フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  




Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2017年02月14日

234-2 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス

Bonjour a tous!


北フランスにあるLENS(ランス)という街に
4年前にオープンした、ルーブル美術館分館をご紹介しています。







ランスの駅から結局バスに乗らずに、折角だから
ランスの街を知るにも、歩いて美術館まで行ってみようと思い
Google Mapsを片手に・・・。





丁度日曜日ということもあって、とにかくお店は閉まっているし
人は歩いていないし・・・
でも北フランス独特のモワーっとしたローカル感がいっぱい。





僕と同じように駅から歩く人も ちらほらといて
みんなマイペースで寄り道しながら歩く感じ。
そこからはフランス語は聞こえて来ないので
多分同じ外国から来た観光客かな~・・・。

それにしても、どこに行っても必ずいる中国人もいないっし
結局日本人にも一人も会わなかったけど・・・。
まあ日本人はテロがあったりしているから
日本人全体があまりフランスに旅行に来ていない・・・
っていうのもあるのかもしれないけど
でも、やっぱりわざわざはまだみんな来ないんだろうね~!(笑)





ふつ~の道を歩きながら途中からたぶん本来は歩いてほしい
美術館まで続く、自然公園の中の道に合流して美術館まで・・・。





突然目の前に現れたルーブル分館は
ちょっと幻想的な蜃気楼のような不思議な建物・・・。

小雨混じりだったこともあってちょっと靄っていたので
余計そう見えたのだとう思いますが・・・。

でも美し~い!





少しづつ近づきながら入場。
はっきりと受付カウンターがどこだかわからない
とってもニュートラルな対応で、
はっきりとした社会システムで生活している日本人には
言葉が分からないと少々判断が難しいかな~。








入場するとそこはまたこれまでの美術館のイメージとは
かなり違う情景。






少しづつ傾斜する床に促されながら進んでいくと
手前から奥に向かっていく毎に、年代が新しくなっていく
そんな展示。








それにしても凄い解放感。
建物の左右の壁もアルミの鏡面仕上げなので
あいまいに写り込み更に解放感が増していて
不思議な浮遊感が伴ってきて・・・面白い。





それに、パリのルーブルに展示されていたら
多分ちゃんと観ないだろう作品が、実に魅力的に観えて
”作品って会場次第なんだ~”思いつつ
「スパーで売っている寿司も一流の皿に乗っていたら
スパ―の寿司には観えない」理論が~・・・(笑)

ゆっくりといつまでも傾斜する床の引力に引っ張られつつ
順序良く観ていってしまう演出もかなりの優れものです。





いや~・・・わざわざ観に来てよかったです。


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2017年02月12日

234-1 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス

Bonjour~!


なんか最近ブログを更新する度に ”久しぶりに・・・・”
と書いている気がしますが・・・。

今回は、まだあまり日本人が行ってない
ルーブル美術館分館、通称:ルーブル・ランスといわれる
美術館をご紹介したいと思います。





設計は、金沢21世紀美術館などの設計で有名な
日本人建築家・妹島和世と西沢立衛両氏による
ユニット建築事務所SANAA(サナ)と
イムレー・カルバート(Imrey-Culbert)社の共同企画設計です。





パリのルーヴル美術館には
とんでもないほど沢山の作品が収蔵されているのですが
あまりの多さに、かなり沢山の作品が未公開のまま眠っていて
一般公開もされていなかったのですが
その中でも公開されていない数多くの作品
ギリシャ美術、オリエント美術、彫刻などを中心に
このルーブル・ランスに展示されるようになったんです。





で、この場所は1960年以降、放置されていた
かつての鉱山地帯を有効利用していて、
ルーブル美術館の分館を建設することで地域振興に役立てようと
ランス市が資金を投入して進めてきた開発事業の一環として
2012年12月4日にオープン。
丁度オープンして丸4年が経ったんだけど、
日本ではあまりこの存在を知られていないのと
ちょっと分かりずらい場所・・・というのがその理由の一つかな~・・・と。





先ず、フランスのランスというと日本人は
藤田嗣治の作品が描かれた教会がある Reins を思い浮かべるのですが
この美術館がある場所は Lens 。
カタカナで書くと両方共ランスなので、混同してしまうしね~・・・。
ベルギーとの国境に極めて近い街です。







パリの北駅からTGV(高速鉄道)に乗って約1時間15分で到着。
あっという間にLensです。
でも駅から降りると、駅前も本当にローカルな
あまり賑やかでない町で、ちょっと心配になるくらい・・・(笑)







駅から降りて左の方に回り込んだくらいの所に
ルーブル・ランス行のバス亭があってそこからバスで15分くらいで
美術館まではいけるのですが・・・・。






次回はその道のりを・・・(笑)
  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2016年07月16日

ダナ駐日大使がニースの事件を受けてメッセージを発表

Bonjour a tous


またまた、フランスでそれも南仏ニースで
痛ましいテロが発生してしまいました。
まだその真相は完全に解明されてはいませんが、
少なくとも何の罪のない、革命記念日を祝い
笑顔で幸せを分かち合っていたその場所で、尊い命を失った
沢山の方々とそのご家族に、心から哀悼の意を表します。

また再びこのような惨劇が起こらないことを願いつつ・・・。



一般社団法人群馬日仏協会






そして以下のお通り

ティエリー・ダナ駐日フランス大使は7月15日、
ニースで発生した事件を受けてメッセージが発表されました。


 国民が一体となって自由を祝うフランス革命記念日の当日に、
再び残虐行為がフランスを襲い、
数十人の死者と重体者を含む多数の負傷者を出しました。

 在日フランス人コミュニティーは、犠牲者のご家族と近親の方々に対し、
深い悲しみと同情の意を表します。
このコミュニティーの多くの人や日本の多くの友人が、
この美しいニースと親密なつながりがあることを私は知っています。
歓喜と祭典を象徴するこの都市が今日、喪と悲嘆の舞台となっています。

 フランス共和国大統領とフランスの全当局が、
被害者を救済すると同時に、
とりわけニース周辺をはじめとするフランス全土で
安全対策を一層強化するよう全力を注いでいます。

 フランス大使館および関係機関は、
安全確保に必要なすべての措置を講じるため、
日本当局と常に連絡を取り合っています。
我々は日本当局のご協力に感謝の意を表します。



Le jour même de notre fête nationale, célébration de la liberté
et grand moment de communion, la barbarie a de nouveau frappé la France
et fait des dizaines de morts et de nombreux blessés,
dont certains sont en urgence absolue.

La communauté française du Japon exprime son immense tristesse
et sa compassion à l’égard des familles des victimes et de leurs proches.
Je sais que de nombreux membres de cette communauté,
ainsi que de nombreux amis japonais,
ont des relations étroites avec cette belle ville de Nice
qui est l’image de la joie et de la fête et qui aujourd’hui est lieu de deuil et de détresse.

Le Président de la République et l’ensemble des autorités françaises
sont mobilisés pour organiser le secours aux victimes
et pour renforcer encore le dispositif de sécurité sur l’ensemble de territoire
et sur la région de Nice en particulier.

L’Ambassade et nos différentes représentations
sont en liaison permanente avec les autorités japonaises que
nous remercions de leur coopération,
afin de prendre toutes les mesures propres à assurer la sécurité.

Je vous invite à consulter régulièrement le site Internet
et les réseaux sociaux de l’ambassade afin de rester informé


  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2016年01月01日

Bonne année 2016








新年明けましておめでとうございます
そしてこの一年が世界にとって平和な年でありますように

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます




Nous vous souhaitons de très bonnes fêtes ainsi que la paix du monde

et une excellente année 2016




L'Association Franco-Japonaise de Gunma





  




Posted by フランスさん at 00:00Comments(0)その他の情報

2015年09月27日

原れい子20周年記念コンサート

Bonjour~



今回はお知らせです。

以下の日程で以下のようなコンサートが開催されるそうです。
ご興味のある方は是非どうぞ。





「原れい子20周年記念コンサート 愛は限りなく」

日時■2015年11月1日[日] 14:30開場 15:00開演
場所■高崎市文化会館 027-325-0681
出演■原れい子、江口純子(ピアノ)、前田善彦(チェロ)、佐藤哲也(ベース)、中沢剛(パーカッション)
曲目■私の神様、リベル タンゴ、マイウェイ、愛の賛歌、街に歌が流れていた、ある恋の物語、鶴
料金■3500円
主催■原れい子リラの会 原れい子20周年記念コンサート実行委員会
予約■リラの会事務局(高橋) TEL090-9012-8010


このコンサートについてのお問い合わせ等は
直接、記念コンサート実行委員会へお問い合わせ下さいね。



※一般社団法人群馬日仏協会では、お問い合わせ、ご予約を受けることなど
  まったく対応できないので、よろしくお願いします。

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報

2015年02月24日

187-1 第3回フロマージュセミナー(前橋市)

Bonjour~~~a tous!


本当に久しぶりに、ブログをアップします。
長いことこのブログをご覧頂き楽しみにして頂いている方には
本当に申し訳ありません。

様々な諸事情で、なかなかブログの更新が出来ずにいました。

パリでのテロがあったり、イスラム国での出来事や、
日仏関係の情報不足や私ヴァンソンの超多忙な個人的な都合も含め
ブログのアップが出来なかったんです。

今後少しずつまたブログの更新をしていきますので
よろしくお願いしま~す・・・。







さて、先日群馬日仏協会の2月例会にて「第3回フロマージュセミナー」を
開催しました。

既に、2回開催して 大変高評を頂いているセミナーです。





第1回から、高崎のフロマージュリーで、群馬日仏協会の
法人会員でもあるモンテ・ドラーゴの山本さん夫妻に講師を務めて頂き
開催してるんです。





前回から、前橋にあり群馬日産自動車所有の建物の2階の
ハンドレッドクラブさんの会場を使用させて頂き
とても使い勝手が良く、それも無償で提供頂いているので
参加費もとてもお手頃で開催することが出来ているんです。





で、今回のフロマージュは
1)ブルサン、2)トレフル、3)アイリッシュ・ポーター、4)ペコリーノ・ロマーノ、
5)エーデルピルツ・ケーゼ、6)ラクレット
そして、生ハムコルニション(フランス製のピクルス)








ワインは白はリスリング、赤は2012年のブルゴーニュと2009年のメドック
フランス製のノンアルコールのシードルとイタリアの天然ミネラル炭酸水のサンペレグリノ
フランスのミネラル天然水のエヴィアンを用意しました。





そして、バゲットはやはり群馬日仏協会の会員であるクロフトベカリーの久保田氏による
湿度管理された特製バゲットをフランス産小麦を使用して焼いて頂きました。





次回は、頂いたフロマージュについて、ご紹介したいと思います。

お楽しみに!!



  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)その他の情報