フランスを知りたい!!群馬とフランスの架け橋 【群馬日仏協会】 会員募集中!!

2013年02月03日

97-1 レンジェンダリーホーム群馬(高崎市)

Bonjour~~


この間新年になったかと思ったら、あっと言う間に2月
年々、時間が経つが早い~ とは思うものの
こんなに早く時間が経ってしまうと・・・。


皆さんはどうですか・・・?


さて、今回皆さんにご紹介するのは
協会の会員・今期から広報部会長で、
フランスをこよなく愛する山口さんが経営する住宅会社
レジェンダリーホーム群馬・プラウドコーポレーションの
ご紹介です。





とにかく山口さんは凝り性で勉強家のような気がします?!?!
(ヴァンソンの印象・・・)

そんな山口さんが力説する?
”住めば住むほど、時間が経てば経つほど味わいを増し、
魅力が磨かれていく家を造りたい”という情熱の片りんを垣間見ることが出来る
会社の事務所兼モデルルームを訪ねてみました。


会社のホームページにももっと熱っぽくそのことが書かれているので
読んでみて下さい。(僕も本当にそう思います!)


レジェンダリーホーム群馬(㈱プラウドコーポレーション)
群馬県高崎市箕郷町上芝12-4
受付:10:00-18:00 火曜定休
TEL 027-386-6515  FAX 027-386-6630
URL http://www.legendary-gunma.com/
E-mail info@legendary-gunma.com





まずは、道路に面した事務所兼モデルルーム?
えっ?ここは日本?!と思ってしまうような
周辺とはちょっと異なる空気が漂っています・・・。

入口にはある意味、フランスを象徴するシトロエンのクラシックカー
2CV(ドウーシュヴォー)が・・・。



駐車場スペース側に回ってみると
まるで南仏コートダジュールのどこかの村に建っている
昔ながらの家のような趣きが・・・。

入口のドアや窓の木戸の水色がなかなか利いていて
壁の色と質感との組み合わせもなかなかいい雰囲気です。





入口の扉横の壁に植物を飾ったり、
ランプ風の照明なんかもこだわっている感じですね~。








木戸のペンキの塗り方なんかも、日本だとどうしても
”綺麗に均等にムラなく”って感じで塗装されてしまうけど
適度にカスレや色ムラや色の白濁とかが、いい雰囲気にするんですね~。
それがけっこう上手く実現されているので
なかなかいい感じです。





ガレージ横の入口周りの演出もなかなか凝っていて
山口さんのセンスを感じます。





2CVが結構利いていますね~。



まあでも、2CVじゃなくてもこのガレージスペースに車を停めたら
どんな車もかっこよく見えるかもしれませんね。



次回はインテリアをご紹介します。

  




Posted by フランスさん at 06:00Comments(0)県内お店情報