フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2018年06月25日

258-2 アートとフランス料理を楽しむ初夏のバスツアー2018(箱根)

Bonjour a tous !

5月に開催した、「アートとフランス料理を楽しむ初夏のバスツアー2018」の続きです。





さて、まずはポーラ美術館内の企画展「エミール・ガレ―自然の蒐集」から・・・
ポーラ美術館のガレコレクションもかなりなものだと思いますが
その他の美術館からもかなり集めたんだろうな~・・・ってくらい
沢山の作品が集められていました。







昔、フランスに留学していた際に
友人がナンシーに住んでいたので、ガレの故郷ということもあって
ガレの作品を多く収蔵する美術館があって
そこでもけっこう作品を観たけど、
もしかしたらガレの作品だけに関しては今回の方が作品が多いのかも・・・・







それだけ多くガレの作品を観たのは初めてでした~!





ガレの作品を観た後は、連続でポーラ美術館のコレクション展を二つ
こちらはほとんど撮影不可  な作品ばかりだったので
その雰囲気だけ・・・・。








でもやっぱりいいコレクション
ポーラ化粧品ってけっこう儲かっているんだな~・・・
なんていう、下世話な感想も頭をよぎったりして(笑)





そしてレストラン「アレイ」でランチ。







今回は人数40人ということで
通常はこの人数で特別料理のランチはやらないらしいのですが
今回は無理にお願いしてちょっと奮発して特別ランチを注文。





失礼な言い方かもしれないけど
思っていたよりかなりちゃんとした、けっこういい感じでしたよ。
流石ポーラって感じ!

その後は、おなかもいっぱいになったし
少し時間の余裕もあったので、
ポーラ美術館のまわりの森の小道を散策。





次回はその様子から。




同じカテゴリー(群馬日仏協会行事)の記事画像
222-1 テーブルコーディネートセミナー(前橋)
同じカテゴリー(群馬日仏協会行事)の記事
 222-1 テーブルコーディネートセミナー(前橋) (2016-03-12 06:00)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
258-2 アートとフランス料理を楽しむ初夏のバスツアー2018(箱根)
    コメント(0)