フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2014年06月15日

163-4 横須賀訪問ツアー(横須賀市) 

Bonjour~~


さあ、いよいよ米軍基地内へ・・・。

米軍基地内は日本ではないので参加者は
パスポートか住基カードを持参で・・・。

勿論基地内への入場の許可申請をする際にも参加者全員の
名前や連絡先、パスポートか住基カードの番号なども、すべて事前提出をしています。

で、入場・・・。
入場口の写真撮影は許されなかったので
ここではご覧いただくことは出来ませんが、
けっこう、厳重な警備です。





そして基地内の広報部の方が入口でバスに一緒に乗って
まず指令塔の建物のところへ・・・。








けっこう思ったより質素でした。
入口には、横須賀製鉄所(造船所)が建設されることとななったきっかけを作った
小栗上野介とフランス人のベルニーの写真
そして、歴代の司令官の「写真。







再びバスで基地内を移動。

この横須賀製鉄所が建設された頃のままが未だに現存する造船所のドッグへ







明治4年に、真鶴の小松石を切り出して
人力でこれだけ巨大なドッグをわずかな期間で造ってしまったというのですから
本当に驚きです。





そして残念ながら、日本初の煉瓦造りによる横須賀製鉄場の建物は
もうすでに土台の煉瓦部分以外は残っていなくて
とても残念。


今はない、かつての横須賀製鉄所


でも土台の部分はちゃんとフランス積みになっていて
そういった意味では、貴重な資料がまだ残っています。





米軍の軍艦も何隻か停泊していて、なかなか壮観でした。








後、基地を出て対岸にあった横須賀ベルニー公園へ







ここには、小栗上野介とベルニーの銅像が建っていて、
ベルニー館という建物の中には、製鉄所で作られたもの
その敵視や写真が飾らてれいました。








帰りはまたまた約4時間の道のり
でも何かとても充実した一日でした。

帰りには米軍基地内の売店で、よこすか海軍カレーも
お土産で沢山買ってきました。
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)スタージュ(セミナー)日仏事情

2014年06月13日

163-3 横須賀訪問ツアー(横須賀市) 

Bonjour~~~


梅雨とは言え、本当によく雨が降ります。
それもまるで夏の夕立のような雨・・・。

今年の夏は冷夏だとテレビでは言っていましたが、農作物が心配ですね~・・・。

さて、横須賀ツアーの続きです。





昼食を横須賀美術館内のレストラン、アクアマーレでとったのち、
時間も少々押し気味なので、ちょっともったいなかったのですが
足早に美術館のまずは企画展「アールヌ―ヴオーとアールデコ」展





そのあとは美術館の収蔵品を見ましたが
結構りっぱなコレクション

近代絵画から現代美術まで、けっこう立派なコレクションです。




美術科内は基本的に撮影禁止なので
詳細をご紹介できないのが残念です。





海外の美術館は最近はフラッシュさえたかなければ
基本撮影OKになっているのですが、日本はまだまだ世界レベルにはならないですね~。








そしてこの横須賀美術館は建物自体も本当に美しい
山本理研氏が設計した丁度正方形のガラスの箱のよう・・・。





室内にも様々な空間的、造形的仕掛けもあって

建物を見ているだけでもけこう楽しめます。


後にエレベーターで屋上へ・・・。




見晴らし最高!





もう少し天気が良くて青空だったら本当に日本じゃないみたいです!





その後はまたバスに乗って、米軍基地内へ・・・

いよいよ、今回のツアーの本命
横須賀製鉄所(造船所)跡地の見学です。


つづく

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)スタージュ(セミナー)日仏事情

2014年06月11日

163-2 横須賀訪問ツアー(横須賀市) 

Bonjour~


横須賀美術館内のレストラン、アクアマーレの続きです。


メインの前に頂くプリミ・ピアッティ(Primi Piatti)

5種類の中から選べるとのことで

先ずは一番人気だった、シラスと小松菜のパスタ





次はさやいんげんと何か??のクリームパスタ
自分が頼んだものではなかったので忘れてしまいました~!!





そして、トマトのポモドーロパスタ





次は季節の野菜と白身魚のリゾット





最後は僕が頼んだラザニアでした。





みんなそれぞれけっこうシンプルな味付けのようで
不特定多数の日本人の味覚に合うように味付けされているのか
皆さんお美味し~と満足していました。


僕的にはもう少し香辛料などを利かせた個性的な味付けが好きなのですが・・・。


でもさすがでしたよ!


そして、メインのセコンディ・ピアッティ(Secondi Piatti)





こちらは、お肉料理は当初、鴨のコンフィーだと聞いていたのですが
いつの間にか豚肉のロチスリー仕立て・・・??
あれ~って感じでしたが・・・
でも美味しかったです。
トマトベースの野菜の煮込み(ラタトウイユとは違いますが・・・)が
ソース代わりになって・・・。





そしてお魚料理は鯛のソテーとあさりのトマトソース仕立て

味見はしていませんが、多分美味しいだろうと思いました。


お肉料理から比べるとちょっとボリュームがなかったので
この料理を選択した人たちからは、ちょっと物足らないコールも出ていましたが
味はよかったみたいです。


そしてドルチェ(Dolce) デザート





チョコレートのガナッシュと蒸しプリンのフルーツ添えフランボワーズソースかな??

こちらは実に普通でした。
美味しいけど、なんかイタリアン??って感じでした。


最後は皆さんいろいろな飲み物を頼んでしましたが
僕はエスプレッソで締め





イタリアンエスプレッソらしく濃厚でありながら珈琲豆の甘さも感じる
美味しいエスプレッソでした。


そしてこの後は美術館へ移動・・・食事の時間が1時間半近くかかってしまったので
速攻で美術館へ移動しました。


つづき





アクアマーレACQUA MARE
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1 横須賀美術館内
TEL046-845-1260
定休日 毎月第一月曜日(祝日の場合は営業)
ランチタイム  11:00~16:00(LO15:00)  
ディナータイム 17:00~21:30(LO20:00)
カフェタイム  10:00~11:00 / 16:00~17:00



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)スタージュ(セミナー)日仏事情

2014年06月09日

163-1 横須賀訪問ツアー(横須賀市) 

Bonjour a tous!


相変わらずの梅雨空ですが、木々の緑や
わが社の殺風景な場所に、少しでも華やかにと思って飾っていた
赤い花々が雨に濡れて一層鮮やかに映え、美しいです。

やっぱり雨も悪くないな~・・・と。


先日、やはり群馬日仏協会の6月の例会として
毎年恒例のバスツアーを開催したのですが、
今年は、横須賀を訪問。

最近、テレビでも新聞でもあらゆるところで話題になっている富岡製糸場
世界遺産登録が間近に迫っているわけですが、
その富岡製糸場建設の前にフランス人技師たちによってつくられたのは
実は横須賀製鉄所後の横須賀造船所なんです。
日本に初めて大がかりな製鉄技術(鉄製品を作る技術)を伝え、
それによって大型の船の修理や造船技術がフランスから伝承された
そんな施設が富岡製糸場の前に造られていて
現在では、横須賀米軍基地内にその造船所跡の一部が残っているのですが
その見学。
群馬日仏協会としては、富岡製糸場が出来るまでの歴史の検証のために
このバスツアーを企画したわけです。


そして、せっかく横須賀に行くなら、横須賀美術館へ
世界的な建築家 山本理研氏によって設計され 
一時は横須賀市民から反対運動までおこされながらも実現した
目の前に素晴らしい海の景色が広がる絶景の美術館





そしてせっかくなので、その美術館内で営業するイタリアンレストラン
アクアマーレ。





アクアマーレ ACQUA MARE
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1 横須賀美術館内
TEL046-845-1260
定休日 毎月第一月曜日(祝日の場合は営業)
ランチタイム  11:00~16:00(LO15:00)  
ディナータイム 17:00~21:30(LO20:00)
カフェタイム  10:00~11:00 / 16:00~17:00



東京広尾にあるミシュランでもおなじみの有名店
アクアパッツアがプロデユースするレストランがあるので
そこでまずはランチをしてから・・・。
いつもはこのブログでは基本的にフレンチしか取り上げないのですが
今回は協会ツアーの一環として食事をさせて頂いたので
イタリアンですが、悪しからず・・・。

前橋駅を午前7時に出発して11時15分に美術館へ。
高崎駅から乗る会員の参加者拾いながら休憩しながら行くと
横須賀は遠いですね~・・・。

で、素晴らしいガラス張りの美術館のレストランに入ってランチを早速。





一般的には1400円からのパスタやピッツアのランチメニューのようですが
せっかくなので今回はツアー参加者全員32名 3500円のコースメニューをお願いしました。


先ずは、前菜から





ガラスのスクエアなお皿にいろいろな前菜が盛りあわせてあって
とても美しい。
この辺は、さすがアクアパッツアプロデュースのレストランだな~・・と。


薄切りハムのサラダ仕立てとイタリアンなオムレツ(何ていう名前化忘れてしまったけど・・・)





なすのグリル バルサミコソース






白身魚のフチットと野菜のビネグレット&パツミジャーノ





カリフラワーだったかな~・・のクリームムース仕立て





とてもすがすがしい、海を見ながら頂くには最高の前菜でした。





次もお楽しみに!



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)スタージュ(セミナー)日仏事情

2014年06月07日

162 カジュアルワインセミナー (ル・ヴァン)

Bonjour~~


しばらくぶりのブログになってしまいすいません。
もろもろ諸事情で・・・・。

それにしても、気がついたら知らないうちに梅雨に入ってしまいましたね~!!
梅雨に入った途端に、連日の大雨。
いや~、、、またまた農作物や天災などの被害が出なければいいのですが・・・。


で、もう10日ほど前になってしまいましたが、
群馬日仏協会の例会として開催した「カジュアルワインセミナー」について
ちょっと様子をご案内しようと思います。





群馬日仏協会では様々なセミナーを開催しているんですが
フランスと言えばやっぱりワイン(ヴァン) というわけで
前回は協会のメンバーの関係で、ソムリエの方にお越しいただいて
様々なワインの産地や種類、特徴なども学びながら
ちょっとフォーマルに講習会を開催しましたが

気楽に、あまり肩肘張らないでワインを楽しむ
そんな会もやって欲しい という要望にお応えするかたちで
その名も「カジュアルワインセミナー」を開催したわけです。





開催場所は、協会のメンバーでもある「bar a vin LE VIN(バー ア ヴァン ル・ヴァン」
を貸し切って開催しました。

Le・Vin (ル・ヴァン)
TEL 027-223-3311
群馬県前橋市南町4-32-17 テラサワビル1F
営業時間  18:00~翌1:00(L.O.0:30)
        金・土・祝前日18:00~翌2:00
     日曜18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日 月曜






オーナーの篠田氏がソムリエで始めたこのお店なので
今回もスーパーや一般の酒店ではあまり見かけない 
ちょっと特徴のある珍しいワインを赤、白5種類づつ
(内容を控えるの忘れてしまいました・・・)
それに勿論アペリテイフの共に、まずはシャンパーニュで乾杯。




お料理も若いシェフですが有名店で修業経験もある料理人が
ワインのお供として様々なお料理を用意してくれました。








このセミナーのタイトル通り、お店には会員の方でいっぱいになり
普段、会員でありながらなかなか顔を合わせることもなかったメンバーとの交流も含め
楽しいワインセミナーになったのでは と思います。





急きょ、今ちまたで話題の富岡製糸場がある富岡市の岩井市長も協会の一会員として
お忙しい中 前橋まで駆けつけて下さり、一層 盛り上がりを見せた
カジュアルワインセミナーでした。





今回、都合で参加できなかったメンバーの方
そして、こんな会なら会員になってもいいという方は
会員になって、是非 カジュアルワインせミナーに次回は参加してください。





会場になったル・ヴァンもとてもサンパ(気さく)なカジュアルで雰囲気のあるお店です。
”でもカジュアルなだけではなくて、本格的にワインのことも勉強しながら
味わいたい。”
という方にはうってつけのお店ですので、
まだ行ったことのない方が是非行かれてみてはいかがですか?


  




Posted by フランスさん at 14:30Comments(0)スタージュ(セミナー)