フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

「ぐんまフランス祭2020」

2014年09月23日

177-2 日比谷パレス (千代田区)

Bonjour ~~



東京千代田区の日比谷公園内にある
日比谷パレスのモダンプロヴァンス料理をご紹介します。


177-2 日比谷パレス (千代田区)


まず出されたのは、
プリオパレスオリジナルのフランスシャンパーニュ地方で造られる
まさにシャンパーニュ。


177-2 日比谷パレス (千代田区)


炭酸入りの白ワインやシャンパーニュ地方ではない場所で造られた
スパークリングワインはシャンパーニュ(シャンパン)とか呼ばない
という原則があるのはこのブログをご覧になる方は
勿論知っていると思いますが

これはまさにシャンパーニュ。
スッキリとほんのりフルーティーで口に広がる
本物の味でまず口と脳をスタンバイです。


そしてお通し・・・・

177-2 日比谷パレス (千代田区)


根セロリのヴルーテ きゅうりのジュ(汁)を添えて


177-2 日比谷パレス (千代田区)


比較的癖のない、根セロリ・・・・ヴルーテ(velouté)とはとてもなめらかな
ポタージュよりもっとどろっとしたものを言うのですが
このヴルーテに横に添えてあるちょっと青臭いきゅうりの汁を
加え乍ら頂くと、なんと爽やかな風が流れるような 
シンプルでいて広がりのあるなかなか面白い一品でした。


177-2 日比谷パレス (千代田区)


次は、ラタトゥイユ アルマンスタイル


177-2 日比谷パレス (千代田区)


一般的にラタトゥイユは南仏プロヴァンスやニース風が一般的で
トマトやエルブドウプロヴァンスを加えたお料理ですが
ラ・シャサニエットのアルマンシェフ流・・・ということで
あえてトマトは使わず、ヴァルサミコを入れて煮込んだ
ということでした。


177-2 日比谷パレス (千代田区)


以前、ヴァンソンが南仏にいたころ
ヴァルサミコではなくて、赤ワインを加えて煮詰める方法は
南仏のお婆ちゃんに教えてもらったことがありましたが
ちょっとそれと同じような効果・・・?

トマトの味に他の野菜の旨さが消されないように
トマトを少なめにしながら作る  という
お婆ちゃんの考え方にちょっと似ているかな~・・・。

で、アルマンスタイルはそれに半熟卵をのせて
頂くというもので
これはなかなか美味しい一皿でした。



177-2 日比谷パレス (千代田区)




日比谷パレス(HIBIYA PALACE)
東京都千代田区日比谷公園1-6日比谷パレス
TEL 03-5511-4122
URL http://www.hibiyapalace.co.jp/
霞ケ関(東京都)駅[B2]から徒歩約3分



次回はも一つの前菜とメインとデザートです。


177-2 日比谷パレス (千代田区)


177-2 日比谷パレス (千代田区)


177-2 日比谷パレス (千代田区)



同じカテゴリー(カフェ・レストラン)の記事画像
275-2 シードルを楽しむ会(コアンバール・新前橋)
275-1 シードルを楽しむ会(コアンバール・新前橋)
273-3 レストラン オリヴィエ
273-2  レストラン オリヴィエ
273-1  レストラン オリヴィエ
266-3 オーバカナル銀座
同じカテゴリー(カフェ・レストラン)の記事
 275-2 シードルを楽しむ会(コアンバール・新前橋) (2019-09-01 06:00)
 275-1 シードルを楽しむ会(コアンバール・新前橋) (2019-08-30 06:00)
 273-3 レストラン オリヴィエ (2019-06-15 06:00)
 273-2 レストラン オリヴィエ (2019-06-13 06:00)
 273-1 レストラン オリヴィエ (2019-06-11 06:00)
 266-3 オーバカナル銀座 (2018-12-17 06:00)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
177-2 日比谷パレス (千代田区)
    コメント(0)