フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2017年09月30日

244 鹿島茂コレクション フランスの絵本の世界展 レセプション

Bonjour


過日23日[土]から、群馬県立館林美術館にて
企画展「鹿島茂コレクション フランスの絵本展」が開催されていますが、
展覧会に先立ち、22日[金]午後3時からオープニングレセプション
内覧会が開催されました。





この展覧会は、日本を代表するフランス文学者・鹿島茂氏の
西洋の稀覯書コレクションより、長年秘蔵されてきた
フランスの絵本を初公開する展覧会なんです。





児童書の名作が誕生した19世紀後半から、繊細でモダンで
活き活きとした絵が主役となる20世紀前半までを中心に、
愛らしく美しいフランス絵本の豊富なコレクションの全貌が本展で明かされ
とっても素晴らしい展覧会になっているのですが








3年半前に同じように館林美術館で開催された
鹿島茂コレクション展の際に、群馬日仏協会が
オープニングレセプションと記念コンサートをスポンサーしたご縁で
今回も、オープニングレセプションの飲食設営の費用を
スポンサーさせて頂いたことで








設営を担当してもらった当協会の法人会員
プリオコーポレーションによるケータリングで
会場がとても華やかで、格式のあるレセプションになりました。

いつものがら本当に美味しかった~!!


そして、今回の展覧会・・・本当に凄いです。








オープニングセレモニーで、このコレクションの所有者の
鹿島茂先生が、自分でも自分のフランスの絵本コレクションの全貌が
初めて分かって、これほどまでに凄いコレクションであることが
今回の展覧会で初めて分かった!
世界一のフランスの絵本コレクションです! と言っていましたが
本当にそうかもしれません。





まあ、このコレクションをまとめて、展示レベルまで持ってきた
館林美術館と東京都庭園美術館の学芸員の方々の努力と
素晴らしい力量に敬服するところです。








群馬県立館林美術館・・・ちょっとへんぴなところにありますが
だからこそ素晴らしいロケーションとその空間を
是非楽しんで頂ければと思います。












是非是非、ご来館ください。





「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界」
2017年9月23日[土・祝]—12月24日[日]
群馬県立館林美術館
群馬県館林市日向町2003
TEL:0276-72-8188㈹ URL: http://www.gmat.pref.gunma.jp/





同じカテゴリー(その他の情報)の記事画像
234-4 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス
234-3 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス
日仏会館新年パーティー2017
Bonne Année 2017
年末年始の事務局のお休みについて
Joyeux Noël
同じカテゴリー(その他の情報)の記事
 234-4 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス (2017-02-18 06:00)
 234-3 ルーブル美術館分館(LENS) 北フランス (2017-02-16 06:00)
 日仏会館新年パーティー2017 (2017-02-04 06:00)
 Bonne Année 2017 (2017-01-01 00:00)
 年末年始の事務局のお休みについて (2016-12-28 06:00)
 Joyeux Noël (2016-12-24 06:00)



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
244 鹿島茂コレクション フランスの絵本の世界展 レセプション
    コメント(0)