ではルノーのグッズなどが販売されますので 
そちらも お忘れなく!






ルノーKit-R高前
〒370-0001 群馬県高崎市中尾町467
TEL:027-361-8882
URL:https://www.renault.jp/dealer/renault_kitrtakamae/
営業時間:10:00-18:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌火曜日)



=================================


そして次は
フランス車を群馬で扱う、老舗中の老舗のディーラー

■ハンユウオート

をご紹介。





ハンユウオートは外車専門のディーラーとしては
100年以上の歴史を持つ
日本でも有数の外車ディーラーなんです。

そんなハンユウオートが扱うフランス車は
プジョーとシトロエンですが

先ずはプジョーから

プジョー(Peugeot S.A.)は、実は世界最古の量産自動車メーカーなんです。
1974年に経営不振だったシトロエンを買収して傘下にして
今は企業グループ「グループPSA」になっていますが・・・。





日本ではフランス車!というと、たぶんプジョーが
一般的には一番有名なのかな??

他の国の車にはない、独特なフォルムと
ちょっと闘争的で、エネルギッシュな都会派的なイメージのある
そんなメーカーなのかな~・・・と。

今回、どんなプジョーを展示するのか
こちらも具体的には聞いていないけど

最近発売された プジョー508 とか





プジョー3008何かが並ぶのかな~・・・。


そしてもう一つの車は
シトロエン CITROEN





シトロエンは世界で初めて前輪駆動車を世に出したメーカーですが
実は今年はシトロエン生誕100周年





その独創的なコンセプトとデザインはかなりコアな
熱狂的なファンにささえられてきましたが

でもある一時期のシトロエンは独特のサスペンションシステム
雲の上をすべるように走るこのサスペンションにハマって
シトロエンの魅力から抜け出せなくなった人も多かったのですが、
このハイドロマチックの耐久性の問題からオイルが漏れだしたり
また、電気系統のトラブルが多発したり
以前はシトロエンに乗っていたけど、もうこりごり~・・・って人
けっこういます。





でも、最近のシトロエン車、全然日本車と耐久性かわらないですし
ハイドロマチックとはちょっと違うけど
シトロエンならではの柔らかく粘り強い足回りは健在で
最近の新車はメンテナンス料なんかも日本車とあまりかわらないかも。

そんなこともあったりするのか、
シトロエンの個性的でデザイン性に優れた
とっても実用的な性格もあって、
最近軒並み外車の販売台数が落ちている中
シトロエンはかなり販売台数を伸ばしているようです。

最近、群馬でもホントよく見かけるようになりましたからね~・・・・。


今回はシトロエンは何が展示されるのかな~。

最近人気のシトロエンC3エアクロスとか





C5エアクロスとか展示されるのかな~・・・。

楽しみです!


ハンユウオート
本社:〒373-0041 群馬県太田市別所町528
TEL:0276-32-0978
前橋:〒379-2147群馬県前橋市亀里町378
TEL:027(289)0931
URL:http://www.hanyuu.co.jp/
営業時間:火~日曜日 9:00-19:00
定休日:月曜日



================================







  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)ぐんまフランス祭り