フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2016年08月30日

229-1 Le Cornichon×伊勢崎プリオパレス

Bonjour a tous

今夏は異常なほど台風が沢山やってきますね~・・・。
ここ群馬は日常的に本当に災害がない県で、
台風も来ても意外に直撃しないのですが、
今回は、いつもよりはるかに台風の影響を受けているみたいです。
今が収穫期の農家は雨があまりにも多くて、随分深刻みたいです。


さて、先日 群馬日仏協会の副会長を務めるプリオコーポレーションが
群馬県伊勢崎市の伊勢崎プリオパレスと東京日比谷の日比谷パレスで
フランスパリのレストラン「ル・コルニッション」とのコラボイベントがあり
それに参加してきました。





ル・コルニッションは2013年に
あのミシュランガイドと並ぶ有名なグルメ本
パリビストロガイド:ルベイで最優秀ビストロに選出されたのですが
そのル・コルニッションの若きシェフ、マチュー氏の奥様のお父様が
群馬日仏協会の法人会員ということもご縁で
今回のコラボレーション企画のご縁になったわけです。



左がマチュー氏


で、私ヴァンソンは今回は伊勢崎プリオパレスの方に参加したので
そちらの様子をご紹介します。





しかしながら、うかりしてマチューを写真に収めなかったり
全体の様子を記録しなかったりで、
少々分かりずらい内容になってしまうかもしれませんが
悪しからず(苦笑)




先ずは、テーブルセッティングから・・・。
特にマチューのセッティングというわけではなくプリオ側の都合だと思いますが
実際はル・コルニッションはもっとカジュアルテイストになります。





今回の企画には色々な方の思いが含まれているようで
テーブル上の野草もそのお一人が、わざわざこの食事会のために
摘みに行かれたそうですが、
その姿が、まるでパリに渡り世界的に有名な版画家
長谷川潔のモノクロの作品のようで、なかなか美しかったです。





今回の企画は「 Le CornichonX伊勢崎プリオパレス 特別ディナー」
伊勢崎市「農&食」戦略会議の農家さんのお野菜とのコラボレーション
ということで

まずはアペリティフから

黄金桃(黄桃 見城農園)
ソッカ(ヒヨコ豆を使った二―スの郷土料理)
Socca croustillante
鰯のコンフィ
Sardinettes confites artisanales
海藻のタルタル
Tartare de laitue de mer





バタバタと到着して、少々無造作に食べてしまったので
ちゃんとしたコメントはできないのでけど
ソッカ、もっと食べたかった~・・・。
ソッカは二―スやアンチーブの朝市でもその場で作って
売られている食べ物。
群馬だったら、おやき とか 焼きまんじゅう的な食べ物。
ヒヨコ豆の素朴な美味しさを味わう食べ物で、
市場に行くとついつい買って食べてしまうんです(笑)
このソッカがアペリティフで出てくるとは・・・。

そして鰯のコンフィは何かもう少し違った食べ方があっんじゃないかな~・・・と。
ちょっと僕の知っているパリのマチューとは少々違う感じが・・・。


次回は、そのコース料理をご紹介します。
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報

2016年05月14日

226-9 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Salut, tout le monde!


明日に開催する「春のとみおかフランス祭㋐群馬」に
出展するお店のご紹介を毎日してきましたが、
最終回になります。


まず最初は
桐生の「桐生さくらや」
毎年、ぐんまフランス祭に参加している
会場をぱ~っと明るくしてくれる金子社長のお陰で
いつもニコニコ楽しいフランス祭になっています!(笑)





世界に誇る松井ニットの製品や
フランス製のショールや作家物のシルク製品などを扱う
毎回大人気のお店です。





今回は季節が暖かい時期なのでわかりませんが、
11月のフランス祭ではいつも間にか、桐生さくらやさんで購入した
カラフルな松井ニットのマフラーをしながら
会場をふらふらする人が、どんどん増えていく・・という現象が観られるほど
大人気なんです。

今回はさすがにマフラーはしないでしょうが
夏を通り越して、次の冬に使うためにっていうのも
いいかもしれません。





桐生さくらや
〒376-0031桐生市本町5-58
TEL 0277-43-5111
URL http://www.kiryu-walker.net/contents/sakuraya.html



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □


そして、高崎と軽井沢で営業するAile(エイル)





フランス製のアーティスティックフラワーアレンジメントや
フランス製の石鹸やコスメ、アンティークな装飾品やリネンなど
見ている女性の目から星がキラキラと飛び出していくような
そんな素敵な商品を沢山扱うショップです。







エイルの女性オーナーの豊田さんも十数年パリにいた人なので
フランスのいいところをつまみ食い(笑)みたいな
ピンポイントの素敵な商品を多数扱っています。





実際のお店もとても素敵ですよ!





Aile エイル高崎
370-0861群馬県高崎市八千代町2-2-15
Portable: 080-6817-0692
Aile エイル軽井沢
389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢-707 Mon Chouchou内
e-mail: aile_takasaki@yahoo.co.jp
Website: http://aile.digi2.jp



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


次はさくらアロマテラピースクール
こちらも今回のとみおかフランス祭で初出店になります。





元々アロマテラピー(aromathérapie)はフランスで形成された
医学療法の一つなんですね。
ヴァンソンがいた南仏には、このエッセンシャルオイルを作っている村が
沢山あって、
実際、友人も医療用エッセンシャルオイルを作ったりするので・・・。
フランス~って感じですよね。





で富岡にもスクールがあるアロマテラピースクールですが、
今回はアロマテラピースクールでも使用している
エッセンシャルオイルや石鹸、ドライハーブ
フローラルウォーター、フランス産の塩などを販売する予定です。

会場では、リラクゼーション体験コーナーとかあるのかな~???





さくらアロマテラピースクール 高崎校
〒370-0073 群馬県高崎市緑町2-2-3 石井アーキテクトパートナーズ1F
Tel/Fax 027-365-3016

さくらアロマテラピースクール 伊勢崎校
〒372-0006 群馬県伊勢崎市太田町512-1
Tel/Fax 0270-75-5608



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


次は富岡市国際交流協会です。

こちらは、ベトナムのストリートチルドレンの支援をしていて
その支援の一環として今回、フランスのデザイナーに
デザインバックをデザインしてもらい
それを販売するそうです。

画像は間に合わなかったので、明日会場で観てください!

富岡市国際交流協会
〒370-2316 群馬県富岡市富岡1460-1
(富岡市役所北庁舎3階)
TEL:0274-62-1511(内線1463)
FAX:0274-62-8232



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


次も初出展になります、ビヤンネートルです。





こちらも東京から初出店でJ'aime+(ジェムプリュス)という
ネットショップを普段は運営している会社です。





フランスのボンヌフォア クレアシオンの工房の商品
フランス有数の商業都市リヨンの西に位置するLes Villettesという自然豊かな村の中にある
1940年創業の工房です。



そして、パリの中心部からメトロ1番線で東方向に向かった
Saint Mandeにアトリエがあるベティーガブリエルさんのアクセサリー
パリのマレ地区のお店でした販売していない素敵なアクセサリーを
販売します。


株式会社ビヤンネートル J’aime+(ジェムプリュ)
〒155-0033 東京都世田谷区代田4-2-22
tel 080-9436-7755
URL:http://jaimeplus.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


次は株式会社すいらん
私、ヴァンソンの会社です。

普段は画廊や美術系予備校やカルチャースクール
&学校教材の会社ですが
このフランス祭の時だけ、籠バック屋になります。







このフランス祭をはじめて数年、マルシェにはどうしても欠かせない
南仏のパニエ(籠バック)がないのがどうも不自然で
籠バックを扱っているお店がないものかと探したのですが
結局見つからず、日本はこのパニエを
専門に扱っているところがないことがわかったので
昨年夏に思い切って、フランスに行って大量に仕入れたのですが
仕入れた籠約160が完売。






そんなわけでまたフランスから同じくらいの量を
このとみおかフランス祭の為に仕入れました。





今度は秋に販売したものに加えて、もう少しいろいろなバリエーションを
選んでいただけます。
昨年末同様、価格は南フランスの現地で販売する価格と
ほぼ同じ価格で特別販売します!
大人気の籠バックなので沢山の中から選びたい方はお早めに!




で、勿論いつものようにフランスのアーティストに特別に描いてもらった
素敵な水彩画やアクリル画も特別販売します!

株式会社すいらん
〒371-0801 群馬県前橋市文京町1-47-1
TEL:027-223-6311㈹
URL:http://www.suiran.com/


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


そして、ハンユウオート

群馬県のシトロエン、DS、プジョーの正規代理店です。







シトロエン前橋・プジョー前橋 ハンユウオート株式会社
〒379-2147群馬県前橋市亀里町378
TEL027-289-0951 FAX027-289-0912
http://www.hanyuu.co.jp/
営業時間9:00~19:00
休日毎週月曜日



今回はどんな新車が展示されるのか楽しみです。


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


そしてルノーKit-R高前(群馬日産)はルノーの正規代理店です。
こちらも最新のルノー車が展示されます。









ルノーKit-R高前(群馬日産)
〒370-0001 高崎市中尾町467
TEL 027-361-8882
FAX027-362-2545
http://www.renault.jp/dealer/renault_kitrtakamae/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


その他、似顔絵描きコーナーでは
普段より、ぐっと安価で似顔絵描きを体験していただけるよう特別価格で描いてくれるそうです。






沢入国際サーカス学校の大道芸
沢入国際サーカス学校は日本で唯一のサーカス学校
フランスには国立のサーカス学校もあるんです。
沢入の人達はUSJや国内外のイベントにも数多く出演する
とても人気のある人達が今回来てくれます!
投げ銭もありますので、よろしく~!





フレンチカフェは群馬で開催するフランス祭には欠かせない人達。
彼らの音楽はまさにフランスのマルシェを想起させてくれるようなウキウキしてしまう
素晴らしい音楽です。
男女のペアによるストリートミュージックなど
の場その時で、様々なステキな音楽を聴くことができますよ!(笑)





特に時間は決まっていないので、その時々の雰囲気をお楽しみください。

是非是非、上州富岡駅前広場で開催の「春のとみおかフランス祭㋐群馬」まで
是非ともお越しください!!  




2016年05月13日

226-8 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour


5月15日に開催する「春のとみおかフランス祭㋐群馬」に出展する
お店のご紹介を毎日しています。






今日からはいよいよ飲食以外の出店者のご紹介です。





まずは、いつも県庁で開催する「ぐんまフランス祭」に出展する
"Huite"(ユイットゥ)





赤と白のツートンカラーの愛車、シトロエン2CVと共に
いつも半ばフランス祭の広告塔のように
その場をフランスカラー一色にしてくれる個人店です。

フランスのマルシェに行くと、一見するとガラクタのような
魅力的なお宝がごろごろと並ぶブロカントは
見始めるときりもなく、ず~っと見続け、探してしまうような
フランスのブロカントがゴロゴロ。





是非是非、す~っと通りすぎず、じっくり立ち止まって
探してみてください。
きっとあなたのお宝がそこで見つかるかもです!(笑)

特に普段実店舗があるわけではありませんが
週末にはいろいろなところに出没しているようです。


La Maison de Brocante "Huite"


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    


今回の春のフランス祭で初出店のロックウェル


富岡市の隣、甘楽町でシルクスクリーンプリントを手掛ける
オリジナルプリントのTシャツやポロシャツとか
作業着やエプロンとか、様々なものにプリントする会社です。








そこが今回、Tシャツやエプロンやいろいろなものに
フランスにちなんだデザインをプリントして
限定のものを販売するそうです。





どんなデザインのものが出展されるのか
楽しみですね~!!





株式会社ロックウェル
〒370-2206群馬県 甘楽郡甘楽町 大字善慶寺880番地
TEL : 0274-67-7611
URL: http://rockwell2014.co.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は山猫白シャツ店

フランスのリネンを使った商品を、
青木りつ子さんがハンドメイドで1点1点 丁寧に制作する
知る人ぞ知るハンドメイドのお店です。





シャツに使用するのは、フランスから特別に取り寄せたフランスのリネン
美しい材質感や仕事のディテールが見事です。


その他、アルチザンによる装飾品など、いろいろ・・・。
とにかく「ぐんまフランス祭」でも大大人気。
早くいかないと売り切れちゃいますよ!
一度白ネコの魅力に取りつかれると
なかなか離れられなくなるようですよ~!(笑)





こちらもアトリエとしてあるだけで
実店舗があるわけではないので
ご連絡先などについては、直接出展ブースでご確認下さい。





山猫白シャツ店


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次はToshiko Dry Art
今回のとみおかフランス祭で始めての出店となります。





富岡でドライフラワーのレッスン教室やオーナーが作る
ドライフラワーによるブーケなどの注文製作などをを行う
インテリアフラワーアレンジメントのアトリエです。





フランスでは日常的に色々な花を飾る習慣があって
朝市に沢山の生花が並びますが、
実は生花だけではなく、場所によってはドライフラワーや
模造の花が沢山並んだりします。





南仏コートダジュールのニースなんかその本場?!
マルシェ以外にもそれ専門のお店があったりします。


Toshiko Dry Art
〒370-2453 群馬県富岡市
TEL/FAX.0274-64-0980
http://toshikodryart.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は伊勢崎市のギャラリーライム
ぐんまフランス祭に第一回から出展するお店でs。





私、ヴァンソンとも一緒にフランスに行ったこともある
フランス好きなマダム
既にご紹介した PETITE USINEの版画家、亀山氏も以前
ギャラリーライムで個展をしていたりしたギャラリーですが
女性オーナーの趣味??が嵩じて
フランス祭でフランスで直接仕入れてきた絵やアクセサリー
南仏のテーブルクロスなど、
面白いものがいっぱい並ぶので、おおくのマダム達でとてもにぎやかです。





さてさて、今回はどんなお宝を出展するのでしょうか~??(笑)





ギャラリーライム
群馬県伊勢崎市東本町15-2
TEL:0270-23-6124
URL:http://www.lime.typepad.jp/
営業時間:11:00~17:00
定休日:水曜日



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次はミルハウス
こちらも3年前からぐんまフランス祭に毎年出展する会社です。
高崎でアクセサリーの輸入卸しをしていて
世界中のアクセサリーを扱っているそうですが
フランス祭の時は勿論、フランスのアクセサリーのみを展示
その場で小売をします。



フランスのアクセサリーというと
ブランド品の超高級アクセサリーを思い浮かべてしまいますが
日常的には、マルシェなどに行くと
意外とお手頃価格のアクセサリーが沢山売られていて
みんなそんなアクセサリーを
気軽に身につけているものです。




そんなお手軽アクセサリーを中心に販売する予定です。

こちらも時間をかけてじっくり選んでみると
自分にぴったりの・・・または大切な人にプレゼントできる
そんなアクセサリーが見つけられるかもです!!

輸入アクセサリー ミルハウス
〒370-0074 群馬県高崎市下小鳥町298-4
TEL:027-363-7579
URL:http://www.acc-millhouse.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は富岡市のシルクブランド協議会です

富岡市が積極的に生産、開発するシルク製品
シルクストール、ポケットチーフ、シルクネクタイを販売するそうです。





富岡製の高品質のシルクを使った製品で
かつて、フランスのリヨンでは富岡製糸場で作られた絹糸は
世界最高峰の品質とみとめられた
高級シルクだったんです。
そんなシルクを通した、フランスと富岡の関係もPRするそうです。





富岡シルクブランド協議会
〒370-2316 群馬県富岡市富岡1-1
TEL:0274-64-0005


  




2016年05月12日

226-7 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour a tous


15日[日]に、上州富岡駅前広場で開催する
「春のとみおかフランス祭㋐群馬」に出店するお店を毎日更新、ご紹介しています。





このフランス祭の飲食関係をまとめている
桐生のパティスリー・ミヤケをご紹介します。
群馬日仏協会の役員・常務理事でもある三宅氏のお店






日本のフランス菓子店といわれるケーキ屋さんは
意外とスポンジケーキ系や生クリームがたっぷりの
ケーキを販売しているところが多いですが
フランスではショートケーキや生クリームがそのまま乗っているケーキは
殆ど見ることがないんです。





でスポンジも殆ど見ることがなくタルト系の方が一般的なんですが
そのタルト生地を使った、フルーツタルトで有名になったお店です。

もちろん、フルーツタルトだけではなく
もっと色々本格的なお菓子(すいません、スイーツと呼ぶのにいささか抵抗があるので・・・)
がいっぱい並び、
秋のフランス祭でも最も人気のある出展店でもあります。





実際の店内ではいつもフランスのラジオが流れ
店の外にはシロトエン2CVが展示され、
フランス好きのムッシュの趣向が店全体に溢れていて
全国的にその世界の人達にはとても有名な人です!(笑)
今は一緒に仕事はしていませんが、
息子さんも長期フランス留学していましたし・・・。





パティスリーMIYAKE(ミヤケ)
〒376-0014 桐生市広沢町間ノ島393-6 
TEL.0277-52-5852
定休日:火、営業時間:AM10:00-PM7:00)
http://www.miyakenet.com/top.html



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は鳥山畜産&増田煉瓦
「ぐんまフランス祭」にも最初のころには出展していたのですが
群馬県庁ではけっこう制限があってなかなかこの二つの会社の特徴を出しづらく
県庁でのフランス祭には最近出展していなかったのですが今回は
屋外ということもあり、フル稼働~~!

鳥山畜産は、全国的に有名な赤城牛ブランドを持つ牛の生産をする会社
最近は、ヨーロッパやアジア圏にもブランド牛として輸出する
群馬を代表する牛肉です。
また、赤身の美味しい牛肉は特に赤身肉を好むフレンチのシェフに
とても人気のあるお肉です。





増田煉瓦は、元々は明治以降日本中の煉瓦を沢山生産していた
日本を代表する煉瓦メーカーだったのですが
今は、ピザ窯やパン窯の生産では日本を代表するメーカー!

近年、多くのイタリアンレストランで美味しいピッツアが提供されるようになったのも
増田煉瓦の功績はかなり大きいのでは(笑)
今では中国、韓国、シンガポールなどなど近隣諸国にも多く煉瓦窯を提供する
日本のパイオニア的会社ですが





この増田煉瓦が自社のパン窯を開発する課程で出来るようになった
フランスパンと増田煉瓦が開発するロースターを使って
ローストビーフをその場でグリルして
焼きたてのパンと共に提供するそうです!





こちらも行列必死の仮想店舗(普段は実店舗はありません)ですので
気を付けて並んでください。


増田煉瓦株式会社
http://www.masudarenga.co.jp/
鳥山畜産食品株式会社
http://akagigyu.ib.shopserve.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は桐生の人気パン屋、THE BAKERY
ぐんまフランス祭でも人気のパン屋さん。
日々進化を続ける若きパン職人オーナーが作るパンは
大人気。



ちょっと場所を知らないとなかなか行けないような場所に
足しげく通う人達が集う本格派のパン屋さんです。





今回も王道のバゲットからパン・オ・ルヴァンから
色々な食べたことのないような美味しいフランスのパンを
いろいろ提供してくれると思います。





パン以外にも、パンに合う色々なフランス製のビン詰めや
缶詰なども提供してくれると思います。






ザ ベーカリー (THE BAKERY)
群馬県桐生市相生町3-591-2
TEL 0277-46-9030
営業時間:7:00~18:00
定休日:日曜・月曜
Facebook: https://www.facebook.com/pages/The-Bakery/417912811627698



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


そして、飲食関係では最後のご紹介
太田のコンヴィヴィアリテ・イチノセ
今回のフランス祭からの初出店です。





オナーシェフは、東京の有名フレンチシェフ、
アンドレ・パッションのフレンチレストランで長年修業したり
本場フランスでも修業をした本格派のシェフですが





普段はパートナーの奥様と小人数のお客様の為の
フレンチレストランを切り盛りしているため
なかなか出店できなかったそうですが、
今回は会期が一日ということもあって出展を決めたそう(笑)
ラッキーです!





今回は、イチノセさんの師匠、アンドレ・パッション氏の十八番 
フランス人のソウルフード、カスレを中心に
リエットや鳥肉のコンフィーなどなど
お酒のつまみにピッタリの料理を多数提供してくれる予定だそうです。

飲み物も南仏のサングリア(スペインではなく)や
夕方の飲み会から美味しく頂けそうな
ヴァン・ショーなど飲み物もフランスらしい物を用意してくれそうです。





Convivialite ICHINOSE (コンヴィヴィアリテ イチノセ)
群馬県太田市只上町1321-1
tel : 0276-49-5784
http://www.convivialite-ichinose.com/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 





美味しいものが色々たくさん出ます。

上州富岡駅前は仮想・オープンカフェにするので
定期的に行われる、ミニコンサートや
大道芸を見ながら、オープンカフェに座って、飲んで食べて
富岡の空気をいっぱいすって、楽しんで下さい。

夕方からは、友達を誘って・・・、職場の仲間と一緒に・・・、女子会を設営して・・・?
オープンカフェがオープンバーになって・・・
折角の機会なので、しばしフレンチなおしゃれな飲み会などを
企画してみるのもいいのではないでしょうか?


次は、飲食以外の出展業者をご紹介します。  




2016年05月11日

226-6 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour~~

春のとみおかフランス祭㋐群馬に出店するお店を毎日更新してご紹介をしています。


高崎で、まだ世の中がガレット・ブルトンヌを殆ど知らなかったころから
ガレットをメインに営業を続けている
カフェ・カパーブル Café Capable
直訳するとフランス語で“有能なカフェ” 
とか“出来るカフェ”ってところでしょうか。

こちらも「ぐんまフランス祭」に毎年出店する常連さん。





世の中のガレットがまだガレットとクレープの違いもよく分からなかったこと
(今でもけっこう違いを知らないかも・・・)
殆どの人のイメージは、原宿クレープ
これは日本人が生み出した和製デザートクレープなわけで、
本家フランスに行っても、日本のクレープのような
クレープはどこにもなかった・・・・のですが、
最近、ちょっと和製クレープのようなクレープも
フランスで見るようになったので、面白いですね~!(笑)





カフェ・カパーブルも以前からずっと、そば粉のパリパリのガレット
パリパリ・・・というのが なかなか ないのです。

今回のフランス祭ではこちらも、最近一般的になったスタンダードなガレット・ブルトンヌではなく
オーナーシェフこだわりのシェフのガレットを提供するそうです。





その他にも、ガレットの本場、ブルターニュ地方から取り寄せた
色々な食材他提供するそうなのでお楽しみに。





カフェ・カパーブル
群馬県高崎市下小鳥町92-4
営業時間 11:00~23:00 - 定休日 月曜日、第3日曜日
URL;http://cafe-capable.com/


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は今回、東京から初出展のフランコジャポネのカップルの
Alerion アレリオン
普段お店とか構えて営業しているわけでは今のところありませんが
フランス、特にロレーヌ地方の食材を直輸入しているそうです。







今回はロレーヌ地方(珍し~い!)のコンフィチュール
特にミラベルのコンフィチュール(ジャム)は
日本では殆ど見たことがないです。







そしてロレーヌ地方のミラベルの飴
こちらも見たことない珍し~~~い飴です。







さらにロレーヌ地方のクランチチョコ

流石、フランコジャポネなカップルが出店するだけの
内容があります!(笑)

まだまだ隠し玉がありそうなので
ちょっと覗いてみて下さいね!
何か特別のいいものが裏の方から出てくるかもしれません(笑)


Alerion アレリオン

□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次も、フランコジャポネなカップが出店するお店
館林から出展のPETITE USINE プチットゥージンヌ
ちょっと気難しいご夫婦ですが、毎年「ぐんまフランス祭」に出店するお店では
大人気店の一つ。





ご主人は本来は版画家、フランス人の奥さんがグラフィックデザイナーですが
彼女の作るキッシュやタルトが美味しいと評判になり
今では、自営の絵画アトリエと併設して、お店まで作ってしまったほどです。





毎年、ぐんまフランス祭の会場でも大行列。
30分~45分くらいいつも並んで知る人もいます。
もう固定ファンがいるんですね。





「フランスの家庭の味」にこだわるPETITE USINEのお菓子や
キッシュのような塩味タルトを販売しています。
で、今回はキッシュや塩味タルトを主力に販売する予定ですが
既にできる量の限界があるので、
こちらも売り切れゴメンになるかな~・・・。





PETITE USINE(プチットゥージンヌ)
374−0066群馬県館林市大街道 1—4—7
TEL Tel0276−72−4166
URL:http://petiteusine2.blogspot.jp/
E-mail:petiteusine@hotmail.co.jp


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は前橋のフランス菓子のラルジュール
オーナーパティシエはフランスにもパティシエ修業に行った
本格派のケーキ屋さんです。
昨年から「ぐんまフランス祭」に出店。





今回はどんなものを販売するのか
事前に公表してくれないのでどんなものが販売されるのかは
当日のお楽しみ~・・になってしまうのですが
去年の秋のぐんまフランス祭では
パリブレストとか





タルトフランなんかを販売してもらいました。





今回は何を作って販売してくれるのか、お楽しみに~!!






Patisserie Rarejour (パティスリー・ラルジュール
群馬県前橋市小相木町554-1
TEL 027-289-9375
営業時間:10:00~20:00(L.O.19:00)
       日曜営業 
定休日:水曜


□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 




  




2016年05月10日

226-5 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour~~!!


15日に開催する「春のとみおかフランス祭㋐群馬」に出店する
お店を 毎日ご紹介をしています。






次は、プリオコーポレーション
「ぐんまフランス祭」に出店する基幹店

プリオコーポレーションは結婚式場中心に展開する会社ですが、
独自にレストラン部門や製菓・チョコレート製造部門
様々な販売部門を持つ会社ですが、
群馬日仏協会の副会長を務める法人でもあり、





毎年、ぐんまフランス祭でもBENTOや様々な雑貨などでも
人気のあるブースです。





今回は、南仏のマルシェをイメージして
南仏のサンドイッチ、バンバニャを本場のレシピで販売します。





また、とあるパリのおしゃれなカフェバーで提供される
今のパリを象徴するような、新しい健康的でおしゃれな
鳥の胸肉と野菜のサンドイッチを
提供して頂けます。





パンは既にご紹介した絶品パンのクロフトベーカリーで
このサンドイッチのために特別に粉の配合から焼き加減まで試作を重ねて作った
特注のパンで提供されます。

その他、国内ではプリオを中心に提供される
シャンパーニュや





意外と知られていないけど、フランス人の消費量が多い
ビールやビールカクテル、パナシェやモナコなんかも
提供されます。





最高にお洒落な食事が出来ますよ~!


プリオ・コーポレーション東京本社
東京都中央区八重洲1丁目5-17八重洲ビルディング6F
TEL 03-6202-4122(大代)
URL http://www.prior.co.jp/



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は今回初出店の富岡市が作った民間会社、まちづくり富岡





今回はとみおかフランス祭から本格的に販売を開始する
まちづくり富岡が販売するオリジナル土産のお菓子2種を中心に
販売をする予定です。

先ずは、すでに富岡製糸場内の売店で
毎日限定20箱しか販売しないフランスのお菓子
「ギモーブ・オ・ショコラ」






いわゆるチョコレートのマシュマロですが、
今回、フランスのある巨匠のレシピで制作した本格的なギモーブで
フランス菓子の高級店で販売してもおかしくないくらいのクオリティーの
ギモーブです。
いつもは20箱ですが、フランス祭では100箱限定で販売するそうです。
実は製造は、プリオコーポレーションなので
かなりのクオリティですよ!





そしてもう一つは、とみおかマカロン
こちらも、富岡製糸場とお富ちゃん家のみで販売する
オリジナルマカロンで、
桑の葉粉の入った薄緑色のマカロンと
シルクパウター入りのプレーンなマカロンがセットのお土産パッケージです。





こちらも同様にフランスの本場のレシピに忠実に作った
マカロンで、これも高級フランス菓子の専門店で売られていても
おかしくないくらいのマカロンがお手頃価格で販売されます。
マカロンって意外とレベルに差があるお菓子で
一度おいしくないマカロンを食べてしまうと、
そんなに美味しいと思わない って人意外に多いんです。
でもこのマカロン、超高級なマカロンは別格ですが
それ以外の普通にその辺で売ってるマカロンより断然おいしいと思いますよ(笑)

こちらもこの時だけ100箱限定なので、
こちらもあっという間に売り切れてしまうかもしれません。


まちなか観光物産館・お富ちゃん家
群馬県富岡市富岡1151
TEL:0274-62-6001
物産展示販売 所:10時~16時30分



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次はランス テクノクラフト





ここは、前回も前々回も県庁で開催した「ぐんまフランス祭」で
大行列、大人気のお店。
フランスから直輸入したクロワッサンやパン・オ・ショコラ
バゲットなどをその場でオーブンで焼いて提供する
普段はお店への卸売りかネット販売しかしなお店なのですが
責任者の藤田さんを
口説きに口説いて出展してもらうお店です。





フランスに行かれて、現地でクロワッサンや
パン・オ・ショコラを食べたことのある方はすぐ分かると思いますが
フランスのホテルの朝食や多くのカフェで提供される
フランス・ブリドール社の本物クロワッサンを
第2次醗酵前の冷凍生地を直輸入して解凍、二次醗酵させて
オーブンで焼いて、その焼きたてを提供してくれるのですから
もうそれ以上のフランスはなかなかないんです。





普段はまったく食べられないものですから
是非味わってみてください。
今まで食べていたクロワッサンとの違いがよく分かります。





あまりの美味しさに、ランスのネット販売を使って
購入して、ここのクロワッサンにハマってしまった人が沢山います(笑)


テクノクラフト LANCE (ランス)
370-3518 群馬県高崎市後疋間町139-1
TEL.027-384-4831
URL: http://lance-pain.com/
E-mail: info@lance-pain.com



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次はカフェ・ドローム
富岡製糸場の前の通りにある
とってもおしゃれな人気のカフェです。
今回の富岡での開催に際し、初出店になります。





いたるところにオーナーの清水さんのこだわりがみえる
いつも沢山のお客さんで満員のお店です。





カフェ・ドロームは今回は2種類のクロック・ムッシュ
パンは本場のクロック・ムッシュの為に
フランス産の小麦を使用したパン・ドゥ・ミ(食パン)を特注して
本場のレシピで作るそうです。





先ずは一般的なプレーンなクロック・ムッシュ
ベシャメルソースがたっぷりで濃厚でいて
シンプルな美味しさです。





そしてもう一つは、ほうれん草が入った、
ほうれん草のクロック・ムッシュ
これは僕も大好きなクロック・ムッシュで
日本ではあまりみかけることがないクロック・ムッシュなので
是非味わってみたいですね。





その他にはポンプルムース(グレープフルーツ)のフレッシュジュースや
オレンジジュールを提供する予定だそうです。


是非味わってみてくださいね。


カフェ・ドローム CAFE DROME
〒370-2300 群馬県富岡市富岡51-4
TEL 0274-67-1123
URL http://www.cafe-drome.com/
営業時間 9:30~17:00(L.O.)年中無休


  




2016年05月09日

226-4 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour a tous!


5月15日に開催する「春のとみおかフランス祭㋐群馬」に
出店するお店を、毎日 ご紹介しています。






ワインバーのバー・ア・ヴァン「ル・ヴァン」が出店します。





ル・ヴァンは、毎年秋に群馬県庁で開催する「ぐんまフランス祭」でも
第2回から出展するワインバーです。
オーナーの店主・篠田氏は自らがソムリエで
色々な産地のワインを良心的な価格で飲ませてくれる
前橋ではワインバーの先駆的な存在です。





料理の方はフランスの辻超調出身のシェフが
フランス仕込みの料理を提供するお店です。





今回ル・ヴァンはフランスの国民食の一つである
ポム・フリッツ(フレンチフライドポテト)を
市販の冷凍ではなく、ちゃんと仕込んだじゃがいもをその場で揚げて
揚げたてを召し上がっていただけます。

そしてそれとあわせて、やっぱりワインのお供
生ハムやパテなどシャルキュットリーの盛り合わせを提供するそうです。





勿論ワインバーなので、色々な産地のフランスワインのグラス売りや
飲めない方や車でいらっしゃる方にも
美味しいノンアルコールワインやフランス産のノンアルコールビールなども
用意して、提供してくれるそうです。




いや~・・・夕方からこの会場で飲み会!
なんていうのもみなさんいいんじゃないですか~!!(笑)





その他、フランスのミネラルたっぷりの美味しい塩、ゲランドの塩も
販売する予定です。





Le・Vin (ル・ヴァン)
TEL 027-223-3311
群馬県前橋市南町4-32-17 テラサワビル1F
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.0:30)
        金・土・祝前日18:00~翌2:00
     日曜18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 月曜



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


そして、次はシャトア
こちらも「ぐんまフランス祭」の常連店

女性オーナーパン職人の五十嵐さんが
まるでフランス家庭でつくる自家製パンのような素朴なパンを
息子さんと一緒につくる
前橋でも人気のパン屋さんです。





普段はどちらかという一般的な日本のパン屋さんのような
惣菜パンを中心に販売するパン屋さんですが





フランス祭の時には、以前パリにパン作りの短期研修に行った時に伝授された
バゲットを、その時フランスから一緒に持ってきたという
フランスのパン屋さんの自然酵母を使って焼き上げる
素朴なバゲットを販売します。





その他、そのバゲットを使った
手軽なサンドイッチなども提供する予定だそうです。








SYATOA(シャトア)
〒371-0022群馬県前橋市千代田町2-7-14
TEL:027-257-0014
URL:http://syatoa.com/tenpo.php
営業時間:8:00~19:00(月曜・第一・第三日曜定休)



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は伊東屋珈琲
こちらも「ぐんまフランス祭」に第2回から出展する常連人気店

桐生にある人気の珈琲ショップで
1号店は日本の古民家調のカフェ、





2号店は桐生のネクタイ工場だったところをカフェ兼焙煎工場としていて





2階スペースで絵画や工芸、写真などはいろいろな展覧会の場として
レンタルしています。





とてもとてもセンスのあるカフェで、とても人気があります。







珈琲豆も現地で直接買い付け、自社でローストしたり
ローストする前の豆を実は東京の有名珈琲ショップに卸売りなどもする
女性オーナーの珈琲ショップです。
勿論、各店舗ではコーヒー豆も量り売りもしていて
色々な国の色々な珈琲豆を購入することが出来ますよ。





マルシェでは、カフェエクスプレスの小型マシンを持ち込んで
本かく的なフレンチカフェエクスプレス(フランス式のエスプレッソ)や
カフェ・クレーム、カフェ・グラッセなど
色々な飲み物を提供してくれます。





伊東屋珈琲のコーヒ―、本当に美味しいですよ!!

伊東屋珈琲本店
376-0011群馬県桐生市相生町2-588-75
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30) 
定休日:月曜日(祝祭日にかかわらず)
TEL.0277-53-5053
URL. http://www.itoyacoffee.com/

Itoyacoffee factory(伊東屋珈琲2号店)
〒376-0035 群馬県桐生市仲町3-15-20
営業時間 : 10:00〜19:00
木曜定休日(祝祭日は営業)
TEL & FAX : 0277-46-7878


伊東屋珈琲 Beans shop 宮前店
〒376-0046 群馬県桐生市宮前町1-6-60
営業時間:10:00~18:00
日曜定休
TEL:0277-46-9418



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


そして、仲沢酒店





今回のとみおかフランス祭から出展する
群馬県高崎市にある有名な酒屋さんです。





今回のフランス祭の関連企画でワイン列車にも
メルシャン提供のワインを持ち込んでくれる酒屋さんです。





自ら「群馬ワインアカデミー」を立ち上げ
群馬県内のワイン文化を盛り上げてくれている酒屋さんです。
オーナーの仲澤さんは (社)日本ソムリエ協会認定 シニアワインアドバイザー
SSI 認定 きき酒師
協会の活動にほぼ参加してくれている関 敏惠は
(社)日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザー です。





群馬日仏協会主催のフロマージュセミナーの際にも
そのフロマージュに合うワインを選定して定常してくれる
酒屋さんです。

今回は、様々なフランス産のワインやシャンパーニュ他
様々なお酒




チョコレートとトリュフやサブレなども一緒に販売するそうです。


仲沢酒店
370-0861 群馬県高崎市八千代町1-12-4
TEL:027-323-1621
FAX:027-326-2141 
URL: http://www.nakasake.com/

  




2016年05月08日

226-3 春のとみおかフランス祭㋐群馬 (富岡市)

Bonjour~~~

ここのところ、とっても天気がいいですね~・・・・。
こんな感じで来週まで続くといいですね~!!


ちょうど一週間後の5月15日[日]には、
世界文化遺産&国宝に登録された「富岡製糸場」がある
群馬県富岡市の上州富岡駅前の市営駐車場がある広場で
今年初めて「春のとみおかフランス祭㋐群馬」を開催することになりました。





毎年 年末の11月第3金曜日から群馬県庁で開催する「ぐんまフランス祭」の
富岡バージョンですが、
今回富岡では、屋外開催。
そして群馬県庁では提供出来ない、アルコールと
焼きたて、揚げたてなど火を使用した調理ができるので
出来たてを提供することが出来ます。





そんなわけで、今回 駅に隣接した広場をオープンカフェに仕立てて
仮想南仏広場に設置した屋外カフェの雰囲気を味わっていただけたらと思います。






でそのセルフオープンカフェで味わってもらいたい飲食を提供する
今回の出店業者をご紹介したいと思います。


先ずは
カフェ・スアーヴ

こちらはオーナーの女性シェフが作る
本格的な、最近ではおなじみになった「ガレット ブルトンヌ」が提供されます。
随分以前からこのお店ではガレットを提供する、絶品料理のカフェストラン。





でも、最近はどこでもみ~んな ガレット・ブロトンヌのポピュラーな食べ方
そば粉のカレットに、ハムかベーコン、目玉焼き、チーズが入っているものばかりで
本当はガレットも色々なトっピングありな食べ物なので
それ以外の美味しいガレットの食べ方を提供するそうです。





デザートクレープには
クレープ・ジュゼット という フランス料理の巨匠・アランデュカスが
モナコの三ツ星レストラン「ルイ・キャーンズ」で提供して有名になった
絶品デザートをちょっとアレンジして出してくれるそうです。
これもお手軽に食べて頂けそうです。





その他には、フランス本場のテリーヌ型で焼き上げる
本格的なパテ・ドゥ・カンパーニュなど
他にも色々と用意をしているようですよ!





実際のお店、カフェレストランもとっても素敵で
今の季節は屋外のテラス席が気持ちいい。




勿論店内もなかなか面白い日本離れしたインテリアで
夜はあえて薄暗い空間が大人気。
お店にも是非足を運んでください!


カフェ スアーブ café suave
〒 372-0034群馬県伊勢崎市茂呂町2-2890-1→google map
tel. 0270-40-5226 E-mail. info@cafesuave.com
URL. http://www.cafesuave.com/
OPEN 11:00 CLOSE 23:00
last order:food 21:30 drink 22:00
lunch:11:00~15:00
[ランチタイム全席禁煙(テラス席喫煙可)]
定休日:月・火曜
テラス席のみペットご入店可
駐車場:あり



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次は、クロフト・ベーカリー





オーナーブランジュリーシェフの久保田氏が作るパンは
本当に美味い!
群馬県外からのファンもたくさん訪れる本格的なヨーロッパタイプのパン屋さんです。
少量、多品種、限定生産なので慣れないと買いに行くタイミングが
ちょっと難しいのですが、
みんなそれでもせっせと通い続けるパン屋さん。





パンの場合、一概に ”美味しい” も色々で 
人によって好みも違うので 表現が難しいところですが、
いわゆる日本にある菓子パン中心の和風のパン屋ではなく
自然酵母とパンの種類、季節によって、小麦粉や配合など
様々なものを変化させ、食材の旨さで勝負する
本質的なパン屋さんです。





今回は、一般的に食事パンといわれる
パン・ドゥ・カンパーニュやバゲット、
クルミなどが入った最近よく云われる食事パン系や





カヌレなどのお菓子を販売するそうです。







CROFT BAKERY(クロフトベーカリー)
〒371-0017 群馬県日吉町2-5-1 みずき館1F
TEL 027-257-9052
URL croft-bakery.blogspot.com
営業時間:10:00-18:00
定休日:日曜・第2月曜



□    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □    □ 


次はたちばな源氏庵

普段は、富岡市の郊外で観光バスも受け入れる上州名物おっきりこみや
シルクうどんで有名なテレビでも紹介されるお蕎麦屋さん。





オーナー店主の土屋さんがとても凝り性な人で
今回はいつもお店で揚げている日本の天ぷらを
南仏のテンプラ、「ベニエ」にして提供してくれるそうです。





ベニエは、ふわったとした衣をまとったフランス南部の伝統料理で
このマルシェでは、日本の季節の野菜でベニエを作ってくれるそうです。
揚げたてのベニエをフランスのハーブ塩やトリュフ塩で味わう
酒にぴったりのおつまみです。





そんなわけで、そのベニエと共に
南仏のお酒、パスティスやフランスビールも用意しているそうです。

お酒がすすむ~!!





で、お酒のお供のベニエだけではなく
デザートベニエも。

林檎で作るカルバドオスというリキュールの香りをまとった本格的な
林檎のベニエも提供してくれるそうなので、
デザートやコーヒーと一緒に頂くのもいいかもしれないですね~!





たちばな源氏庵
〒370-2341 富岡市下黒岩595
TEL: 0274-63-3338
営業時間:11:00~14:30(L.O.)
17:00~21:30(L.O.)
[日・祝]
17:00~21:00(L.O.)
定休日:火曜日
URL:http://www.tachibanagenjian.com/




  




2016年03月25日

224-3 ラトリエ ブロカント(前橋市)

Bonjour a tous


最近、前橋にオープンした「ラトリエ ブロカント」を
ご紹介しています。





オーナーのトニーさんは、フランスはノルマンディー出身
髭を蓄えていて、なかなかのイケメン。

ヴァンソンが言うのもなんだけど
フランス人って意外とイケメン少ないと思うんだよな~・・・
例えばイタリア人とかと比べると・・・。





で、最近 アンティークショップの中で
トニーさんがいれるカフェも300円で提供してくれるようになって
少し時間を掛けて、このアトリエ ブロカントの雰囲気を味わいながら
ゆっくり商品を選ぶには、カフェを飲みながらじっくり・・・
という方がいいかもしれないですね~。







最近は天気がよくなると、ちょっと暖かい時は
お店の前に椅子が並べてあって
外でちょっと日向ぼっこしながら、雰囲気を味わうのも
なかなかいいかもしれません。







ホント、ここだけ日本じゃない!!(笑)







だんだんフレンチな軽食も食べられるようにしたい
って言っていたので、それはそれでまた多くの人達にとって
楽しみが増えそうですね。





でも、もしこんなフレンチアンティークな
例えばフレンチレストランだったり
パティスリーとかブランジェリー(パン屋)とかあったら
それだけで行ってみたくなるかも・・・。



L’atelier Brocante「ラトリエブロカント」
〒371-0013 前橋市西片貝町4‐19‐2
09024124633 Tony
09014054633 Reiko
HP:http://www.latelierbrocante.com/
FB: L'atelier Brocante




  




2016年03月23日

224-2 ラトリエ ブロカント(前橋市)

Bonjour~~


先月2月に前橋にオープンした本格的なフレンチアンティークショップ
ラトリエ ブロカントのご紹介をしています。







ラトリエ ブロカントの商品価格帯は
だいたいですが、メルスリが100円~、
食器1,000円~、
家具は20,000円~・・・というのを目安にしてもらえればと思います。








とにかく本当に沢山商品があるし、あまりたくさんあるので
目移りしてしまうかもしれません。


フランスの蚤の市やアンティークショップに行かれたことがある方は
すぐ分かると思いますが、
僕、ヴァンソンもけっこう好きでフランスに行くとアンティークショップや
蚤の市を見て回ったりするんだけど
おそらく、フランスでもたぶん、ここ「ラトリエ ブロカント」とほぼ同じくらいの在庫や
商品レベルだと思うな~・・・
だとしたら、けっこういい感じでしょ!





だから、前橋にいながらにして フランスの蚤の市やお店に行くのと
同じ思いができるのですから、
かなりのお得感があると思います。





なかにはアンテイークショップで確かにアンティークなんだけど
あまり趣味がよくなかったり、雑然としていたり

それかとんでもなく高すぎて手が出なかったりする
アンティークショップがあるけど
そんなことはなくて、とってもいい感じ。





トニーさんも実に流ちょうな日本語で、まったく問題なく
色々話が出来ると思いますよ!
勿論、奥さんのれい子さんも。





L’atelier Brocante「ラトリエブロカント」
〒371-0013 前橋市西片貝町4‐19‐2
09024124633 Tony
09014054633 Reiko
HP:http://www.latelierbrocante.com/
FB: L'atelier Brocante

営業は不定期なのでお問い合わせ下さい。
3月24日木曜日は休業です。


  




2016年03月21日

224-1 ラトリエ ブロカント(前橋市)

Bonjour~


なんか春らしい日が続くようになりましたね~・・・。
やっぱり春は新しい出来事や出逢いがありそうな予感で
ちょっとウキウキ、ワクワクしますね~・・!

群馬日仏協会にも新しい仲間の出会いがあって
とても嬉しいので、このブログでご紹介しようと思います。





今度、群馬日仏協会に入会してくれた仲間
L'Atelier Brocante-アトリエ ブロカントの
フランコジャポネのご夫婦
オーナーのTony Durand(トニー デュラン)さんと
奥さんの石井れい子さん夫妻


⇑画像は高崎前橋経済新聞Website記事から転用


以前は、2007年に栃木県益子町でお店をやっていたそうですが
東日本大震災後が起こった時、直後にフランスに戻ったのですが
その後再び来日、フランスとの関係も昔から古い群馬、
前橋でアンテイークショップをオープンするために
準備を始めた のだそうです。

そして念願かなって、今年の2月にオープンしました。






L’atelier Brocante「ラトリエブロカント」
〒371-0013 前橋市西片貝町4‐19‐2
09024124633 Tony
09014054633 Reiko
HP:http://www.latelierbrocante.com/
FB: L'atelier Brocante
営業時間は11時~16時(土日祝は17時)






まだトニーさんが自分でコツコツとお店を改修しながら
造っているところなので、まだまだこれから・・・だそうです。






それにしても、以前は倉庫だったところを改装しているわけだけど
そこだけは本当に日本じゃない・・・って感じ。

フレンチアンティークの独特の美しさと品の良さが
けっこう古いものでありながら、実にいい雰囲気を醸し出しています。





トニーさんれい子さんのセンスの良さが至る所に出ています。

で、だいたい1850~1930年頃のフランスのメルスリ(=ボタン、レース、布などの小物約300種類)や
食器(約100点)、家具・建具(約100点)、
古着(約50点)、アクセサリー(約40点)くらい在庫があって







毎年、定期的に実際にトニーさんがフランスに行って
買い付けに行って、コンテナでフランスから一気に送ってくるそうですよ!





ちなみに現在「パリのメルスリーと小さな宝物展」開催中です!  




2015年11月15日

214-2 ショコラ・ノア (桐生市)





                         Solidalité


Bonjour


桐生市にある、フレンチレストラン「ショコラ・ノア」をご紹介しています。








国の登録有形文化財に指定されたという、
趣のある空間で、
次は、メインを頂きました。








先ず僕がいただいたのは
鳥の胸肉のお料理。
ソースはトマト味でしょうか・・・。
あまりフレンチという感じではありませんが、
この空間と共に、フランコジャポネなお料理?って感じでしょうか。

そして、一緒に行った副部会長は
お魚料理を食べて頂くようにお願いして・・・
お魚料理は、石鯛・・・。








只、調理法は肉のそれと付け合わせも含めて同じなのかな~・・・。
ソースは、ちょっとウスターソースが入っているような
ちょっと不思議なソースでした。

まあ、このランチ価格で飲み物もついて
アミューズ、前菜サラダ、スープ、メイン、デザート付ですから
まあ苦心しているのでしょうね~・・・(苦笑)

そんなこともあってでしょうか?
フランス祭に販売するという
牛頬肉のブレゼを試食させてもらいました。





本格的なフランス料理・・・。
濃厚で、お肉トロトロです!
僕個人的には、もう少し浅い煮込の方が好きですが
まあ、好き好きですよね~・・・。


そして、次はデザート
先ずは+200円のモンブラン
お皿も見事なプレゼンテーション。
アイスクリームとメレンゲが真ん中に入った
ちょっと凝ったデザートでした。





もう一つは、何と巨大な細長いデザートプレート
色々な甘い物が乗っていて
これだけでも、お腹一杯になりそうです。








デザート好きな人にとってはプラス500円でこんなに沢山
デザートが頂けるのであれば、大喜びでしょうね~・・・。

で、最後にコーヒーを頂いて終了。





本格的なフレンチレストラン というよりは
地元に愛される、フランコジャポネなお料理のレストラン
と言う方がいいのかもしれませんが、
でも、この日も客様が一杯で
とても地元で愛されているレストランなのが分かります。

それもまたいいのかもしれませんね。





ショコラ・ノア
群馬県桐生市巴町1-1117-1
0277-44-5553
11:30~14:00(L.O)
18:00~20:30(L.O)
ランチ営業、日曜営業
http://www006.upp.so-net.ne.jp/chocolatnoix/




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報

2015年11月14日

214-1 ショコラ・ノア (桐生市)

Bonjour a tous!!


最近あまり天気がよくないですね~・・・・。
来週は「ぐんまフランス祭」を開催する週だし、
天気が良くなるといいな~・・・。





で、その「第5回ぐんまフランス祭2015」に今回初参加する
桐生市にあるフレンチレストラン「ショコラ・ノア」をご紹介します。


ショコラ・ノア
群馬県桐生市巴町1-1117-1
0277-44-5553
11:30~14:00(L.O)
18:00~20:30(L.O)
ランチ営業、日曜営業
http://www006.upp.so-net.ne.jp/chocolatnoix/






このレストラン、結構有名らしいですね。
何と言っても、レストランの建物(旧堀邸)が
国の登録有形文化財に指定されたんだそうで、
なるほど、なかなか風情のある建物・・・・。
和の建物ですが、そこでフレンチを頂く・・・という
けっこうおしゃれな感じです。





まずはこの空間に参っちゃうでしょうね~・・・。

で今回はランチでお邪魔したのでランチメニューを。
群馬日仏協会の飲食部会副部会長と一緒に・・・。





デザートと飲み物付きの1650円のものを願いし、
デザートだけ、スペシャルデザートにして+200円と
+500円にしました。
メインは、お肉料理とお魚料理で。

先ず出てきたのは、ブッシュ ドウ アミューズ
バゲットのトーストにニンニクのきいたトマトが・・・。





そして先ず、サラダ





いつも思うのですが、日本のフレンチレストランに行くと
何故かサラダに入っているそれぞれの材料が乗せてあって、
混ぜてない・・・・
ドレッシングも掛けてあるだけで、混ぜてない・・・。
どうしてなんだろう???と。
フランスでは少なくともサラダニーソワーズとかのごはんサラダは別にして
前菜で出てくるサラダは必ず混ぜてあるのにな~~・・。
こんな些細なことだけどやっぱり気になるのです。




パンは自家製・・・・ということでしたが、
こちらは特にフランスのパンではないようです。

次はスープ。
こちらはアサリのクラウムチャウダー・・・。





フランス料理ではないですが、美味しかったです。

で、このコースには入っていないのですが、
今度のフランス祭に出店の際に、提供する予定だという
ズワイガニのテリーヌ を試食。







テリーヌというよりは、ズワイガニのムース といった方がいいほど
とてもクリーミー
回りにソースとしてあった黄色いソースは卵の黄身ソース?
とても美しいお皿の盛り付けですね~。


次回はメインをご紹介します。



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報

2015年11月12日

213 すいらん (前橋市)

Bonjour~~

またまた、第5回ぐんまフランス祭に出展する店のご紹介です。





と言っても今回はこのブログを書いているヴァンソンのお店
・・・というか会社。



僕ヴァンソンは、若い頃フランスの芸術大学へアートの勉強に長期間行っていて
大学院修了後も母校に残って、少しだけお仕事をさせて頂いた
というのもあったりして、
今でもフランスの大学との接点があったりするのですが

留学時代からのフランス人の親友が大出世して、
数年前、在日フランス大使館の公使で赴任してきた際に
彼からの要請もあって、
それまで群馬にはなかった大使館に登録される協会の設立を・・・ということで
群馬日仏協会を設立することになったわけです。
以前にも「ぐんま日仏協会」というひらがな名の協会はあったのだけど
プライベートなサークル的協会で、大使館登録されていなかったらしいんです。

まあそんなこともあって、設立の切っ掛けとなった協会の事務局も
僕の会社、すいらんにあるわけです。







ただ僕の会社としては、とくにフランスに直接関係のある仕事ではなくて
フランスで学び、そして今度は僕がフランスの芸大でも指導していた
フランス式の絵画指導法でカルチャースクールをしていたり
芸大美大受験予備校の中にフランス美大受験コースがあったり
画廊の部門で、フランス人作家を本格的に取り扱っているわけではないし
学校教材部門でフランスの教材を扱って学校に供給しているわけでもないし・・・。





だから、これまではフランス祭では、
フランスの友人に頼んで輸入したフランス人作家の水彩画やポスター
フランスの画材や紙だったり
似顔絵描きをパフォーマンスで企画したり・・・・





でも、なんか企画している者として
もっとフランスのマルシェ、特に僕が長く住んでいた南仏のマルシェ
みたいな感じが出来ないかと思って・・・・(苦笑)







で、以前から南仏のマルシェの中の特徴の一つで
日本で殆ど見たことがないもの・・・・って思って
南仏で大人気の、カラフルな籠バックを
ぐんまフランス祭で来場者に提供出来ないかと思って
今回、フランスの籠バックをフランスから大量に輸入しました。

フランス祭の期間だけ、すいらんは「籠バック屋さん」になりま~す(笑)







ネットでも、お店でも殆ど見たいことがない。

日本ではもっとナチュラル系や地味な感じの
特にフランスからの輸入じゃなくてもいいかもしれないような
籠バックが多いので、
せっかくだから、つまらない日常の買いもの時や、
普段とちょっと違うルンルン気分のお出かけの時に持てるような
ちょっとカラフルな籠バック。
まさに南仏らしい籠を~!!って感じで。





沢山の色とデザイン、大きさも大、中、小 とあるので。
普段使いに出来るような落ち着いた色の籠バックも
輸入しましたが、せっかくだからちょっと派手めなものを
是非持っていただけたらな~と思います。





籠の内側には布が貼ってあったり
上を巾着みたいにひもを縛って閉じられるようにもたっているので
中身が外にこぼれるようなことがないような造りになっています。

一般的な籠バックって倒れると、中身が出てしまうらしく
そこが難点らしいですよね??!(女性曰く・・・)

是非、ぐんまフランス祭の会場にいらして下さい。

価格も現地フランスで販売されている価格のちょい増しくらいの
お値段で販売できると思います!


通常、すいらんでは販売しませんので
このぐんまフランス祭の期間のみの限定特別商品ですので
くれぐれもご了解下さい!(笑)







株式会社すいらん
(画廊翠巒・すいらん画材、教材・
すいらんアートスクール・すいらんアートゼミナール他)
〒371-0801 群馬県前橋市文京町1-47-1
TEL 027-223-6311㈹ FAX 027-221-5909
E-mail info@suiran.com
URL http://www.suiran.com/


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)県内お店情報

2015年11月08日

211 ル・ヴァン (前橋市)

Bonjour~~!


紅葉の葉も、そろそろ風に吹かれて散り始め
朝晩、すっかり寒さを感じる季節になりましたね~・・・!
冬が近いですね!

で、11月といえば、「ぐんまフランス祭」の季節
今年も、11月20日[金]~22日[日]の3日間
群馬県県庁の1Fホールとその前の広場で開催します。

で、今回ご紹介するお店は、今回で3回目の出店になる
ワインバー(bar a Vin)のル・ヴァンさんをご紹介します。





先日、私 ヴァンソンの絵画スクールと美大芸大受験予備校の
合同展覧会を開催したのですが、
その後の打ち上げで、ル・ヴァンを貸切にさせて頂き
開催したので、その時の様子などと一緒に。





ル・ヴァンはもう結構、知っている人は知っている
かなり有名なお店ではあると思いますが
前橋市の南町にある、あまり大きくはないお店です。





今回、27人でお店を貸し切らせてもらったので
だいたいマックスそのくらいでいっぱいになるので
通常、ばらばらと4人掛けの席に二人とかで座ると多分17,8人で
いっぱいになっちゃうんじゃないかな~・・・。

まあできれば事前に電話を掛けて席が空いているか
予約していった方がいいお店です。
けっこう人気店なので!(笑)

最近、ル・ヴァン ドゥージエムという2号店が出来たみたいですが
こちらの1号店のコンセプトとは違うみたいです。
まだ行っていないので、詳細は分かりませんが・・・。


で、今回のお料理
まずいつものように、ハムのムースがフランスパンと共に
お通し(アミューズ ドゥ ブッシュ)で。







そして前菜として
テリーヌに生ハム、コルニション、オリーブ、人参サラダ
テリーヌ、なかなか美味しかったです!





サーモンフュメ入りのサラダとクロワサンサンド





グランタン ダンディーブ(アンディーヴのグラタン)
アンディーヴっていう小さい白菜みたいな、よくサラダや
一口前菜の器代わりに使われたりする
ちょっと苦味のある野菜なんですが
そのアンディーヴをハムで巻いて、ベシャメルソースと一緒に
オーブンで焼く、典型的なフランスの家庭料理。
これが出てきて、感激でした。
ヴァンソンの大好きなフランス料理の一つです。







で、次は鳥肉小片のグリルと皮つきポテトのフリットゥ
これも香草をまぶしてあって、まさにフランス的仕上げ方





そしてやはり鶏肉とパプリカの白ワイン煮込?





最後にデザートは焼きプリン





飲み物はワインバーなので勿論ワインを飲むのですが
ワイン以外でもビールや焼酎、カクテル
甘くないノンアルコールワイン・・・なんていうのもありましたよ。
僕はこの日はお酒を飲めなかったので
ノンアルコールワインで頂いたけど、
悪くなかったですよ!少なくても葡萄ジュースではないので
なんかワイングラスでちょっとワインを飲んだ気になって???





ん~~~でもやっぱりワインの方がいいけど・・・。


参加者みんな大満足!
とてもいい打ち上げになりました!





Le・Vin (ル・ヴァン)
TEL 027-223-3311
群馬県前橋市南町4-32-17 テラサワビル1F
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.0:30)
        金・土・祝前日18:00~翌2:00
        日曜18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日    月曜



で、今回「ぐんまフランス祭」には毎年のように
クロックムッシューとスープ ドニオン、ゲランドの塩 で出店するそうですので
是非いらしてください!








  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報

2015年10月22日

210-3 Aile エイル (高崎市)

Bonjour


11月20日~22日までの三日間
群馬県庁舎で開催される「第5回ぐんまフランス祭2015」に出展する
県内のお店の一つ
高崎のエイルをご紹介しています。





シルクフラワーアレンジメント
コスメ系
とご紹介してきましたが、
そこかしこに並ぶブロカント(古物品)や雑貨にも
けっこういい感じのものが多々ありますよ~・・・。





ちょっと室内をお洒落な、ワンランク上の空間に出来そうな
そんなアイテムがけっこうあるかも・・・・。





フランスの朝市とかにいくと
マルシェによっては、骨董市があって
そこにはすっごく古いものからまあ、この2,30年くらいの
でも懐かし~・・・みたいな商品があったりするんですが
ちょっとそんな感じで覗ていみても
いいかもしれませんね~・・・。





センスを磨きに行く・・・って感じでもいいかもしれません。








あとはいろいろな布製品や





使うのがもったいないかもしれないような
素敵な紙ナプキンとか









エイルのイメージになっているポットとか・・・。





とにかく、興味のある方は是非訪ねてみて下さい。
オーナーの豊田さんと仲良くなると
美味しいフランスの紅茶とお菓子を出してくれるかもしれませんよ。





Aile エイル(高崎)
370-0861群馬県高崎市八千代町2-2-15
Portable: 080-6817-0692
Aile エイル軽井沢
389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢-707 Mon Chouchou内
e-mail: aile_takasaki@yahoo.co.jp
Website: http://aile.digi2.jp




  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)県内お店情報

2015年10月20日

210-2 Aile エイル (高崎市)

Bonjour


毎日、いい天気が続きますね~・・・。
こんないい日がずっと続いたら最高ですが・・・。





高崎のAile エイル(翼)というお店をご紹介しています。





ヴァンソンも含め、男はなかなか足を踏み入れずらいかもしれませんが
若い人ならカップルとかで行って、
気にいったものがあれば、男性にプレゼントしてもらう
なんていうのも、ありかもしれませんね。





前回はシルクフラワーアレンジメントをご紹介しましたが、
今回はコスメ系・・・・。







よく見ると「DURANCE」という南仏プロヴァンスの会社と
「PANIER Des SENS」という、やっぱり南仏プロヴァンスのコスメ系の
メーカーの商品が結構あります。







きっと知る人ぞ知る って感じのブランドなのかもしれませんが・・・。







フレグランスウオーター系のものとか
オードトワレとかボデイーローション
マルセイユ石鹸なんかもありましたね~・・・・。





ヴァンソンも南仏、エクサンプロヴァンスに住んでいた頃は
普通にマルセイユ石鹸を使っていましたが
とにかく肌にやさしいし、よく落ちる。
体だけじゃなくて、服なんかもマルセイユ石鹸で手洗いしていましたが
日本だと贅沢になっちゃいますね~・・・。







その他その関連商品もいろいろあって
ヴァンソンには何が何だか分からないけど
女性にとっては、けっこう宝さがしみたいなんでしょうね~!






Aile エイル(高崎)
370-0861群馬県高崎市八千代町2-2-15
Portable: 080-6817-0692
Aile エイル(軽井沢)
389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢-707 Mon Chouchou内
e-mail: aile_takasaki@yahoo.co.jp
Website: http://aile.digi2.jp



つづく  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)県内お店情報

2015年10月18日

210-1 Aile エイル (高崎市)

Bonjour


めっきり秋めいてきましたね~・・・。
近くの公園の木々も、目の前の花水木の葉もすっかり赤くなりました。
朝夕なんか寒いくらいですね。

パリも今年は随分寒いみたいで、
昼間の気温が8℃とか・・・。
けっこう今時のわりには寒いですね~・・。


さて、今回は恒例となった11月に開催する
「第5回ぐんまフランス祭2015」にも出店する予定のお店を
ご紹介します。







その店は

Aile エイル(高崎)
370-0861群馬県高崎市八千代町2-2-15
Portable: 080-6817-0692
Aile エイル軽井沢
389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢-707 Mon Chouchou内
e-mail: aile_takasaki@yahoo.co.jp
Website: http://aile.digi2.jp






オーナーは豊田さんというフランスパリにも数年の間
仕事で居住されていた経験がある女性です。





高崎でも観音山へ行く途中、丁度高崎高校の東側あたり
少し脇に入った閑静な住宅街の中のマンションの一階に
突如としてあらわれるお店は、ちょっと雰囲気があります。








赤い格子の大きなガラス窓がある入り口
その横には、椅子とテーブル、パラソルもあって
伺った日はとてもいい天気だったので、
屋外で美味しい紅茶も頂いて、まるでフランスにいるようでした。








フランスから連れてきたというチワワのココちゃんとモモちゃんが
まずは出迎えてくれます。





エイルは主に、シルクフラワーアレンジメント(ブッケも)
コスメやマルセイユ石鹸、雑貨、ブロカント(骨董)





最初の印象は、飾られているシルクフラワーが本当にどれも綺麗。
シルクフラワーもフランスではとてもポピュラーで
ニ―スなんか、その専門店がいくつもあるくらいです。

でもここのシルクフラワーはみんな結構自然な感じで
作りものの不自然さがあまりないような気がします・・・。





シルクフラワーアレンジメントのカルチャー教室も開催しているようなので
そちらの方が興味のある方は、直接問い合わせてみて下さい。


つづく
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)県内お店情報

2015年05月23日

196-2 ル・ヴァン (前橋市)

Bonjour~~~~!!


ル・ヴァンで開催した「ワイン・セミナー」のご紹介の続きです。





前回は白ワインでしたが、今回は赤ワイン4種類です。





先ず最初は、ボジョレー・ヴィラージュ
日本でもおなじみで、フランスでもとてもポピュラーで
日常的によく頂く赤ワインです。
ぶどうはガメイ100%
フランボワーズのようなフレッシュな味わいが特徴です。


そして、ブルゴーニュのパストウーグラン
パストウーグランは葡萄品種 ピノ・ノワール1/3以上
ガメイ2/3をブレンドすることが義務ずけられているワインです。
ピノ・ノワールの分量が多いほど高級???になっていく・・・。
赤い果実のする軽やかなワイン


次はボルドー・メドックのシャトー・ポンテ・バライユの
カベルネ。ソヴィニヨン、メルロー他ブレンドされた
スパイシー系のカシスなどの黒系ベリーの香りがする
メドック特有の優雅さがあるワインです。

最後は、コート・ドウ・ローヌのルージュ(赤)
グルナッシュとシラー他のブドウ品種で
ガーネット色の外観とスパイスとサクランボの香りが印象的な
バランスのとれたの飲みやすいワインです。








こちらの赤ワインも、ほどほどのお値段で手に入れられるので家の飲みもできそうな
いい感じのセレクトでした。

まあでもやっぱりフランスの赤ワインを飲むときは
フランス料理ですよね。
何と飲むかでワインの味が本当に変わりますからね~・・・!!


お料理も、鶏肉のコンフィーや牛ステーキとポテトのフリッツ
じゃがいものドーフィノアなどいろいろ美味しかったです。








最後はデザートで焼きフラン(プリン)も出て満足の
ワインセミナーだったと思います。








このブログを見て、まだ ル・ヴァンに行ったことのない方は
是非一度行って観て下さい。
前橋にフランスがありますよ!
小さなお店ですので、行かれる前には予約をした方がいいかもしれません。





Le・Vin (ル・ヴァン)
TEL 027-223-3311
群馬県前橋市南町4-32-17 テラサワビル1F
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.0:30)
        金・土・祝前日18:00~翌2:00
        日曜18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日    月曜


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報

2015年05月21日

196-1 ル・ヴァン (前橋市)

Bonjour~~~



去る、5月12日[水]に群馬日仏協会主催の「ワインを楽しむ会」を
開催しました。





これまでも、ワインに関しては様々な手法で開催してきました。
メルシャンからソムリエの方を招いて開催したワインセミナーや
やはり昨年、今年の会場でもある「ル・ヴァン」で開催したセミナーなど
いろいろありましたが、結局 ワインを楽しもう!ということになり
今年は純粋に「ワインを楽しむ会」として開催したわけです。

場所は前橋市南町になる、Bar a vin(ワイン バー)として前橋では
先駆け的な存在である「ル・ヴァン」で開催しました。






Le・Vin (ル・ヴァン)
TEL 027-223-3311
群馬県前橋市南町4-32-17 テラサワビル1F
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.0:30)
        金・土・祝前日18:00~翌2:00
        日曜18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日    月曜



第2回から「ぐんまフランス祭」にも出店している
群馬日仏協会の会員店でもあります。

今回も定員ほぼいっぱいの店内やや満席状態の参加者がありました。





前回は来れなくて、美味しいワインが飲みたいと
富岡市職員で、最近 所さんの番組他TVにひっぱりだこの
ダミアン・ロブション君も参加して楽しいワイン会になりました。

それにしても本当にダミアンは、ビジュアルを観なければ
日本人そのもの。
彼がにフランス人であることを忘れてしまうほどです。

で、今回は先ずシャンパーニュで乾杯をして
白ワイン4種類、赤ワイン4種類





白は、ブルゴーニュの名門、ルイ・ラトウールが南仏で作る
シャルドネ100%の「アルデッシュ・シャルドネ」
すっきりとした口当たりの洗練された味わいです。

ロワール地方のシャトー・デュ・ジョネイ の
ミュスカデ・セーヴェル・エ・メーヌ シュール・リー
マスカットのような清涼感のある上品な味わいです。

そして、ボルドーのアントル・ドウー・メール シャンテ・プラネ
アオーヴィニヨンとブラン種が主体のフルーティーで
軽やかな辛口ワイン

4つ目は、アルザス地方の珍しいワイン
レブマン・ゲヴュルツトラミネール
ゲヴュルツトラミネール種というぶどうを使った白ワインで
ライチや薔薇のような香りのする中甘口のワインです・

先ずは、この4種類を順番に頂きました。
どれもお手頃な価格で手に入るフランスを代表するワインで
日常的に楽しめるワインを紹介頂きました。





食事もパテや鴨の燻製、ハマグリの香草バター焼きなど色々頂きましたが
どれもとても美味しかったです!








次回は赤ワインなどをご紹介します。

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)カフェ・レストラン県内お店情報